中古品
¥ 501
+ ¥ 257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 sold-out
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 本文は使用感も強くなく概ね良好な状態です。表紙に多少スレ、小キズがあります。全体に使用感も強くなく実用には充分です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夢の裂け目 新書 – 2001/9

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 376
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

前作「紙屋町さくらホテル」(小社刊)で天皇の戦争責任をテーマに取り上げた井上ひさし氏は、今回敗戦後すぐに行われた「極東国際軍事裁判」、いわゆる「東京裁判」とは何だったのだろうか、という大きな主題に挑みました。 日本人ひとりひとりに「東京裁判」はどう絡み合い、その裁判に、連合国側のどういったカラクリが隠されているのか、笑いと音楽をふんだんに盛り込み、庶民の視線から歴史の裂け目を探った傑作戯曲です。 戦前、戦中を通じて紙芝居屋をしていた男・田中天声に連合国総司令部(GHQ)から東京裁判の検察側証人として出廷するよう要請があった……。この紙芝居屋を中心に、その妹の元芸者、復員兵、検事局の女通訳などが、歌と笑いとともに繰り広げるドラマの中から東京裁判の謎が明らかにされてゆく。

出版社からのコメント

戦前、戦中を通じて紙芝居屋をしている田中天声の元にGHQから東京裁判への出廷要請が来た。歌と笑いとともに繰り広げられるドラマの中から東京裁判に隠されているとてつもなく大きなカラクリが浮かび上がる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 195ページ
  • 出版社: 小学館 (2001/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093873585
  • ISBN-13: 978-4093873581
  • 発売日: 2001/09
  • 梱包サイズ: 17.8 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 575,421位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2010年7月10日
形式: 新書Amazonで購入
2018年7月11日
形式: 新書