通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夜明けのパトロール (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夜明けのパトロール (角川文庫) 文庫 – 2011/7/23

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他(8)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー, ラフカット
"もう一度試してください。"
¥ 5,357 ¥ 1,715
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 56
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 4,332 ¥ 1,299

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夜明けのパトロール (角川文庫)
  • +
  • 紳士の黙約 (角川文庫)
  • +
  • フランキー・マシーンの冬 上 (角川文庫)
総額: ¥2,858
ポイントの合計: 87pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

サンディエゴの探偵ブーン・ダニエルズ。仕事よりも仲間との夜明けのサーフィンをこよなく愛する彼だが、裁判での証言を前に失踪したストリッパーを捜すことに。しかし彼女は死体で発見され、ブーンにも危険が迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

カリフォルニア州最南端、サンディエゴのパシフィックビーチ。探偵ブーン・ダニエルズは、夜明けのサーフィンをこよなく愛する。まわりには波乗り仲間“ドーン・パトロール”5人の面々。20年ぶりの大波の到来にビーチの興奮が高まる中、新顔の美人弁護士補がブーンのもとを訪れた―仕事の依頼。短時間で解決するはずの行方不明者の捜索は困難を極め、ブーンの中の過去の亡霊を呼び覚ます。ウィンズロウの新シリーズ第1弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 536ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4042823084
  • ISBN-13: 978-4042823087
  • 発売日: 2011/7/23
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 147,442位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
300ページ過ぎまでは、心地よいユーモア交じりの語り口でサンディエゴ近辺のサーフィン仲間の”友情と愛””過去と現在”が展開、
そこに軽く街の顔役絡みの殺人事件が起こる、みたいな展開。それもあくまでも、サーフィンの付け足しに、と言った感じ。
其処かしこに、サーフィンの歴史、サンディエゴの街の成り立ち、日系人の奮闘と、本筋とはチョッと離れた<うん蓄話>が織り込まれ、
かってカリフォルニアに在住した事のある私にとっても懐かしい地名が続々と登場し『犬の力』『フランキーマシーン』とは<ちょっと毛色が違う>、
<けど、それはそれですごく面白い>とページをめくらせられ続けたのだが....
300ページを過ぎた辺りから、様相は一変、深く暗い竪穴にたたきつけられるが如く、”軽い”はずの本筋が、まさしく”ノアール"
に向って加速してゆく。そのギアの切り替えが実に心地よく、こうなると、何処で読むのを小休止していいのか...最後はいつも通り
<鮮やか>で締めくくられる。『犬の力』でメキシコ麻薬に怒った作者は、ここでもメキシコの貧しさに怒る。
この辺りの概要は、<訳者あとがき>が実に上手く、”後書いてある”ので繰り返す必要はないでしょう。
読後感は、いわずと知れた70年代の名作映画「ビッグ・ウ
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Probably the best described big wave riding scene ever written.
Definitely, the author knows about surfing. Probably he himself is a real surfer. He knows about surfing culture, surf society and the philosophy of surfing. He also knows about surf community of San Dog.
Some characters in the story are based on real human beings existing in real surf communities of San Dog and Hawaii.
Red Eddie could be based on Eddie Rothman(aka First Eddie) of Da Hui. If you wanna see real First Eddie, you can check YouTube.
The author knows a lot of real surf lingo too.
A bad ass surfing novel.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ドン・ウィンズローは面白い。「ストリートキッズ」、「犬の力」、「フランキー・マシンの冬」が個人的に今までの傑作ベスト3だが、今回の作品はそれに続くものだと思う。他のレビュアーの方がもっと作品について語ると思うので、読後感で申し訳ないのだが少し綴りたい。
この作品というより、ドン・ウィンズローの作品は人間の業というものが関係してくる。悪い事をするやつらも、善人も何かにこだわり、捨てられぬ何かを持っている。それは人間のみの宿命だ。この作品の中で出てきた一文だが、「すべてのこだわりを捨てれば悩みが無くなる」。家族、友人、お金、趣味などなどなど、捨てられないものばかり。悪人も善人も捨てられない何かを持つ。
でも、そこに焦点をあて、人間を描くのがドン・ウィンズローだ。そのこだわりを描くことで人間像を燻り出す。そこには共感があったり、反感があったり、理解不能であったりするのだが、理解した時に深い共感を生む。
私はドン・ウィンズローの作品を読むと、いつも自分の人生を考えてしまう。今回の作品を呼んで、熱中できることは何か? 人生で大事なものは何か? と考えてしまった。そんな問いかけをさせる力を持っている作品だ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ウィンズロウは新刊が出ると何も考えず、まず買ってしまう私にとっては数少ない作家の一人です。書店で二冊並んでいたので、上下巻だと思い危うく二冊買いそうになってしまいました(汗) そのためタイトルの意味も考えずに読み始めました。本書の原題は“The Dawn Patrol ”サーファー用語で1日の始め、まだ誰もいない早朝に海へ出て曙に照らされたまっさらな波に乗る。平たくいえば“朝一サーフィン”ですが、主人公とその仲間は “ドーン・パトロール” に集い、その後それぞれの仕事に出かけて行きます。主人公は私立探偵ブーン・ダニエルズですが、タイトルが示すようにドーン・パトロールのメンバーがそれぞれ抱える心の闇が丁寧に描かれ、群像劇になっています。終盤の細かい章立てはスピード感を際立たせ、ドキドキさせられます。

本書の舞台はカリフォルニア州最南端、サンディエゴ。南カリフォルニアといえば 麗しい人々の集う「明るく健全な観光地」というのが一般的なイメージですが、ウィンズロウはそのような南カリフォルニアを描くつもりはさらさらなかったようです。人種のるつぼと化したその地域では、メキシコからの不法入国者、観光化に押し出されつつある日系移民、ハワイ系マフィアなど、他人とも自分とも葛藤せざるを得ない人々が生々しく描かれています。

その中でドーン・パトロールの複雑で苦
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー