中古品
¥ 313
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆書き込みがあります。小口に使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夢のカルテ 単行本 – 2005/11/30

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 313
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『13階段』の気鋭が贈る、感動のファンタジック・ミステリー!
麻生刑事は捜査中に死亡事故を起こし、その悪夢に眠れぬ日々を送っていた。ある日、麻生は意を決して来生夢衣という女性カウンセラーの元を訪れる。実は来生には他人の夢の中に入り込めるという力があったのだ??。

内容(「BOOK」データベースより)

銃撃事件に遭遇した麻生刑事は、夜毎の悪夢に苦しめられていた。心理療法を受けようと決意した彼は、来生夢衣という不思議な雰囲気をたたえた女性カウンセラーと出会う。やがて麻生は、夢衣に特殊な力があることを知る。彼女は、他人の夢の中に入ることができたのだ―。夢の力を信じた二人の愛の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 274ページ
  • 出版社: 角川書店 (2005/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048736493
  • ISBN-13: 978-4048736497
  • 発売日: 2005/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 929,286位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ミステリとしての色彩は薄く、むしろ恋愛小説の色濃い作品だと
思うけれど、他の作品同様、悲惨を悲惨のままで終わらせず希望
の光を残す読後感を与えてくれるので、著者高橋和明(+阪上仁
志)氏の作品は安心して読める。

“超能力”を扱うと、話の展開は楽になる反面、作品としては大
きなハンデを背負ってしまう。
読み手の方が『どうせ何でもありなんでしょう』という気持ちに
なりがちだからだ。
そこで、“超能力”を扱った作品は必ず何らかのハンデを超能力
者やその周辺に設ける事になる。

この物語では、心理カウンセラーという立場だったり女としての
嫉妬だったり、人間としての心の弱さだったりして都合よくは行
かない状況を作り上げ読者の共感を得ようとしている。
それは上手く成功して、しばしば現実の世界における男女のもど
かしさやじれったさに似た感覚を読者は感じる。

逆に、超能力やカウンセラーという特殊な能力・立場故に相手の
心を読み過ぎ、考え過ぎて主人公の心は迷走し、命の危険にさら
された場面になって初めて『転移なんかを気にしないで、大好き
な彼の胸にすがればよかった』という考えに至る。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 カウンセリングを受ける相手の夢のなかに入る能力をもつカウンセラーのお話。

 主人公のカウンセラーのもとに、目の前で市民を射殺されたことで不眠症になった刑事が治療にやってきます。

 夢の分析から事件の真相が明らかになる様子や、

連続殺人犯と思われる人物への治療など、

画面でみているような書き方がされていて

まるで映画を見たような気分になる本でした。

 小さい子どもに戻ってしまう、患者の様子や、昔の寂しかった出来事を思い出す主人公の姿に何回か泣いてしまいました。

 「患者の恋愛転移を利用して、恋人になっているのではないか」

という不安と真正面から向きう主人公の姿が力強く好ましいです。

とても面白い本でした。

 
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 suihou トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/2/4
形式: 文庫 Amazonで購入
ひとの夢の中に入る能力を持つ夢衣。その力を活かしてカウンセラーをしている彼女が、事件のトラウマに悩む刑事、麻生健介が患者として訪れた発端から、三つの夢の事件をへて、彼との恋愛を成就させてゆく物語です。
 筋書きだけ書けば甘いようですが、たいへんピュアでいじらしい恋愛のかたちを描いています。
 
 この物語の中の夢ですが、ひとの夢に入ってゆくときのテクニックや、ポイント地点から引き返すことができるなど、「夢の中の歩き方」が設定されていたり、間主観性夢といって、肉親や恋人などが同じ夢に入ってしまう体験などが「心理学的」な繊細さで扱われています。抑圧されたものを夢の中で発見し、とりもどせば、癒される、という大筋のとらえ方は、夢をやや単純化しすぎなところもありますが、情緒に流れがちなこうした物語に、うまく手綱をつけています。

 夢衣は刑事と知り合いになった関係上、三つの事件にかかわることになります。特に、脳死状態になった女性とその恋人を夢の中で結びつけるエピソードは、比喩でなく泣けてしまいました。夢という無意識の世界では、人間は嘘がつけないのです。愛という、不確かなものを扱うのに、「夢」を用いたのはその意味でもすばらしい角度でした。そこでは隠された事実やほんとうの気持ちが、かたちになってあらわれてきます。

 夢の中で
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ラテンマン トップ500レビュアー 投稿日 2015/4/7
形式: 文庫
操作中の発砲事件がトラウマとなった刑事は,若い女性カウンセラーのもとを訪れる.
夢に入り込むという特殊能力を持つ彼女と,トラウマから立ち直った刑事の恋愛関係は?

心理学や催眠療法,カウンセリングについて,それなりに調べこんである.
このあたりはかなり丁寧な作りで,リアリティが感じられる.
ただ,この種の精神分析的な手法が
現在の精神医学で受け入れられているかどうかは少々疑問ではあり,
デフォルメされた古いフィクションと考えた方がよいかもしれない.

中盤以降は,いくつかも事件を夢で解決するストーリーがつながるが,
それよりもむしろ,自分の感情が治療関係によって生じた転移ではないか,
と悩む女性の葛藤がメインになる.

ただ,正直なところ,それのどこが問題なのかがよくわからない.
治療関係が終了した後でも愛情が続いているなら,
きっかけが転移でも別にいいのではないかと思ってしまう.

なので女性の悩みに共感できないし,
男性目線に立てば,理解不能な女性の行動に振り回される姿に同情すらしてしまう.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー