通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
夢みる頃をすぎても (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

夢みる頃をすぎても (小学館文庫) 文庫 – 1995/6

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 627
¥ 627 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夢みる頃をすぎても (小学館文庫)
  • +
  • 河よりも長くゆるやかに (小学館文庫)
  • +
  • ラヴァーズ・キス (小学館文庫)
総額: ¥1,954
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介



<ご注意>希少本ですので、「在庫あり」でご注文できる場合、装丁等汚れていることがありますことをご了承ください。在庫がかなり少ないため、交換等も難しくなります。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社からのコメント

進学校をドロップ・アウト、転校先の三流校には風変わりな幼馴染みと個性あふれる友との出会いが待っていた。失恋、友情、初体験……。楽園のまん中から外の世界へ歩き出す10代の終りの微妙な季節を描いた黄菜子・恭一シリーズをはじめ、高校野球少年の熱血「最後の夏」など、太陽がまぶしい生成堂々の青春期全8篇。


登録情報

  • 文庫: 347ページ
  • 出版社: 小学館 (1995/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091910084
  • ISBN-13: 978-4091910080
  • 発売日: 1995/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 257,754位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
好きな人と思いが通じて、ハッピーになったはずなのに、
どこかひとすじ流れるさみしい気持ちが、初めて読んだ当時と
どんぴしゃでした。
こんな気持ちは女性は必ずあるでしょう。
こういうところって、男の人にはわかんないんだろうな、とも。
絵は少々時代的にも古っぽいですが、お話がいいのです。
「もうあのころにはもどれない」、あの感じ。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
20年以上前に描かれた作品ですが、たとえば「ハチクロ」が好きな人なら、きっと好きになる漫画だと思います。

本作をひと口で言うと、80年代の若者の、受験〜大学生活にいたる数年間の恋と青春を描いた連作短編集です。

学級委員長タイプのマジメな黄菜子と、落ちこぼれだけど人気者の恭一をはじめ、2人を囲む友人たちのキャラクターがすごくよかったです。実は引越しの時持ってこなくて手元にないんだけど。そして今、それをすんごく後悔しているところなのです。

この作品中、僕が好きなのは、受験ノイローゼで進学校から3流校に転校させられ、周囲に馴染めない猿渡君。受験もそっちのけで遊ぶ同級生たちの雰囲気に流されまいとひたすらガリ勉に徹する彼は、無理がたたってまたしても学校で倒れるハメに。

よくあるパターンでは、両親や教師の過剰な期待に応えるために、ガリ勉していたけど、実はイヤイヤだったんだよ、みたいな展開となりそうなのですが、彼の場合は違います。(以下うろ覚えだけど)猿渡君は自分が他より秀でた存在ではない、という自覚から、社会に出た時に優位に立てるように、得意な勉強でとりあえず受験戦争に勝っておこう、というきわめて戦略的な考えの持ち主なのですが、ノイローゼで倒れた時から親たちが逆に「やっぱり無理をさせすぎたのかしら」という彼
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mbookdiary VINE メンバー 投稿日 2004/5/16
形式: 文庫
漫画自体初心者で、この漫画は友達に勧められて購入しました。
最初に感じたのはとても切ない感覚です。友人や、家族などのありがちな日常を描いているのですが、それがとても繊細に描かれているのでびっくりしました。この本はいくつかの短編集からなるオムニバス形式です。私がもっとも心を打たれたのは、文庫のタイトルにもなっている「夢みる頃をすぎても」という短編のラストの場面で、ガラスの靴を履き好きな人とステップを踊りたいという漠然とした理想を語るところです。そこで、主人公はこうも思います。「みんなガラスの靴をはきあやういステップを踏んでいる」(p.197)みんな、あやういステップを踏んでいる。私たちも一回限りのかけがえのない人生を、取り返しのつかない時間の中で日々、ガラスの靴をはきあやういステップを踏んでいるのでしょう。流行りの歌で、つないだ手を離したくないという表現がよく見られますが、これは、つないだ手を離すと相手がどこかに行ってしまうかもしれない。どこにも行ってもらいたくない。この時間が永遠に続いてほしいという気持ちの表現でしょう。しかし、時間は流れ、現実は変わる。その変わりゆく現実の時間の中で、私たちはガラスの靴をはきあやういステップを踏んでいるのでしょう。。
いつになったら、美しく踊ることができるのでしょうか(^^;)。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
吉田秋生(あきみ)と言う人は、不思議な漫画を描く人だな。

初出を見ると、少女コミックばっかしだから、女流漫画家、と言うことになるんだけど、僕はかなり好きです。

どの作品も懐かしい風景で、少し胸がきゅんとなるような甘酸っぱい気持ちになります(あああ、50過ぎたおっさんの言うことではないですが!)。

この作品集では、特に前半の「楽園のこちらがわ」「楽園のまん中で」がいいです。

不思議な人だなぁ。男の心理を実にうまくつかんでいる。そんな作品を少女コミックに載せるところが面白いね。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック