夢のチョコレート工場 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: サザンフィールド
カートに入れる
¥ 2,100
通常配送無料 詳細
発売元: あんびる
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

夢のチョコレート工場 [DVD]

5つ星のうち 4.2 39件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,160
価格: ¥ 1,980 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 180 (8%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ESARA(エソラ)  ☆丁寧に梱包し出荷致します☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 夢のチョコレート工場 [DVD]
  • +
  • チャーリーとチョコレート工場 [DVD]
総額: ¥4,456
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジーン・ワイルダー, ジャック・アルバートソン, ピーター・オストラム
  • 監督: メル・スチュアート
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2001/11/23
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 39件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005QWS6
  • JAN: 4988135533593
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 32,765位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

世界の子供たちを魅了するチョコレートの秘密とは?
名コメディ俳優J・ワイルダーが贈る心躍るファンタジー!

ウィリー・ワンカのチョコレートは、とってもおいしいので世界中の子供たちに大人気。ライバル会社が何とかその秘密を盗もうと躍起になったため、ワンカは遂に工場を閉鎖してしまった。ところが3年後においしいお菓子作りを再開したのになぜか工場の門は堅く閉ざされたまま。ワンカの工場は謎に包まれていた。ある日、ワンカのチョコレートに5枚だけ入れられた、"金の券"を見つけた人には秘密の工場にご招待、という告知が出されたため世界中のワンカのチョコレートはあっという間に売り切れ、どんどん出荷してもまだまだ足りない異常人気を呼んだ。人々の羨望の的となったラッキーな5人は、食いしん坊のオーガスタス、お金持ちなため我がまま一杯のベルーカ、ガムにめがないバイオレット、TVっ子のマイク、そして貧しいけど心優しいチャーリー。家族を一人同伴できるので、母親と父親と、チャーリーはジョーおじいさんと一緒に合計10人がワンカに迎えられて工場へと入っていった。おいしいお菓子が作られる夢の世界への旅のはじまり。でも本当の秘密はまだまだこれから…。
映像特典…オリジナル劇場予告編

