通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夜消える (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古書として特に大きなイタミなし。帯なし。アマゾン専用在庫につき品切れはありません。丁寧に美化加工の上、迅速な発送を心掛けます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夜消える (文春文庫) 文庫 – 1994/3

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 79
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 572
¥ 572 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夜消える (文春文庫)
  • +
  • 日暮れ竹河岸 (文春文庫)
  • +
  • 玄鳥 (文春文庫)
総額: ¥1,669
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

酒びたりの父親が嫁入りの邪魔になると娘に泣きつかれた母親、岡場所に身を沈めた幼なじみと再会した商家の主人、五年ぶりにめぐりあった別れた夫婦、夜逃げした家族に置き去りにされた寝たきりの老婆……市井に生きる男女の哀歓と人情の機微を、鏤骨の文章でつづる珠玉の七品。表題作の他、「にがい再会」「永代橋」「踊る手」「消息」「初つばめ」「遠ざかる声」を収録。解説・駒田信二

内容(「BOOK」データベースより)

酒びたりの父親が嫁入りの邪魔になると娘に泣きつかれた母親、岡場所に身を沈めた幼馴染と再会した商家の主人、五年ぶりにめぐりあった別れた夫婦、夜逃げした家族に置き去りにされた寝たきりの老婆…。市井に生きる男女の哀歓と人情の機微を鏤骨の文章で綴る珠玉の短編集。単行本未収録の名品七篇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 235ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1994/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167192292
  • ISBN-13: 978-4167192297
  • 発売日: 1994/03
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 90,430位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
買ってしばらくは持ち歩いていました。何度読んでもいいのです。

表題にもなった「夜消える」の最後の一文。もう少し年をとってから読むと、また違った感想が出てくるかもしれないと思う本に出会うことはありますが、この部分はいつ読んでも、自分がそのとき置かれた立場で持つ感想が違います。
そして必ず泣けます。電車の中で読むと涙をこらえるのに必死です。悲しい場面ではないのになぜ泣けてくるのか、自分の感情なのに、不思議な気分になります。

そして本棚で目に付くと、また思い出したように持ち歩いています。
是非若い人たちにも時代小説の入門書として読んでいただきたい。
しかし、はじめからこんなできあがった良い短編集を読んでしまうと、他の時代小説がつまらなくなってしまうかもしれません。

私は藤沢周平氏の著作を読んで以降、他の作家の作品を買うのがバカらしくなりました。どの作品を読んでも、電車の中で涙を必死にこらえるものに出会えないからです。時代小説の作家と言えるのは藤沢周平氏と池波正太郎氏だけです。
(山本周五郎氏も同じと考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご本人が時代小説家といわれることをよしとしていなかったらしいのでここでは省かせていただきます。)

池波氏も好きですが、時折ひやりとした冷たさを感じることがあるので、心身ともに疲れているときは、藤沢作品を読みます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
男と女は駆け引きである。騙そうとする。騙されまいとする。ー「誠実」のみが最後に勝利する、などとは決して言わない。「夜消える」で最後に誠実を示した飲んだくれの父親のその後を、私は決して幸せだとは思わない。
男も女も、もともとたいしたものではないのだ。愛息子を見殺しにしてしまった「永代橋」の夫婦。ー「救い」は?あり得るかもしれない。ない、などと誰が言えるだろう。
「初つばめ」では中年女の「酔い」を見事に描く。「遠ざかる声」では新作落語を聞いているみたいだった。愛しい市井短編集。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
藤沢周平の、割合最近に近い短編集。

全体に余り肩の凝らない、ほのぼのとした藤沢周平らしい人情物ばかりです。

相変わらず、江戸の町の、市井のごく普通の人達の暮らしぶりがとってもいい。

しみじみ、ほのぼの、それがいい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 狭山湖 投稿日 2014/6/18
形式: 文庫 Amazonで購入
盲人へのボランティア活動で、藤澤周平の図書を聞きたいという人の希望に、かなったので大変良かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
おなじみ周平短編物、どらも面白く読ますが、自分は初つばめが特によかつた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告