ポイント: 29pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 6月20日 日曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日6月 19日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
夜毎に石の橋の下で がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 6月24日 - 26日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: Amazon専売品です。全ての商品はAmazonコンディションガイドラインに準じて出品を行っています。◆表・裏紙にキズ、スレ、本の上下端に痛みがございます◆ページ部分には折り目や書き込みはなく、全体的に良好な状態です。◆中古品の為 気をつけておりますが、見落としの多少の傷み・汚れ・ヤケ等はご容赦下さい。◆ 記載がない限り「帯や付録等」の付属品は無いものとご理解ください◆クリーニング後ビニール袋で保護 後発送いたします◆ご注文が13:00以降の場合「翌日発送」となります。◆「ゆうメール」での発送となります、通常発送日から3・4日の到着予定となります。多忙な月・連休に掛かる時は到着が遅れる場合がございます。◆複数購入された場合でも配送料は一点毎に加算されます。予めご了承ください◆アパート・マンション名、部屋番号のご記入をお願します(配達先が分からずご注文商品が戻ってくる事例があります)◆水曜日定休日
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

夜毎に石の橋の下で 単行本 – 2012/7/25

5つ星のうち5.0 2個の評価

価格
新品 中古品
単行本, 2012/7/25
¥2,860
¥2,860 ¥1,903
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 夜毎に石の橋の下で
  • +
  • 聖ペテロの雪
  • +
  • 第三の魔弾 (白水Uブックス)
総額: ¥7,260
ポイントの合計: 73pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ルドルフ二世の魔術都市プラハを舞台に、皇帝、ユダヤ人の豪商とその美しい妻らが繰り広げる数奇な物語。夢と現実が交錯する幻想歴史小説の傑作。

著者について

1882-1957。プラハ生まれのユダヤ系作家。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 国書刊行会 (2012/7/25)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2012/7/25
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 302ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4336055173
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4336055170
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
2 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年2月24日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 心地よい眩暈
ユーザー名: çatourne、日付: 2013年2月24日
幼少の頃サイレント映画の名作『ゴーレム』を見て以来、中世のプラハのユダヤ人地区の迷宮めいた町並みがその衒学的でミステリアスな雰囲気とともに自分のなかで原風景の一部になっていた。
カフカの『審判』でヨーゼフKが裁判に出頭するため出向いてゆく郊外のごちゃごちゃとした貧民街にも似たような面影があった。
とりわけ屋根裏部屋に忽然として出現する未確認飛行物体的な裁判所のイメージは強烈なインパクトを残した。

子供心にもいったいカフカはどこからこんな奇抜なトポロジーの着想を得たのだろうとつくづく感心したものだったが、ここでペルッツが幻想的な小話を重ねながらゲットー化したプラハのユダヤ人街の風景を実に陰影深く描き出してくる

ゴーレムの生み親と言われる神秘主義者のラビや神聖ローマ帝国の伝説的な狂王、ユダヤの神話的な大富豪に宮中の策士、天使と幽霊、錬金術師と道化、大道芸人に盗賊の一味・・・魅力的な御伽噺の人物が走馬灯の影絵のように交錯するこの連作集の舞台にも、同じ陰微で謎めいた裏通りの気配が決して晴れることのない歴史の霧のように立ち込めている。

訳者さんの後書きを読んで、ここで語られている多くのエピソードが部分的に史実に基づいていたり、中欧のユダヤ人にとっては馴染み深い伝説の数々に取材していることを知ったのだけど、古典的な怪談の体裁を取りながらも、この作者特有の人を食ったようなユーモアと神妙なアイロニーが現代的で洒脱な趣きを与えています。
所々くすくす笑いが抑えきれずに爆笑に変わってしまうような抱腹絶倒の瞬間があると思えば、夜毎の夢を通して結ばれながらも決して白昼のもとでは成就されることのない皇帝とユダヤ商人の妻の間の悲恋のように色艶があるだまし絵めいた小話にも事欠かない。

『サラゴサの手稿』のファンは迷わず読むべきでしょう。

各章が切りのいい長さで、すっきりとした小粋な落ちとともに終わっているので、気張ることなく各人のペースで読み進めることができるのもいい。

それでいて、それぞれの独立したエピソードが思わぬ場所で連環しているので、大伽藍の全景を確認したり、細部の意匠の微妙を味わいなおすために、一読だけでは飽き足らず、何度も戻って行きたくなるような阿片窟の魅力に富んでいます。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告