中古品
¥ 375
+ ¥ 340 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好。付属品につきましては、特に記載の無いものは付属しません。稀に書き込み、傷み等がある場合がございますのでご了承下さい。過度に状態を気にされる方および中古品に神経質な方はご注文をお控え頂けますようお願い致します。ご注文お待ちしております。Y9
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夜半の綺羅星 単行本 – 2005/3

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 332
文庫
¥ 20,825 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

老舗の紙問屋の跡取りとして生まれた達造。しかし、祖父、父が相次いで病死。婿に入った継父とは不和。弟妹が生まれ、居場所を失う。子守奉公のおたえとの交流だけが、心の支え。だが、やはり家に居づらく出奔。庶民からは「犬」と疎まれる目明しの下っ引きになるが、持って生まれた真摯さはなくしていない。事件が起こる。仲間の下っ引きが殺されたのだ。犯人を追ううち、実家が火付け盗賊に遭い、一家は惨殺、家は焼失の憂き目に。女中のおたえだけが生き残る。非運にもめげず、闇に潜む悪を追う達造だが…。 裏長屋の住民たちの人情や、下層に生きる仲間たちとの交流を通して、大きく成長していく一人の男の半生を描く、感動の時代小説。前作『しずり雪』の続編とも言える物語。 他、短編「福良雀」を収録。

出版社からのコメント

男の生きざまを江戸情緒豊かに描く感動物語

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093875588
  • ISBN-13: 978-4093875585
  • 発売日: 2005/03
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 722,948位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



4件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件中1 - 4件目のレビューを表示

2010年11月6日
形式: 単行本Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年2月5日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年11月3日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年4月13日
形式: 単行本
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告