Amazonレビュー

   世界中の子どもたちに愛され続ける『夢のチョコレート工場』。1971年の初公開以降、そのおもしろさは今なお色あせることがない。時代を超えて読者を惹きつけるドアルド・ダールの児童向け小説が楽しいミュージカルとなってその魅力をあますところなく伝えている。カーニバルを思わせる色とりどりの見事な衣装に目を奪われ、終始流れる挿入歌「ウンパルンパ」のメロディには思わず口ずさんでしまう。ウイリー・ワンカが行儀よくしろと言っても聞く耳を持たないやんちゃな子どものところに現れては、親のように歌詞に織り交ぜてたしなめる(ウンパルンパ、ドゥンパディドゥ♪)、あのちっちゃなウンパルンパ族のことを誰が忘れられるだろうか。いや、そんなことより本筋に戻ろう。物語の主人公はチャーリー・ブラケットという貧しい少年。憧れの金色のチケットを手に入れ、謎に包まれた夢の王国ともいうべきワンカの製菓工場を見学できることになる。チャーリーのほかに4人の子どもとその親たちも同行するが、4人が皆いいかげんで聞き分けのない子どもたちであることが次々に判明、ワンカを感心させたチャーリーだけが期待していた以上のご褒美を受け取ることになるのだった。しかしそこに至るまでの工場の見学シーンが圧巻。目もくらむようなお楽しみの数々に、ジーン・ワイルダーの卓越した演技が光る不気味なキャンディマン、ワンカの存在感が脅威と狂気をかもし出し、物語のセンチメンタルな甘さをほどよく緩和している。ワンカの工場のようなおとぎの国も悪い子どもにとっては怖い場所に変わるのだ、といった恐ろし気な展開も敢えて意図したものであろうし、それゆえファミリー映画の古典として息の長い作品となりえたのだろう。(Jeff Shannon, Amazon.com)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
一度見たら忘れられない、強烈な感じ!?
時代を思わせるチープな作り、突っ込みどころ盛り沢山ではありますが
やっぱし単純に、童心に帰れる作品です。
個人的にオススメのシーンは
幼いチャーリーが稼いできたなけなしのお金でチョコを買い、
ジョーお爺ちゃんと二人でこっそり開封するシーン。
情報量しかり、便利なものしかり、色んなモノが溢れかえるこの時代に
ここまで素朴に夢を扱う作品というのは、もう出てこないと思うので
是非、大人の方に見てもらいたい一作。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
現在公開中の映画にさきがけ、偶然ケーブルテレビで見ました。
以来サイケな色調となんてったってウンパルンパが忘れられず
思い切ってDVDを購入しました!
改めて、これが1971年の作品とは思えないくらい斬新な作品であることに
気づかされます。
無論CGなぞ無い時代です。どう見てもチャチ(失礼)な工場内部、
それでも逆にその「CGで全てを語りつくし過ぎない」ところが
映画「時計仕掛けのオレンジ」を見た後のようにやられた!!という
気分にさせられます。
そして衝撃のウンパルンパ!新作映画では1人をCGで複製してますが
元祖チョコレート工場ではどっから集めたんだ!ってくらい生身が沢山。
チャーリーの健気さは新旧作ともにドローですが、ウンパルンパの
キュートな群舞と毒のある可愛い合唱は断然旧作に軍配です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 世界でたった5枚しかない「ゴールドチケット」を世界中の人が
一生懸命探す…最初からわくわくしてしまいました。原作を1回読
んだことがありますが、ストーリー、キャスト、映像…どれも本で
読んで想像していたのと同じで、とても満足です。子供向け映画で
すが、大人も一緒に楽しめる作品です!私はワンカ社長のキャラク
ターが好きです。
2005年にはティム・バートン監督がジョニー・デップ主演で再
び映画化予定なので、どんなワンカ社長になるのか、楽しみです。
それを観る前に是非観てほしいと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
■ジョニー・デップ主演の新作も観ましたが、こっちのほうが私は好きです。子供向きで、いかにもっていう『おとぎ話』っぽさがよく出ていてわかりやすく、古さがまたいい味を出しています。CGではない素晴らしさが味わえます。
新作は何だかどちらかというと、全体的な速度もはやいし、大人向けのような気がしました。古い映画の割には、とてもセットがかわいくて、凝っていて、ディズニーランドのアトラクションを思い出させるような・・・(褒めすぎ?)。

■そんなに古臭さ、は気になりませんでした。よくある映画みたいに、昔のおとぎ話っぽく、わざと古い風景を演出しているのかと思って観ていました。だから、観終わってから、34年前の映画と知って、少し驚いたくらいです。
■知ってる俳優さんが出てないところもまた、物語に没頭できる要素かもしれません。特に、ワンカの社長役は、個性的で風変わりなところがまさにぴったり。ジョニー・デップは格好いいけれど、変わり者の社長の役はやはりこちらが適役!

■音楽もまた新作とちがう点です。ミュージカルっぽいところがあり、新作は現代音楽みたいで、こちらはよくある昔のミュージカルに出てくる歌。「アニー」とかそんな曲調です・・・。特に「ウンパ・ルンパ」の歌は強烈で、頭の中にずっと残り、毎日家族の誰かが口ずさんでしまうほど・・・。
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
すべての傑作は比較を絶しているものですが、これもやはりそう。他の何にも似ていない、ミュージカル映画の最高傑作のひとつでしょう。残念ながら、本作品のリメイクであるジョニー・デップの『チョコレート工場』は、できばえでは大きく劣りましたし、それはジョニー・デップ自身がいさぎよく認めていました。狂気の光を目に宿したジーン・ワイルダーのウィリー・ウォンカがひたすらすばらしい。デジタル処理では絶対に出せない味、奇怪な道具立てやメイクやセッティングの魅力は、子供たちのすばらしい演技とともに、まさに映画史のある段階でのみ達成することのできた奇跡的な水準を感じさせます。絶対に損はしません、ぜひ見てください。そして子供たちをひきつけるこの魔力、チョコレートの魔力と、生産工場の魔力と、映画の魔力が、じつはおなじひとつのものだったことを実感してみてください。チャーリー役の少年、ピーター・オストラムが、これ一作で映画界を離れ成長して獣医(?)かなにかになったというのも、夢と現実の線を主題としたこの作品にふさわしい気がしました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー