通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫) 文庫 – 2005/4

5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 4

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫)
  • +
  • 女盛りは意地悪盛り (幻冬舎文庫)
  • +
  • カネを積まれても使いたくない日本語 (朝日新書)
総額: ¥2,212
ポイントの合計: 95pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

何とか人生を変えたい、と思い悩む全ての人に送る著者、初のノンフィクション。転職して成功した人、失敗した人。転職せずに後悔した人、安堵した人などを取材。本当に充実した人生の在り方を探る。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

「夢という爆弾」を爆発させて死ぬ人と、爆発させることなく「夢の不発弾」を抱えたまま死ぬ人。人生を終える時、人はそれぞれ何を思うのだろうか。本当に充実した人生とは、いったいどんなものなのか。誰もが抱く永遠のテーマに挑んだ著者初の渾身のノンフィクション。何とか人生を変えたい、と思い悩む全ての人に―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 458ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2005/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344406370
  • ISBN-13: 978-4344406377
  • 発売日: 2005/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 216,433位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
世の中で現状に満足できずに夢を抱えて生きている人々を「飛んだ人」と「飛ばなかった人」に分け、つまり「現状を抜け出して本当に自分がやりたかったことを追求した人」と「夢を抱えながらも、現在の職が保証してくれる生活を捨てきれずに結局そのまま生きた人」に分け、両者において成功した人としなかった人について順に書いている。
面白かった理由はいくつかある。一つは、膨大な数の人に直接会って話を聞いた上で書かれている点。二つ目は―そこから必然的に出てくるものであるが―軽々しく結論づけることなく、各々の人間が持つ個別的で複雑な事情を大切に扱っている点。おそらくこれは、人間にまつわる曖昧な「灰色領域」を描写する際に文学が最も必要とする立場であるように思う。だからこそ、「やらないで後悔するよりも、やって後悔するほうがいい」という人口に膾炙するセリフにも、時に疑問を呈してみせることができるのである。また、インタビューをされている人たち全てが非常に魅力的に描かれているのは、個々の例を己だけの善悪の基準で裁くことを著者が拒絶しているからだろう。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
という、内館さんの願いが全面的に出ています。ポイントは”自分なりに”ということです。人によって「飛ぶ・飛ばない」の基準も意味もそれぞれ違います。それを自分の足を使って、徹底的に取材をし、自分の耳で聞いたこと、相手を見ながら感じたことを分かりやすく書いているので全く飽きません。胡散臭い文章も、信じられないエピソードも一切ありません。内館さんの作品(ノンフィクション)の中でもとりわけ、視野を広げてくれる一冊です。読み終わって1年以上たちますが、今でも毎日思い出す一節があったりします。飛ぶか、飛ぶまいか迷っている方に限らず、ぜひ読んでいただきたいです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 誰しもが持っている「現状からの脱却」への思い。「このままではいけない」と思いつつも、出口があるのか分からない暗いトンネルに入っていくより、現状を維持することを選択する人が圧倒的に多いだろう。この著書では、「現状からの脱却」を「成功」させた人間と「積極的な現状維持」を選んだ人間に対するインタビューと著者本人の経験、また独自のアンケート調査の結果などを交えながら、「夢を叶える」ことについて多くの人々が持っている気持ちー憧れ、失望、もがき、実現のためのエネルギー等ー について本音を語っている。
 多くの人が「現状から飛ぶこと」への憧れを少なからず持っているだろう。それと同時に、飛ばずに「現状を維持する」ことを選ぶ重みも知っておく必要がある。「現状維持」と言っても、この本で書かれているように、自分の道を見極めた結果、「積極的に」現状維持を選んだ人もいるだろう。しかし、このようなスポットライトにあたることなく、自分の道を見極めることすら困難な人たちが選んだ「現状維持」の重みも忘れてはならないだろう。
人によりけりだろうが、この著作は、客観的に本を読める状態でないと、シビアな部分もあるような印象を少なからず受けた。気分的に落ち込んでいるときに読んで、この著書をバネとできるか、ますます落ち込ませる鍵となってしまうかは千差!万別だろうが、感情移入が激しい人には少し時間が経ってから読むことをお勧めします。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
『夢を追うこと』についてこれほどまでに現実的に切り込んだ人はいないでしょう。下手なノンフィクション作家の人生啓発本など読むより身になる。『夢を追って、飛んだ人』、『飛ばなかった人』とそれぞれの決断に後悔をしている人と、してない人と。

「さて、自分はどっち?!」

と、考えさせられる。夢を追いたいけど既に夢以外に捨てられないモノが多すぎて飛べなかったり=それほど真剣な夢ではなかったり。飛びたくて何かのきっかけを待っていたり、ある日突然なんでもないことで吹っ切れて飛んだり。

飛んでも飛ばなくても後悔は残る。

後悔しない人生なんてない。

その上で、自分にとって最悪の展開まで考えた上で、

アナタは飛べますか?

という本です。

先駆者たちの経験が読めます。

本当に、くだらない人生啓発本の比ではないです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本書は冒頭で、対象読者をはっきり示しています。
 それは、「今の仕事は自分に向いていない」、「本当はやりたかった仕事がある」と思い悩んでいる人です。

 今の仕事をやめる(著者は「飛ぶ」と表現しています)か、それとも「飛ばず」に今の仕事を続けるか。揺れる読者に向かって、著者自身の体験や様々なインタビュー相手の実例を示し、少しでも参考にしてもらおう、という趣旨です。

 著者の内館さん自身、かつては腰掛けで会社に勤め、はからずも結婚せずに30代を迎えて焦ってばかりいるOLでした。入社して13年半後、とうとう「飛んだ」内館さんは、「運」に恵まれ、脚本家として成功の道を歩みました。

 著者のほか、幻冬舎社長の見城氏や、内館さんお得意のスポーツ分野(特にボクシング関係者)が登場し、「飛んだ」(もしくは「飛ばなかった」)経験を語ってくれます。

「飛ぶ」ために必要なことは何か。
「飛ばない」と決めても満足している人がいるのではないか。
「飛んだ」ことを悔やんでいる人、「飛ばなかった」ことを悔やんでいる人の話は聞けないだろうか。

 試行錯誤しながら内館さんが感じたことを綴っていくと、原稿枚数489枚、ページ数にして446ページの大著になってしまいました。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー