Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 100
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[来未炳吾]の夜行バスの人々
Kindle App Ad

夜行バスの人々 Kindle版

5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/4/26
"もう一度試してください。"
¥ 100

商品の説明

内容紹介

新宿から名古屋に向かう夜行バスに乗った乗客たちは、途中のサービスエリアで不可解な状況に遭遇する。戻らない運転手にバスを降りた乗客たち、無人のサービスエリア……一体、なにが起きたんだ?
発達障害者である難波恵一は、「人は消えた」と考え、心に病を持つ静原さくらと行動を共する。

発達障害、引きこもり、自殺願望……そして、普通の人々。
彼らが織り成すミステリーヒューマンドラマ!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2410 KB
  • 紙の本の長さ: 146 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00JYUUC4G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 135,356位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 NANA 投稿日 2017/1/1
Amazonで購入
私は発達障害当事者である。基本的に小説は読めないが、どうも他の当事者もそのようだ。だから通常の小説鑑賞はできない。
登場人物が多く、それぞれに事情がバラバラにあり、エピソードが時系列で現れない。小説を普通に読む人にはそれは障壁とならないようだが、私には頭に入らないので、読み方が全く違うのだろう。それで半分近くまで混乱したため評価が低めだが、ざっと読んでも差し支えない事にきづいて一気に読んだ。
テーマははっきりしている。まえがきとあとがきどおりである。私にはそれで十分であった。謎解きも不要だし(どうせ理解できない)、代弁してくれた事、まるで当事者向けに書かれたかのような文体などに感謝さえ感じる。

今そのテーマにおそらく近い事(いや、そのものか)で非常に苦しんでいて出口どころか入口に入ったところで愕然としているところだった。ふと思いついて直感的にこの小説を開いた。気を取り直すことができた。
この小説はそういった読み方が良いのではないかと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
夜行バスに乗っていた人以外の人間が突然消えてしまったという状態で、そのうちの幾人かの過去の背景を含めた個性や性格を語りながらその場での人間関係を語っているストーリーです。
社会へのメッセージ性があり共感出来る点もあるのですが、小説としては私にとっては面白みが少なかったです。中盤まではストーリー展開を楽しみに読んでいたのですが後半にはメッセージ性が強くなるだけで特に展開やオチもなく残念でした。最後の部分についてはあまり書けませんがメッセージだけの顛末ではもったいないと思います。これだけのストーリーを書かれているのですがらもうチョット仕掛けが欲しかったという感じがしました。SFやミステリーならばもう少しブッ飛んでも良かったかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
平凡な日常風景から徐々に非現実の世界へ。意外性の連続でどんどん引き込まれました。
しかし途中で放り出されたような終わり方で、こう来るならどれだけ不可解なほうへでも持つていけるよなあ・・・と、少しアンフェアな気がしましたので、星ひとつ消しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
題名から、ああ、夜行バスに乗り込んだいろいろな人たちのそれぞれのエピソードを描いたオムニバスかなと思うがそうではない。
大阪から東京に向かう夜行バスの乗客だけを残し、それ以外の人々がこの世から消える。
設定は単純明快で良くあるSFミステリー仕立てだが、筋は無い。プロットが無い。ただ、複数の登場人物の会話が並んでいる。
それぞれの登場人物の抱える事情の一端は語られるが、それが筋には反映しない。
しかも時間の経過と筋の経過が輻輳しており、しかも語りの視点が一定しない。
アマチュアの作品と思うが、これでお金を取るのは無理だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover