夜叉【Blu-ray】 がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,473
3pt
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

夜叉【Blu-ray】

5つ星のうち 4.2 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,150 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 3,926より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で夜叉を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 夜叉【Blu-ray】
  • +
  • 駅 STATION【Blu-ray】
総額: ¥7,607
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 高倉健, 田中裕子, 田中邦衛, 大滝秀治, 寺田農
  • 監督: 降旗康男
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2012/08/22
  • 時間: 127 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00898WK30
  • EAN: 4988104073358
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 87,652位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

205本目の出演作『あなたへ』8月25日(土)公開!

高倉健主演作が、遂にブルーレイ化! !

特典:劇場予告/スチールコレクション(静止画)

やさしさを・・・危険な香りにそめて 男はひとり 人生はふたつ-あの人の心には夜叉が生きている! 高倉健、男の美学が甦る!

15年前、大阪ミナミのヤクザだった修治は今は日本海に面した小さな港町で漁師として暮らしていた。ある日、ミナミから螢子という女がこの町にやってきて居酒屋をはじめ、店は漁師仲間でにぎわっていた。その頃、矢島というヤクザが螢子を追って町に姿を現わす。矢島は覚醒剤の常習者で、いつの間にか漁師たちを巻き込んでゆく。それを止めようとした修治は、螢子と共に抗争にひき込まれていった。そして、背中の「夜叉」が怒りを爆発させる日がやってきた…。br>
127分/カラー/1層(25G)/ビスタサイズ/音声:リニアPCMモノラル(オリジナル)/字幕1日本語/ ©1985 TOHO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

高倉健、降旗康男コンビによる名作。小さな漁港で漁師として働く修治は、大阪・ミナミでのヤクザ暮らしから足を洗い静かな生活を送っていた。ある日、ミナミから螢子という子連れの女が流れて来て…。共演はビートたけしほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
 少ないせりふの間に情感豊かな時間というか空間が感じられる映画です。同じく高倉健さん主演の「駅」と底流で繋がっているものを感じます。いずれもいしだあゆみが共演していますが、夜叉では田中裕子と高倉健のかけあいの方がインパクトが強く、特に後半の居酒屋のシーンでは、静かな時間の流れを二人が重層的な演技でさりげなく埋めてます。久しぶりに邦画もいいな、と見直しました。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
元ヤクザの漁師。北海道の海と雪景色、哀愁タップリの音楽、芸達者な共演者。お膳立ては完璧。ザ・高倉健ムービーです。「駅・station」と双璧をなす、降旗&健さんコンビの傑作。永遠の舎弟、小林稔侍もイイ味出しています。
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 健さん演じる修治は、15年前までは大阪のミナミで鳴らしたヤクザ。その男気で皆を魅了していた。しかし今は足を洗い、妻と3人の子供を養うために日本海の海で漁師になっている。
 
 そこにミナミから小料理屋の美人おかみ・蛍子(田中裕子)が流れてくる。修治に、昔を思い出させ、穏やかだった生活にひと波乱。

 健さんの演技が絶品。家族のために漁師としての暮らしを続けていかなければならない修治。平穏な暮らしに不満はないが、このまま海辺の漁師町で歳をとってしまっていいのかという疑問も抱かないわけではない。

 一方で家族に対する責任。他方で、華やかな生活や自分を練磨していきたいという希望。多くの中年男性にとって、ある意味、この二つの相克は普遍的なテーマ。その中で揺れ動く男の生き方を健さんが示してくれている。

 ラストシーンで、「青春は素晴らしいと思いました」という都会に出た隣家の若者の手紙を読みつつ、海をみつめ、サングラスをかける健さんの表情には、万感がこもっている。

 つけくわえれば、音楽も絶品。ジャズが一つ一つのシーンによく合っている。上記のラストシーンにかぶさってくる曲も、すばらしい。
 サントラは廃盤で手に入りにくいようだが、ぜひ再盤、またはネット配信で買えるようにしてほしい。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 テラ 投稿日 2010/4/24
形式: DVD Amazonで購入
健さんの映画の中では秀逸。
この映画で 健さんを好きになり、田中裕子に惚れてしまい、
トゥーツシールマンを知ってジャズを聴き始めた。
そして、男にも女にも夜叉が居ることを知りました。
ガキだった僕は おやじになり、今、熱く生きているか?
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 この映画の中の健さんは、威力満載ですね。無口な健さんが、言葉を超えて男を語っているような気がします。
 背中の刺青と日本刀を振る姿。往年の健さんの物語があります。無口ながら女性が後を追っていく光景。その後の健さんの生き方が語られているようです。
 物語に迫力があります。それも、健さんを中心に、田中裕子さんといしだあゆみさんの間の心の葛藤が、痛いほど伝わってきます。若き日の北野たけしのあどけないながら、身に迫る表情がいいですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
日航123便の事故があり、阪神タイガースが優勝した1985年の作品です。

夜叉は鬼であるとともに仏の守護者でもあるという二面性をもちます。

男は武闘派やくざであった過去を隠蔽して、今は漁師として生活しています。
鬼であった過去の部分を葬り去って幸せな家庭人になったつもりでありましたが、葬ったのではなくて、隠蔽していただけであったのです。しかし、自らの本性の一面である鬼の部分が、ある女性の登場であらわになります。善人になったつもりでしたが、所詮は悪人であるとあきらめて、極道の世界に再び身を投じる、こんな物語です。

高倉健の演技はいつものように抑えた感じで、この二面性の境界を明確に表現しません。しかしかえって逆にそこがリアリティーを感じさせます。ところが、「善人」いしだあゆみと「悪人」田中裕子は善悪のコントラストが大変はっきりしています。こういう2人を同時に愛せるということが男に常に内在している夜叉であると思います。男は女のために仏にもなれるし鬼にもなれる、その凄さを高倉健はよくあらわせていると思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
主人公・修治を他の俳優が演じれば、かなりいい加減で独りよがりなナル(シ)シストに見えるだろう。ところが、高倉健が演じれば、違うんですよね。

俳優が長いキャリアの中で形造ってきたキャラクターって、やはり非常に大きな要素だと実感する。ストイックに耐える男を演じれば、健さんの右に出る俳優はあり得ない。そのキャラクターに頼りすぎの作品でも、健さんがいれば映画として成立してしまう。

こんな意味で1本の映画を支えられる男優は、もう健さんと渡哲也しかいないのではないか?

タイトル前の斬り合いのシーン。かつての任侠映画ファンにはまさにたまらない。「いよっ!健さん!待ってました!」池袋文芸座で見た「網走番外地」5本のオールナイト上映を思い出す。後ろ向きのレビュー(にもなっていないが)で大変失礼しました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック