夢と狂気の王国 [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ブックレット付き。中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

夢と狂気の王国 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.1 35件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 4,589 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,675 (27%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 4,589より 中古品の出品:10¥ 3,065より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 夢と狂気の王国 [Blu-ray]
  • +
  • 高畑勲、『かぐや姫の物語』をつくる。~ジブリ第7スタジオ、933日の伝説~ [Blu-ray]
  • +
  • プロフェッショナル 仕事の流儀 特別編 映画監督 宮崎 駿の仕事 「風立ちぬ」1000日の記録/引退宣言 知られざる物語 [Blu-ray]
総額: ¥12,485
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 監督: 砂田麻美
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日 2014/05/21
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 35件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00IP10QBE
  • JAN: 4959241753120
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 46,404位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『エンディングノート』の砂田麻美監督が贈る
“スタジオジブリ"の真実の物語。

≪ジブリがいっぱいCOLLECTIONスペシャル≫
砂田麻美監督作品
『夢と狂気の王国』

ジブリのドキュメンタリーと称する作品は数々あったが、
ジブリを題材に映画を作る、そう考えた人はだれもいなかった。
今回、そう目論んだのが、砂田麻美。
2011年、『エンディングノート』で一躍脚光を浴びた若き女性監督が描いた最新作。

本作品は『風立ちぬ』(宮崎駿監督)、『かぐや姫の物語』(高畑勲監督)の2作品を同時に制作中だったスタジオジブリに約1年にわたり密着した“映画"として2013年11月に全国公開されました。今回が初のブルーレイディスク化となります。

<映像特典>
●未公開映像集 ウシコは見た! “ちょっと"夢と狂気の王国(約32分)
●ダイジェストショートフィルム(約2分)
●劇場予告編

<同時発売>
『夢と狂気の王国 (DVD)』

※商品情報は変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫の3人によって築き上げられたスタジオジブリの“今”を『エンディングノート』の砂田麻美監督が描くドキュメンタリー。長きにわたり苦楽を共にしてきた3人の愛憎と、創作の現場に広がる光と影に満ちた日常を繊細に映し出す。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
ジブリ映画はほとんど見てしまい、他に見るものがない時、気になったので見てみました。
NHKスペシャルのドキュメンタリーを見た後だったので、さらに気になったので。
最初は小難しいことを言っているおっちゃんだな、と思っていましたが、見ているうちに宮崎駿監督のなりたちも見えてきて、興味深かったです。
「風立ちぬ」の背景にはこんなことがあったのか、と思います。
ジブリで働いている人たちも映っていますが、みんな素敵な感じに目に映りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
↑この映画の冒頭で、監督でありナレーションの砂田さんが、宮崎さんを紹介する際に言う台詞です。
僕は近年TV等で放送されるジブリのドキュメンタリーで、ほぼ毎回と言っていい程

「不滅の興行記録を樹立」

とか

「数々の名作を世に送り続けてきた」

等といった仰々しい紹介を、ジブリ並びに宮崎駿がされる事になんだか違和感を感じていました。
ジブリはそんな事をいちいち誇ったりしないだろうと。

そんな中でこの映画を観に行って、このごく自然な入り方だけでとても好感を持ちました。

ドキュメンタリー映画ではあるのですが、実際に今存在している宮崎駿という
フィクションではない「現実にある物語」を観たような感覚でした。

個人的には今まで観た映画の中でも、ベストと言いたいくらい好きです。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
【問題の一部が解りました】当初レビューのとおり「”働く”とは何か?」は分かりませんが、何故、彼らが多大な犠牲を周囲に強制しながらもアニメーションという手法に拘り続けるのかは解決しました。答えは『かぐや姫の物語』です。写真が発明されても、絵画は残るし、映画が発明されても舞台演劇は残る・・・。なるほど、彼らは実写では叶わない表現を欲しているのですね。不明を恥じます。

*****************************************************************************************************************************************

劇場公開で観て、手許に置いておきたく思い購入しました。何故だか劇場公開時は、高く評価されませんでしたね。私はかなり興味深く観たのですが・・・。
勿論、勝手な解釈ですが、私の見るところ本作品は最終的に「”働く”とは何か?」というテーマを問いかけているのだと思います。もう少し意味を限定化したうえで書き下すと、「何故、あの3人の王と王国の住人らは、斯くも大変な思いをしてまで働いているのか?」となるでしょうか。
映画を作るにしても、最も重労働が必要な表現手段に敢えて拘り、多大な犠牲を自身と周囲に強
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 宮崎駿監督、最後の長編アニメーション「風立ちぬ」の制作ドキュメンタリーです。映画「もののけ姫」以降、宮崎駿監督の長編アニメーションの制作現場は、必ずその現場もドキュメンタリーとして販売されるという、大変珍しい傾向です。でもアニメの制作現場なんて、見せてくれる方なんて全然いないです。それに主役は宮崎駿というとても魅力的な素材です。本作の監督は「エンディング・ノート」を撮った方で、宮崎駿監督への質問の投げかけ方など、ドキュメンタリーを撮る腕はさすがに、上手いです。以前「もののけ姫はこうして生まれた」というDVD3枚組の超大作を見ましたが、あちらは丁寧に描かれた男っぽさ溢れる、荒々しいドキュメンタリーで、本作は「もののけ姫は~」に比べ柔らかい印象を受けます。しかしスタジオ・ジブリのアニメ制作の現場はこんなにも凄まじいものなのかと、吐きそうになるほどの、リアルな人間模様、そして宮崎駿監督が抱える葛藤や矛盾、それに戸惑い、振り回される周りの人々。スタジオ・ジブリが織り成す社会が垣間見れます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 118分の長尺ですが、見終わるのが惜しいようなジブリの「風たちぬ」制作の日々の記録。宮崎監督の考え方が自然な感じで表れていて、感慨深いです。監督のお人柄なのでしょう。
 「人間は、自分の幸せのために生きているのではない」という宮崎監督の言葉は、非常に重たいです。東北震災と原発事故の影響も色濃く反映しています。
 一方、盟友の高畑勲監督もちょっとだけ登場しますが、その同時公開予定であった作品「かぐや姫」の製作逸話が凄いです。
 なお、特典映像も非常に見応えがあります。ピクサーのジョン・ラセター監督とのエピソードも微笑ましいし、アニメ制作の全体構造も見せてくれて勉強になります。ジブリファンのみならず、「風立ちぬ」「かぐや姫」をご覧になった方々にぜひ、観てもらいたいです!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー