通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

夢判断 上 (新潮文庫 フ 7-1) 文庫 – 1969/11/12

5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1969/11/12
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 2

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夢判断 上 (新潮文庫 フ 7-1)
  • +
  • 夢判断 下 (新潮文庫 フ 7-2)
  • +
  • 精神分析入門 (上巻) (新潮文庫)
総額: ¥2,344
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

精神医学者としてヒステリーの治療に携わり、精神分析の方法を確立、精神の深層の無意識界に光をあて、人間心理の源をさぐったフロイトの学説は、ひろく人文科学の諸領域、特に二十世紀文学に多大な影響を及ぼした。本書は、日常生活において無意識に抑圧されている欲求と“夢"との関係を分析、実例を詳査してその解釈により、人間心理を解きあかそうとする名著である。

内容(「BOOK」データベースより)

精神医学者としてヒステリーの治療に携わり、精神分析の方法を確立、精神の深層の無意識界に光をあて、人間心理の源をさぐったフロイトの学説は、ひろく人文科学の諸領域、特に二十世紀文学に多大な影響を及ぼした。本書は、日常生活において無意識に抑圧されている欲求と“夢”との関係を分析、実例を詳査してその解釈により、人間心理を解きあかそうとする名著である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 530ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1969/11/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102038035
  • ISBN-13: 978-4102038031
  • 発売日: 1969/11/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,784位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ジグムント・フロイトが1900年に著した本です。
彼は、自由連想法や夢の分析により、患者の抑圧された無意識の欲求が、夢や錯誤行為となって表れてくることを経験的に導き出しました。
原題は「Traum-deutung」で「夢の読み方」だそうです。
夢の中に出てくるもののイメージそのものよりも、出てきたもののことばの「音の響き」の連想で解釈を進めていっています。
けれど、遠まわしな表現が多くてちょっと分り難かったかな。
おそらく読み手に極力誤解を与えないような言語表現を選んでいった結果だと思うのですが。
逆に分り難くなってるよ、、、。
訳者の高橋先生の苦労の跡が見て取れます。
自分の理論を読み手が分っている事を前提に話が展開していくので、本の内容をよく消化出来ていないと、何回も前に戻って確認したりしてしまいます。
なので、わたしは時間がかかってしまいました。
ん?わたしがアホなだけでしょうか( ̄△ ̄;)

上のような理由で「分かり難さ」はあるので、一番最初に読むよりも、同じフロイトさんの「夢と夢解釈」を読んでみてから読まれることをお薦めしたいと思います。
でも、読み応えがあって面白い本でした。
次は''「下」の方を読んでみます。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原題・邦題共にハウツーもののような題名だが、夢に関するそれ以前の学問的文献を検討する長大な序章から始まる本書はれっきとした学術書である。
後半の章の込み入った内容を考えると、これが新潮文庫になってるのは不思議なくらい。フロイトの夢理論の概略が知りたい方は「精神分析入門」の第二部を読まれた方がいい。

一般人を対象とした「入門」が明快な叙述なのに比して、こちらは複雑な思索の過程がそのまま現れたようなフロイトならでは難渋な叙述にぶち当たることが多い。構成も章分け自体は妥当で明快だが、章内の展開は同じ議論を何度も繰り返したり著者のねちっこい性格がもろに出ている。夢分析の執拗さに関しては言うまでもない。
某専門家が「これはフロイトの最も重要な著作だから何度も何度も繰り返して読まなければならない」と言ってたように本書は一度読んだだけで細部までスッキリわかるというような本ではない。

また翻訳の定本となったのは1900年に書かれたものではなく、第八版なので、理論を補強するためにその後の資料が相当の分量追加されている。これはこの本が当時の論敵を意識した論争的書物な書物だったためだが、これも通読を困難にする一因といえる。

高橋氏は尊敬する文学者で特にゲーテの翻訳には随分お世話になってきましたが、この本の場合、非常に格
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
高1のとき、若々しくて、美しい教育実習生が保健の授業を行った。そのとき教わった内容は、フロイト派の発達心理学であった。彼女は、少し戸惑いながらも、真剣に言葉を黒板に書き込んでいった。「本気ですか?」と思いたくなるような言葉ばかりだった。
同様に、「夢判断」も、高1の無知な学生には、信じがたいような内容だった。一応、論理は理解でき、その夢のシンボルの解釈を考え出すことなど、簡単に出来るようになった。しかし、内容が理解できるということと、それを信じることは、全く別の問題だった。ほとんど最後までフロイトの論理を嘘だと思っていた。こんな馬鹿な話は、ありうる訳がないと、思っていたのだ。
しかし、この著作の中心命題が、そのような性的な問題を説明することではなく、無意識の発見であることに、やがて気付かされることになる。無意識の中に抑圧された欲望を自覚し、自分自身のものとして把握すれば、神経症が治療されるという、無意識の意識化こそ、重要なのだということを、この著作は示している。
その知識は、その後、次第に、重要な思考方法となってくるだろう。無意識の発見は、20世紀最大の発見の一つと言われているからである。
翻訳がやや古くて、硬いかもしれないが、一読をお勧めしたい。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「夢判断」はフロイトによる自己分析の書でもあります。もちろん、読者は「夢は願望充足である」というキーワードをめぐる理論的展開について知るのですが、随所に盛り込まれているフロイト自身の少年時代や医学に携わってからの名誉心や嫉妬心についてのエピソードも興味深く、自伝的な要素もあり、フロイト論文の中でもやや特異な位置をしめる著作と思われます。また、所々にちりばめられているいろいろな比喩や文学作品からの引用により、ともすれば無味乾燥になりがちな心理学的理論が活き活きとしたものとなり、自然と理解が深まるように工夫してあり、フロイトの作品が文学的にも評価が高いと言われている理由がよくわかります。これから読もうと思っておられる方には、この書物は単なる夢についての心理学的理論書ではなくて、フロイト自身の臨床経験および人生経験の結晶であるとお伝えしたいと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー