中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夜回り先生 単行本 – 2004/2/1

5つ星のうち 4.7 112件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 514 ¥ 23
単行本, 2004/2/1
¥ 1,512 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

悩んだら電話しなさい。水谷は、どこでも会いにいくよ。

不登校、ひきこもり、リストカット、薬物乱用…
12年間夜の街を回り、5000人の生徒と向き合った
「夜回り先生」が激動の半生を振り返る。

なぜ夜の街の子どもたちが、水谷先生にだけは「心をひらく」のか、
その答えがこの一冊におさめられている。

内容(「BOOK」データベースより)

不登校、ひきこもり、リストカット、薬物乱用…12年間夜の街を回り、5000人の生徒と向き合った「夜回り先生」が激動の半生を振り返る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 218ページ
  • 出版社: サンクチュアリ出版 (2004/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4921132542
  • ISBN-13: 978-4921132545
  • 発売日: 2004/2/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 112件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 471,299位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
薄汚れた都会の夜の世界、それは子どもたちを食い物にして生き延びようとする大人たちが作り出した虚構です。薬物を求めてそんな世界に走ってしまう子どもたちには何の罪もありません。非行に走ったり自らの命を絶ってしまった子どもには必ずその理由があります。

淡々と書かれた記録だけに、より一層の重みを感じてしまいます。先生は決してきれいごとだけで済まそうとしていません。水谷先生自身も夜回りを始めた最初、薬物に対する専門的知識がなかったがために、関わった子どもを死に追いやった自らの罪について告白されています。
おそらくその十字架を一生背負って歩いていく覚悟をされたからこそ、自らの命がある限り、自らの命を削りながらでも一人でも多くの子どもたちのそばにこれからも付き添って行かれるんでしょう。

子どもは社会の宝であり、親の所有物ではありません。先生のような大きな志や行動力のない私にできることは一つ・・・ほめてほめてほめまくって、せめて自分の子どもにだけでも自身の存在の大きさに気づいてもらうことです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
たまたま恵まれた環境に生まれ育ち、
なんとなく生きている人はこの本を読むべきだと思う。
私はたまたま、
戦争のない1985年の日本という国で生まれ
そこそこ収入のある安定した家庭に生まれ
そこそこの進学校に合格し
いい友達に囲まれて
でもなんとなく不満でいた。
そして勉強をサボって、大学入試に落ち、
浪人しても、それでも毎日なんとなく生きてきた。
でも、たまたま、この本に出会えた。それから・・・
泣いた、というより、嗚咽が出た。
自分のいる状況がどんなに恵まれているかを知らずに、
その恩恵を食いつぶして生きていることが最悪の罪に思えた。
台風や、新潟地震、香田さんの死。それを横目に家でダラダラしていた。
なんてことをしてたんだろう、と思った。
生まれてくる環境は選べない。
でも、恵まれなかった側の人間は、その中で精一杯生きなきゃいけない。
だから、恵まれた側の人間も、その中で精一杯生きなきゃいけない。
そう、素直に思える本でした。
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TOORU 投稿日 2015/6/21
形式: 単行本
この本は水谷修氏と様々な青少年達の絆を描いたノンフィクションです。
特に彼の「いいんだよ」が一番心に残りました。
このような心の優しい人間が日本にどれくらいいるのでしょうか。
水谷氏は素晴らしい人だと思っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
水谷さんの行っている行為(愛情を十分に注がれなかった子供たちのたちのことを思い、いつでも相談にのろうとする行為)は正しいのか、そうでないのかはその人が判断することです。
しかし、水谷さんの行動によって救われて、がんばって生きていこうと決意した人がたくさんいることは事実です。
私は水谷さんの行為を尊敬しています。
12年もの間、体を張って子供たちの事を考えて生きている水谷さんのことを、背負っているものが違う、自分には絶対真似できないと思いました。
子供の頃、自分の殻に閉じこもっていた人、人とうまく付き合うことが出来なかった人、日々生きているのが辛いと思っていた人、子供のことを少しでも考えようと思っている人に、ぜひこの本お勧めします。
子供たちの気持ちがわかります。
内容はものの30分程度で読めるものです。
ややドラマ仕立てになっていて、胡散臭い、かっこつけているなどと
思われる方がいるかもしれません。しかし、私がテレビで水谷さんの講演を聞いた限りでは、12年間もの間さまざまな人達に思いを伝えようとして洗練されたものだから、半ばドラマ仕立てになっているように思います。
読んで、絶対に損はないと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本にこういう先生がいることがとても嬉しいです。

苦しんでいる子供たちを、

心の底から救ってあげたいという気持ちがひしひし伝わってきます。

暴力団から子供を救うために自分の指を犠牲にしたりもされてます。

先生の過去の話もあって、そんな過去だからこそ

子供達の苦しみがわかってあげられるのかなと思います。

先生でも救ってあげられなかった話まで正直に書かれています。

この本、正直読んでて辛くなってきます。

あまりにも過酷で残酷な生き方をしている子供達ばかりで、

心が痛くなってきます。そして、その原因はほぼ「親」なんです。

苦しんでいる親にも子にも読んでほしいです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー