中古品:
¥ 2,100
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(説明書等は入っておりません)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

夢の中へ [DVD]

5つ星のうち 3.0 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 3,150より 中古品の出品:7¥ 1,480より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 田中哲司, 夏生ゆうな, 村上淳, オダギリジョー
  • 監督: 園子温
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アムモ98
  • 発売日 2005/10/28
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000B84NU4
  • EAN: 4571153230485
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 110,384位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

冴えない劇団員の男がテロリストになったり、取調べを受けたりする不思議な夢に浸食されていく物語を描いた作品。田中哲司、夏生ゆうな、村上淳ほか出演。

レビュー

監督・脚本: 園子温 出演: 田中哲司/夏生ゆうな/村上淳/オダギリ・ジョー/市川実和子/岩松了/麿赤兒/温水洋一/手塚とおる/小嶺麗奈/臼田あさ美/菜葉菜
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0

トップカスタマーレビュー

夢なんだか、現実なんだかわからない感じで進んでいくんで、
好き嫌いがあるかもしれないですね。
わたしは好きなので、星5つ
なんというか、もしかしたら「見る」より「演じる」ほうが
楽しかったのかもしれません。
画面から「演じることが大好き!!」ビームが出てるんですよね。
どの役者さんも、夢・現実と何役か掛け持ちで、
演じてたり、アドリブだったりと面白く、楽しくノってるって感じ。
主演の田中さんの痛そうな演技が痛そうすぎて、
こっちまでうにゅ~っとなってしまいました。
役者を目指している人にぜひ見ていただきたい。
なんかちょっと壁にぶつかってる人にもお勧め。
見た後はどっかに走っていこう!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
同じ園監督の『ハザード』と通じる。
三十路、四十路の男子が観て、感じる映画だ。

特典の別テイク映像も必見。
役者ってスゴイなぁ、と感動。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
公開当時、ミニシアターのスクリーンをぼんやりと眺めているだけでしたが最近ふとこの作品を思い出しDVDで鑑賞しました。どこかで感動した、という訳ではありませんが、生々しく、不思議で、なぜか忘れられない映画です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
25、6の頃、何度か観たアングラ劇団の前衛演劇と構成がよく似ているのが気になったのである。訳の分からぬストーリーとシチュエーションで役者が
ハイテンションで会話しまくり、最後の方になると決まって普通になり、人情味に訴えたり、やけにものものしく幻想的になったりする。この80年代演劇の
亡霊のような手法が最近の映画に復活している所に興味が湧いた。これは作者にとっては(特に暗中模索している劇作家にとっては)実に安直にして
都合の良い手法であるのだろう。メチャクチャな筋書きで観客を撹乱し、ノリの良さで引きずり回した挙句、何が起こっているのだろうと頭が抽象的に
なりかけたあたりで徐々に具体的な感情に訴えかける芝居に持ってゆくという、この巧みな段取りは最後のキメが具体的であるだけに印象に残るものと
なりやすい。訳の分からぬ部分ではいろいろと実験的な事も出来るのである。

園監督が80年代演劇に影響されていた可能性もあるが、私はこの実験的な部分が重要だったのだろうと思う。でなければ何かを喚きながら走り、
押さえ切れない感情を滲ませるといった、海辺で夕日に向かって叫ぶほど陳腐ではないにせよ、あまりに使い古された青春映画の手法を園監督が
何の警戒心もなく使う訳はないからである。成り行き上、仕方なくやったのだ。重
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す


フィードバック