中古品
¥ 925
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

夜城 単行本 – 2011/10/21

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2011/10/21
"もう一度試してください。"
¥ 2,808 ¥ 925
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『世界ノ夜景』『日本の夜景』等で、人気の夜景兄弟が贈る、最新作!
国宝4城を含む、現存天守12城網羅、全45城、夜の城=夜城(やじょう)の写真集です。
ライトアップも消えた暗い夜空に、浮かびあがる城の偉容。
ページを捲るだけで、歴史の闇にタイムスリップするかのような感覚を味わえる写真集です。
著者ツイッターを始め、メディア発信も積極的に行っていきます。

出版社からのコメント

編集作業中から、写真を見たひとは必ず、
「へ~、すごい写真だね」「ステキ!」と、
コメントせずにはいられない。
ほんと、惹きこまれるような
魅力ある写真ばかりです。
ちなみに、夜城は、「やじょう」と読みます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: 世界文化社 (2011/10/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4418112324
  • ISBN-13: 978-4418112326
  • 発売日: 2011/10/21
  • 梱包サイズ: 23.9 x 21.6 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 703,392位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

発売前からそのタイトルとともに気になっていました。
私はかなりの城好きなので今までたくさんの城の写真は見てきたつもりですが、ライトアップの消えた本当の夜の城はほとんど見たことがありません。
もともと『城好き』として城のライトアップに違和感を持っていました。今回この写真集を見て自分の感覚は間違っていなかったと思えました。
ライトアップなしで本当に美しいのです!
表紙のように、これは絵じゃないの!?というような写真も。
ライトアップ後という制約から朝がたと思われる写真もあります。城のライトアップこそありませんが、近くの街灯や街の明かり等でほんのり照らされています。(当然ですが)
人工の強いライトではないので写真集全体がやさしい雰囲気に仕上がっています。見ていると心地よく、いい意味で眠くなってくるくらいです。

写真集ですのでどの城も大きく迫力があり、一つの城につき1〜2枚、有名な城は3〜6枚(その分小さい写真)収録されています。城に関する説明はちょこちょこっと。無いと思ったほうがいいくらいですが、『写真集』ですのでむしろ◎
当然人は全く写っていません。これも◎
8割方天守を写したものですが、ここの写真できたか〜、というのも一部あり◎

写真集なのでちょっと高めですが、みなさんが見たことも無い写真ばかりであることは保証できます。
また夜に訪れてみたくなりました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2011/11/7
城の本は既に世の中にたくさんあるが、これは城の夜景だけを集めたもの。
縄張りの構造というような歴史的あるいは軍事的な視点から楽しむものではない。
純粋に建築物としての城の容姿をとらえたものだ。

実に美しい。
怪しいくらい神秘的。
ライトを反射する雪の中に建つ天守閣。
夜の水面に影のように浮かぶ石垣。
街の夜景を静かに見守るシルエット。
引きこまれる。さらに日本が好きになりそうだ。
この国の代表的な伝統構造物としての城の毅然とした美学を、
夜という時間帯の特性から引き出した素敵な写真集だと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
夜景シリーズのお城バージョン登場!
夜空に浮かぶお城の表情がとても幻想的。
お城の違った一面を垣間みる事が出来る逸品本だ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/12/18
夜城の情景を写真にするという試みをほとんど知りませんので、この『夜城』という写真集も日本で最初の出版だと思います。
丸々もとお氏は夜景評論家で、フォトグラファーの丸田あつし氏とは兄弟で、過去に多くの夜景の写真集を世に問うてきました。

城ごとに別名、所在地、築城年、築城者、歴代城主、遺稿などが記してあり、巻末の夜城索引では、それぞれの撮影日と時間帯、撮影場所やアドバイス、アクセスが記してありますので、実際に写真に収める際の参考になります。貴重なデータでしょう。

城の夜景ってこんなにも幻想的で神秘的だったのですね。普段まず目にすることのない情景ですので、こんなに美しい夜の顔を持っていたのだということを教えてもらった気がします。地元の人でも知らない夜城の魅力がここには存在しているようでした。

少し以前に訪れた熊本城は16ページから4ページを使用してその雄大な姿を映し出していますが、昼のイメージよりももっと威厳があり勇壮な感じが伝わってきます。
40ページの高知城もそうで、「まるで何かの映像が投射されたかのような模様が浮かび、想像力が駆け巡る」というコメントの通りの景観が広がっていました。

大坂城は6ページを使用して様々な角度からその夜の表情を見せてくれました。ライトアップの消灯後で
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告