通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレや小キズがあり、背表紙上部にスレ、背表紙下部に1.5センチ径の破れがあります。ほかは若干の日焼けや、やや使用感はありますが、中古品として概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております(書き込み・マーカーの無い状態)が、中古品の為若干の使用感や傷みがある場合がございます。万が一品質に不備があった場合には返金対応。付録品、付属品につきましては明記のないものは原則として付属いたしません。保管中のヤケを防ぐためOPP包装して保管しておりますので商品の事前のお問い合わせについてはお答えしておりません。消毒後に防水シートまたは保護シートに包んだ後、梱包して発送いたします。この商品は(神代本舗発送代行)により年中無休で毎日発送されます。神代本舗が発送する商品は地域の障害者活動支援センターで1点ずつ丁寧に梱包して発送いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) 文庫 – 2008/12/25

5つ星のうち 4.0 384件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 73
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 600 ¥ 153

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
  • +
  • 四畳半神話大系 (角川文庫)
  • +
  • 究極の男磨き道 ナンパ
総額: ¥3,067
ポイントの合計: 43pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、京都のいたるところで彼女の姿を追い求めた。二人を待ち受ける珍事件の数々、そして運命の大転回とは? 山本周五郎賞受賞、本屋大賞2位の傑作、待望の文庫化!

内容(「BOOK」データベースより)

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2008/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043878028
  • ISBN-13: 978-4043878024
  • 発売日: 2008/12/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 384件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 206位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
電車で読みながら笑ってる自分のことすら自覚できないので外出先での読書には要注意です。
四季を通して李白氏を元凶としたとことん現実ではあり得ないドタバタギャグ連発ですがきちんとオチもあり素敵な本です。
むしろここまで現実離れした方が潔いかもです。たまにはこういうトンでもない、和風不思議の国のアリスみたいな本もいいと思います。
あと漫画を好んで読む人にも読みやすいかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2017/4/26
形式: 文庫 Amazonで購入
なかなか現実離れしてます。
本の中で恋愛をしたかったので
多少不満足な部分もあります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yt 投稿日 2016/9/20
形式: Kindle版 Amazonで購入
独特な言い回しも多く非常に引き込まれる本でした。
読んでいるうちに私も黒髪の彼女に恋してしまい、彼女の登場を常に心待ちしてしまう。そんな本でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mumin 投稿日 2016/12/19
形式: Kindle版 Amazonで購入
現か幻かわからない中に、若い人が第一歩を 踏む様をどきどきしながら読みました。登場 人物は現実味がないのに、すぐそこに手に取 るようにいてくれるような、不思議な感覚で した。面白かった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しん トップ500レビュアー 投稿日 2015/12/20
形式: Kindle版 Amazonで購入
ファンタジーだったのですね。
確かに、表紙の挿絵通りの印象の乙女の話。
論理的におかしい、などという感想を持ってはいけない作品です。
10代や30代前半までに読めばまた感想は異なったのかも知れません。
ただ、好きな人は好きなんだろうな、という文体ですし、サンプルを読んでみるのが一番良いと思います。
後半面白くなる、とうことでもないんので、サンプルで違和感を感じる方はやめたほうがいいです。
最初から気になる、と思った方は是非読み進めてください。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
題名に一目惚れして購入、題名に恥じない素晴らしい作品だった。
主人公目線で進行するストーリーであり、第三者による語りとなってはいないので、主人公に自分を自己投影して読むのが好きな人には強くお勧めできる一冊だと思う。是非買ってみてほしい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
単行本も読んだけど誰かにあげちゃったので文庫版も買ってみた。

独特の言い回しで、京都の街並が思い起こされるほのぼのストーリーです。
普通の感覚で言えばとっても変わり者の「黒髪の乙女」が京都の街で大暴れするストーリーなんだけど、とてもほのぼのした心洗われるストーリーです。でも独特の言い回しに好き嫌いがあるかもねー。

■読んで欲しい人
・京都に住んでいるか住んでいた人
・京大の出身または学生の人
・ほのぼのしたい人
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
星野源さんがアニメで声優をやるとのことで気になっていた小説をふと書店で見つけたので手に取ってみました。

本書は、1つの世界を二人の視点から交互に描写されています。
先輩と、後輩である黒髪の少女が同じような場面に出くわした時の考え方・とらえ方が対局過ぎて面白いです。
先輩の卑屈さがいいアクセントとなり、後輩の女の子の心のピュアさ、かわいさがただただ引き立ちます。

物語の舞台は京都です。
木屋町・先斗町・下鴨神社など京都の京都たるところが舞台になっています。
1~4章まで春夏秋冬と一周します。夏の下鴨神社での古本市、秋の京大の学祭、など季節感が感じられるストーリーです。2人と共に京都の町中を旅している感覚を味わえる小説だと思います。

森見登美彦さんの小説を初めて読みましたが、非常に面白かったので追加で3冊、登美彦さんシリーズを購入しました。
小説の良し悪しはは、その世界にどこまで溺れられるか、だと思っているので、そういう意味でしっかり楽しめる作品でした。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
登場人物に共感できる要素が一つもなく、読み進めるのが苦しかったです。
文体も非常に独特でした。
それが個性なのは理解出来ましたが、私はくどいと感じました。現代的な文章が好きな方には絶対にお勧めしません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
いろんな方におすすめできる本です アルジャーノンに花束をと同様に友達にすすめさせていただきました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー