Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 560

¥ 45の割引 (7%)

ポイント : 156pt (27%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森見 登美彦]の夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
Kindle App Ad

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.1 373件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 560
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 600 ¥ 114

商品の説明

内容紹介

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作!

内容(「BOOK」データベースより)

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 802 KB
  • 紙の本の長さ: 320 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2009/5/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0093GEBJS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 373件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 182位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
星野源さんがアニメで声優をやるとのことで気になっていた小説をふと書店で見つけたので手に取ってみました。

本書は、1つの世界を二人の視点から交互に描写されています。
先輩と、後輩である黒髪の少女が同じような場面に出くわした時の考え方・とらえ方が対局過ぎて面白いです。
先輩の卑屈さがいいアクセントとなり、後輩の女の子の心のピュアさ、かわいさがただただ引き立ちます。

物語の舞台は京都です。
木屋町・先斗町・下鴨神社など京都の京都たるところが舞台になっています。
1~4章まで春夏秋冬と一周します。夏の下鴨神社での古本市、秋の京大の学祭、など季節感が感じられるストーリーです。2人と共に京都の町中を旅している感覚を味わえる小説だと思います。

森見登美彦さんの小説を初めて読みましたが、非常に面白かったので追加で3冊、登美彦さんシリーズを購入しました。
小説の良し悪しはは、その世界にどこまで溺れられるか、だと思っているので、そういう意味でしっかり楽しめる作品でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/9/26
形式: 文庫
単行本は2006年11月リリース、文庫化は2008年12月25日。本作で山本周五郎賞、本屋大賞第2位(ちなみにこの年の第1位は佐藤多佳子の『一瞬の風になれ』)を受賞している。山本周五郎賞を獲る作品が本屋大賞で第2位なのが面白い。

読み出すともうすぐに『森見ワールド』に没入してしまう。巻末の羽海野チカ氏のイラストのように、イメージが跳梁跋扈して、転がり廻り渦を巻く。それはマジックリアリズムというより、京都という希有なポジションの上に、コトバとシーンを貼り付けていくステキなモノ、という感じだ。おともだちパンチ→偽電気ブラン→詭弁踊り→赤玉ポートワイン→二足歩行→ダルマ・・・と枚挙にいとまがない。もう、読んだ者しか分からない、お腹の底が暖かくなる迷宮である。

そして思うのはここには男子特有の『気持ち』というのが圧倒的に顕在化しているなぁ、ということ。きっと森見ワールドを完璧に『分かる』のは男子だけだと思うのだ。諸君、異論があるか!?あればことごとく却下だ!!
コメント 139人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1章目を乗り越えれる事ができればなんですが、2,3章目を読んでる時にじわじわ1章目の面白さが沸き起こってくる感じ。
世界観に入り込むのは少々難しいですが、入り込めるとこんなに面白いの本はありません!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 wantaro 投稿日 2009/11/21
形式: 文庫
2007年度本屋大賞の2位だったので、期待して読み始めました。
しかし、独特の文体に馴染めず、奇想天外さにも馴染めず、
ここを我慢して読めば面白くなるはずと思いつつ、1/3位読んだところで挫折しました。
やはり、好き嫌いの分かれる作家さんだと思いました。
コメント 142人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mmm 投稿日 2010/3/7
形式: 単行本
評価は高い様ですが、うまくこの本の世界に入れませんでした。
人によって極端に評価が分かれるのかもしれません。 残念ながら最後まで読む事が出来ませんでした。
他の方のレビューにもありますが、合わないと読みすすめるのも辛いです。
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とらとら 投稿日 2007/10/23
形式: 単行本
話題の本なので手に取り読み進めましたが、私には向いてなかったようです。
残念ながら途中で読むのをやめました。
以前作者の他の本も読んだのですが、やはりそちらも途中棄権です・・・
向き不向きってあるんですね。
私には読みすすめるのも辛いほど全く面白みのない本でした。
でも、面白いという人が多いので私の意見は少数派の意見になりますね・・・
コメント 113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoshioki6 投稿日 2017/3/6
形式: 文庫
失礼な話ですが、ずいぶん前に買って積ん読になったままであったのを、映像化されると知って手に取りました。
1日も早く読まなければいけなかったと悔やまれてなりません。
ただ、自分に京都についての造詣がもっとあれば、地名であったり建物の名であったりの現実的な要素と、ファンタジー的な要素との対比を、深く鮮やかに想起できたはずで、すこし勿体ないような気もしました。
それと、「韋駄天こたつ」、学園祭、古本屋の奥に入り組む迷路、「樋口さん」等が、「うる星やつら」の「ビューティフル・ドリーマー」であったり、「李白さん」の三階建の乗り物の現れ方は、つげ義春さんの「ねじ式」の機関車であったりの変奏のような印象を受けたのですが、そういった方面にさほど知識があるわけでなく、森見登美彦さんの作品を読むのも初めてですし、オマージュ的な楽しみ方をするべきなのか、ところどころで戸惑いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover