夢のカリフォルニア DVD-BOX がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

夢のカリフォルニア DVD-BOX

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 24,624 通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:5¥ 11,266より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 夢のカリフォルニア DVD-BOX
  • +
  • ホームドラマ! DVD-BOX
  • +
  • ガッコの先生 BOXセット (限定版) [DVD]
総額: ¥61,128
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 堂本剛, 柴咲コウ, 国仲涼子, 田辺誠一, 野村宏伸
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: TBS
  • 発売日 2002/09/19
  • 時間: 505 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006G8V8
  • EAN: 4900527004382
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 101,333位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   それぞれの青春の傷跡を引きずりながらも、生きていくことの意義を見出そうとする若者3人の姿を描いた青春ドラマ。三流大学に通う目立たない性格の終(堂本剛)、いじめられっ子の反動でモデルになった琴美(柴咲コウ)、昔はアイドル的存在もその後の人生は失敗続きの恵子(国仲涼子)。中学時代にはほとんど接点のなかった3人は、出席した同窓会で思わぬ事件に遭遇したことをきっかけに、事あるごとに集まってはお互いの心の中の思いを語り合うようになる。
   非エリートである若者たちの小市民的な苦悩と、煮えきれない日常の中に必死に希望の光を見出そうとする青春模様には、脚本家・岡田惠和の『ふぞろいの林檎たち』へのオマージュがこめられている。三者三様の痛々しく葛藤するあり様を、堂本剛、柴咲コウ、国仲涼子が好演。(麻生結一)

内容(「Oricon」データベースより)

TBS系にて放映された、今を生きる若者が内面に抱える不安と葛藤を描いた青春群像ドラマ。出演は堂本剛、柴崎コウ、国仲涼子ほか。全11話を収録した6枚組セット。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/20
21歳の男女三人を主人公に現実的なストーリーが展開される。
TVドラマにしては暗い内容であったため放送時の評判は芳しく
なかったようだが、何故か印象に残る作品である。
無為な日々を過ごしながら就職活動をする堂本と、不安定な日
々を過ごす事務のアルバイトの国仲が話の中心を担い、脇役陣
が暗くなりがちな物語に笑いをちりばめていく。
平凡すぎる堂本と、中盤に熱演している国仲は見ごたえがあっ
たが、もう一人の主役柴咲は現実離れした役柄であったせいか
存在感が無かった。
後半あたりから話の現実味が乏しくなっていったのが少々残念
だったが、全体的にはまずまずの佳作だったと思う。
そして、作品に親近感を抱いてしまう日常的で見慣れた風景や、
主人公たちに重くのしかかっていた、あの憂鬱な曇天がいつま
でも印象に残っている。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
かなり古い作品ではありますが、当時は欠かさずに観ていました。
視聴率は振るわなかったようですが、佳作という言葉がぴったりの作品。

それなりの日々を送りつつ、それなりの悩みや迷いを持っていた終、恵子、琴美の3人は
同窓会で顔を合わせる。
ところがその夜、幹事を務め、他人から見ればまさに順風満帆の人生であったはずの孝平
が、3人の目の前で自殺してしまう。
「この先、いいことなんか何もないんだよ」という言葉を残して……。

孝平の言葉に何も答えられず、現実を突きつけられた3人が、それでも少しずつ前に進み、
友情を育んでいくストーリー。
どんな人でも感じるものがある話だったと思います。

天下(?)のジャニーズである堂本剛が“どこにでもいる感じ”の大学生を好演しています。
恵子にも琴美にも、可愛いだけになんとなくまんざらな気がしないでもないのに、二人には
いいように扱われてばかりになっていく様さえさわやか(笑)。

国仲涼子と柴咲コウは、ダブルヒロインというのでしょうか。
どっちも可愛いのですが、当時の流行もあるのでしょうが、国仲さんが少しおばちゃんぽい
ファッションで、柴咲さんがモデル役だけに派手な
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
6年ぶりに中学の同窓会で再会した21歳の堂本、柴咲、国仲が、同窓会の後忍び込んだ中学校でとんでもないことを目撃することで、奇妙な連帯感が生まれ、東京に戻っても会うようになる。大人の世界の入り口に立つ3人の複雑な心境が描かれる青春物語。
堂本はいつも通知表がオール3のつまんないやつ(母役余貴美子談)。自己主張のない平凡な青春を送る。柴咲はブスでイジメの対象だったが、東京の高校に進学したのを機にイメチェン、美人になってスカウトされモデルになる(が成功はしてない)。金持ち彼氏(竹内春樹)からはお姫様扱いされている(飾り物扱いかも)。優等生だった国仲は大学進学に失敗し、人生初の挫折を経験し、今は小さな海苔会社のOL。上司(鈴木ヒロミツ)から会社のアイドルと持ち上げられるが不満な日々を送る。
何となくつまらなかった日常が、様々な出来事に巻き込まれ、挫折や失恋(泣ける)を経験するが、3人は寄り添うように励まし合いなんとか前に進んでいく。金欠で死にそうになる柴咲の演技が楽しく笑ってしまった。恋愛対象にならないと一蹴(笑)されていた堂本がストーリーの進展につれて男らしくなり、柴咲、国仲は友情以上の好意を持つが...。
豪華な脇役陣が盛りたてる。クドカンが珍しく(?)俳優としていい味を出している。田辺はリストラで堂本のバイト先の運送会社に就職するが、人生の転落にへこんで
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
僕は再放送で見たのですが、このドラマは3人の関係がだんだん親密になっていって、でも恋愛感情はまったくないというなんともいえない関係です。ドラマの内容ももちろんですが、3人の人間関係がとてもいいです。就職の厳しさとかも学びました。見ててつっこみたくなる場面もありました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
中学の同窓会で顔を合わせた終(堂本剛)、琴美(柴崎コウ)、
恵子(国仲涼子)の三人。終はもともと目立つところがなく、
途中で転校したこともあって、彼のことを覚えている人は少ない。
琴美は中学時代外見をからかわれたことがトラウマになっていて、
モデルとなった今の自分を見せてクラスメートを見返そうとしているが、
すっかり身についてしまった自信のなさは昔のままである。
クラスのアイドル的存在だった恵子は、大学受験に失敗し
初めて味わった挫折から今もまだ立ち直れずにいる。

そんな彼らは、同窓会の夜、端整な容姿に恵まれ、
周りからすれば何一つ欠けたところのないように見える孝平が
校舎の屋上から飛び降りるのを目の当たりにする。飛び降りる直前、孝平は三人に言う。
「俺は……今日で終わりにする。この先……
いいことなんか何もないんだよ。何も……何もないんだよ」
しかし、残された三人はこれからも生き続けなければならない。
では、なぜ自分たちは死なずに生き続けているのか? 
人生は生きるに値するのか? 
孝平が投げかけた疑問に対し、三人が出した答えとは?

人は、いくつになってもやり直すことは可能である。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック