通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夜毎に石の橋の下で がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【30日間返品保証、メールには24時間以内に対応】表面が多少汚れているものの中身は書き込みもなくきれいです。商品は発送から2~3日後に郵便ポスト投函となります。店舗併売はしておらず、Amazon専売のため売切れはありません。商品の中身は事前に確認しておりますが、もし商品コンディションに違いがある場合はメールにてご連絡下さい。商品到着後30日間返品保証しておりますのでお気に召さない場合は返品対応させて頂きます。お問い合わせについては羽柴堂までお気軽にご連絡下さい。24時間以内に対応させて頂きます。何卒宜しくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

夜毎に石の橋の下で 単行本 – 2012/7/25

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/7/25
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 2,296

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夜毎に石の橋の下で
  • +
  • レオナルドのユダ (エディションq)
  • +
  • 第三の魔弾 (白水Uブックス)
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 80pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ルドルフ二世の魔術都市プラハを舞台に、皇帝、ユダヤ人の豪商とその美しい妻らが繰り広げる数奇な物語。夢と現実が交錯する幻想歴史小説の傑作。

著者について

1882-1957。プラハ生まれのユダヤ系作家。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 302ページ
  • 出版社: 国書刊行会 (2012/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4336055173
  • ISBN-13: 978-4336055170
  • 発売日: 2012/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 566,770位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

幼少の頃サイレント映画の名作『ゴーレム』を見て以来、中世のプラハのユダヤ人地区の迷宮めいた町並みがその衒学的でミステリアスな雰囲気とともに自分のなかで原風景の一部になっていた。
カフカの『審判』でヨーゼフKが裁判に出頭するため出向いてゆく郊外のごちゃごちゃとした貧民街にも似たような面影があった。
とりわけ屋根裏部屋に忽然として出現する未確認飛行物体的な裁判所のイメージは強烈なインパクトを残した。

子供心にもいったいカフカはどこからこんな奇抜なトポロジーの着想を得たのだろうとつくづく感心したものだったが、ここでペルッツが幻想的な小話を重ねながらゲットー化したプラハのユダヤ人街の風景を実に陰影深く描き出してくる

ゴーレムの生み親と言われる神秘主義者のラビや神聖ローマ帝国の伝説的な狂王、ユダヤの神話的な大富豪に宮中の策士、天使と幽霊、錬金術師と道化、大道芸人に盗賊の一味・・・魅力的な御伽噺の人物が走馬灯の影絵のように交錯するこの連作集の舞台にも、同じ陰微で謎めいた裏通りの気配が決して晴れることのない歴史の霧のように立ち込めている。

訳者さんの後書きを読んで、ここで語られている多くのエピソードが部分的に史実に基づいていたり、中欧のユダヤ人にとっては馴染み深い伝説の数々に取材していることを知ったのだけど、古
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告