通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夢ありき。―脳性小児マヒの息子あっての人生ドラマ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu2238_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夢ありき。―脳性小児マヒの息子あっての人生ドラマ 単行本 – 2006/2

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 3

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

脳性小児マヒの身でアメリカンドリームを達成した長男(2003年、米国ABCテレビ出演)は、何と多くのことを、家族に、周囲に教えてきたことか。ハイブリッドエンジンを開発し、’97年ダカールラリー総合優勝を導いた元・日野自動車エンジン技術者一家の愛と苦闘の夢追い物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

茂森/和子
1963年、東京都立町田高校卒業後、日野自動車入社。66年、日野自動車のエンジン技術者、茂森政と結婚。68年、長男・勇が重度の脳性小児マヒで誕生。71年に次男、73年に長女が誕生するも、長男の育児で一時は自殺を考えるなどノイローゼ状態に。絶対に歩かせてみせると決意してからは長男の訓練に明け暮れ、学校も小学校から大学2年まで介助でつき添う。現在、留学した長男が暮らした米国バークレーに障害者の施設を作るべく夫とともに奮闘中

茂森/政
1937年、東京・中野に生まれる。59年、芝浦工業大学卒業後、日野自動車入社、ディーゼルエンジンの研究開発に従事する。日本機械学会賞、自動車技術会賞などを受賞。在任中はハイブリッドエンジンを開発し、97年のダカールラリーでは、監督としてトラック部門の1、2、3位を独占するという快挙を達成。2001年、副社長を最後に日野自動車を定年退職。米国バークレーに勉学を志す障害者のための施設を作るべく、妻と一緒に奮闘中。脳性小児マヒの長男が不自由な身体で次々と夢を実現していく精神力に刺激され、定年後の生き方として、夫婦で夢を持って生きることを提言している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 271ページ
  • 出版社: SMI (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4885880521
  • ISBN-13: 978-4885880520
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 779,535位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
一見すると、これって実話?と思うほどの成功談です。

脳性麻痺を患いながら、アメリカの大学に留学してエンジニアとして活躍する勇さんと、そんな息子さんを抱えながらも、仕事で快挙を成し遂げ、大企業の役員にまでなってしまう著者。

しかし、その成功談の陰には筆舌しがたい苦労があったのだろうと思います。特に著者の一人、和子さんの苦労があったからこそ、夫と長男の成功があるんだと思いました。

私はこの本を読んで、恥ずかしくなりました。一日一日を精一杯いききる人間の姿を学びました。

まだまだ私は自分を生かしきっていない、ということを学ばせてくれる一冊です。

70近くになって、なお新たな社会事業に挑戦しようとする著者にエールを送ります。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本のタイトルにひかれて、手に取りました。障害者についての内容

の本を読んだのは、『五体不満足』以来でした。この本はそれ以上に感動しました。涙がとにかくとまらないぐらい凄い物語です。普通の人、障害がない健常者は絶対にこの本を読むべきです。そうすれば、この日本ももっと住みやすく、いい国になるでしょう。「人間にできないことはない」と確信しました!!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 初めて、こういう障害を持った人の本を購入しました。

お涙頂戴的な、調子ではなく、家族それぞれが、目標を持ち

すごい家族だな、と思いました。

 私は、結婚もしておらず、家族を持つ事の苦しさ、楽しさが分かり

ませんが、ぜひ、家族の中に障害を持った人がある人に読んで頂ければ

と、思いました。多分、障害を乗り越える擬似体験ができると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す