通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夜の国のクーパー がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夜の国のクーパー 単行本 – 2012/5/30

5つ星のうち 3.6 61件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夜の国のクーパー
  • +
  • 残り全部バケーション
  • +
  • 首折り男のための協奏曲
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 146pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわからない。人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない――。これは猫と戦争と、そして何より、世界の理のおはなし。どこか不思議になつかしいような/誰も一度も読んだことのない、破格の小説をお届けします。ジャンル分け不要不可、渾身の傑作。伊坂幸太郎が放つ、10作目の書き下ろし長編。

内容(「BOOK」データベースより)

猫と戦争と、そして世界の秘密のおはなし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 404ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2012/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488024947
  • ISBN-13: 978-4488024949
  • 発売日: 2012/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 284,366位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
いい、すごくいいです。
実は、途中まで、ちょっと読み進みにくさを感じていたのですが(物語の上での状況の困難さに読み進めたい気持ちと読み止めたい気持ちが葛藤してしまって……。決して文章や内容が悪いわけではないです。)、ラスト100 ページの間に目を見開くようなことがダンダンダンッと起こって(明らかにされて)、最後はすっきりと言うか感動というか、ちょっと泣けてしまうほどでした。
役に立たないレビューですみません。でもすごく良かったです。お薦めです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
伊坂さんの小説はずっと追ってきたので本屋で見つけて衝動買いしてしまいました。

ファンタジーということもあって印象は「オーデュボンの祈り」に近く、読んでいて
原点回帰したか、と言う感じでした。故に著者の感情、思想の変化、そして、
それに対する変わらない想い、批判、ユーモアなどが比較しやすく、ここまで読んできて
とても感慨深い思いでいっぱいになりました。

個人的に最近の伊坂さんの作品は、物語の雰囲気やテンポが過去の付け焼刃だったり、
話が会話や言葉遊びに収斂しすぎて軽すぎるな、という感じを持っていたので新しい
クーパーの世界に引き込まれました。

戦争、政治などに対する批判や暴力、強姦に対する疑問、卑怯で賢く、残忍な悪役、
などはおなじみですが、社会問題や政治問題にはクーパー独特の世界感と
登場人物である猫とネズミの関係になぞってメスを入れているので知識不足感や説教臭さがなく
納得しながら読むことができました。

しかし今回この小説で彼が言いたいことは「帰ろう!」なんだと思います。
帰る所がある幸せ、帰る人がいる幸せ。私には伊坂さんが、今まで考えてきた
問題も大切だけれど、今、帰る所、帰る人がいる幸せを感
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
妻に浮気をされた男が憂さ晴らしに出かけた海釣りで遭難し
漂着した謎の島で人間の言葉を話す猫「トム」に出会う
猫の口から語られた島の人間界での戦争の物語

壁に囲まれた猫の国とその国に侵攻してきた「鉄の国」の兵士たち
国家の危機に対する人々の反応を猫の視点と人間の視点、それを聞く
主人公の男の視点と多角的に語られる事によって起こっている出来事の
違った側面が見えてくる

「自分が真実だと思い込んでいるかもしれない事を疑え」という作者からのメッセージが
くり返し流れてくるように何度も覆る「真実(だと思っていたもの)」は
最後には読者さえも巻き込んでいく

伊坂幸太郎のデビュー作「オーデュボンの祈り」を彷彿させるような
寓話的異世界ファンタジー奇譚
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 久しぶりに、伊坂さんの小説を読みました。長編でしたが、3日ほどで読みました。まず、20歳の息子が読み、次に私(50代)が読み、さらに15歳の息子も読みましたが、3人そろって(タイミングはずれましたが)「凄い」と興奮しました。
 不思議な世界のお話でしたが、どこか懐かしく気持ちがしんみりとなり、だんだん正義に燃えて元気になり、ラストは爽快感100パーセントになりました。
 半分あたりまでは、このバラバラの線がどう絡まっていくのか、どれが伏線でどれが伏線じゃないのか、とても掴みにくく、仕方がないからとりあえず先に進もうと読んでいくだけでしたが、後半からの展開はもう息がつけないほどの面白さで…その頃には、本をテーブルに置いておけない状態でした。
 伊坂さんがこれほど猫の生態に詳しいということも驚きでした。猫のトム君は至って自然で、特にヒーローの資質が備わっているわけではないのだけど、そんな普通の存在が普通に世の中に反応しているうちに、大事な場面に遭遇すると知らず知らずにガッツリ関わって他の存在を助けることになる、人間もこんな風に普通にしていたら良いのかもね、と素直に思いました。
 ファンタジーはリアルであればあるほど、面白いもの。それを伊坂さんは知り尽くしていらっしゃる。この作品は、世代を超えて、時代を超えて、楽しまれる名作です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック