通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夜がはじまるとき (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夜がはじまるとき (文春文庫) ペーパーバック – 2010/1/8

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック, 2010/1/8
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 90

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夜がはじまるとき (文春文庫)
  • +
  • ビッグ・ドライバー (文春文庫)
総額: ¥1,484
ポイントの合計: 32pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

悲しみに暮れる彼女のもとに突如かかってきた電話の主は…愛する者への思いを静かに綴る「ニューヨーク・タイムズを特別割引価格で」、ある医師を訪れた患者が語る鬼気迫る怪異譚「N」、猫を殺せと依頼された殺し屋を襲う恐怖の物語「魔性の猫」ほか全6篇を収録した最新短篇集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

キング,スティーヴン
1947年、アメリカ・メイン州生まれ。「シャイニング」「IT」「ミザリー」ほか、数々の名作を発表、現代最高の物語作家として世界的な声価を誇る巨匠。第五短篇集Just After Sunsetはアメリカのホラー作家協会(HWA)の贈る2008年度ブラム・ストーカー賞の最優秀短篇集賞を受賞、長篇「悪霊の島」も同年の同賞最優秀長篇賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • ペーパーバック: 330ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2010/1/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167705826
  • ISBN-13: 978-4167705824
  • 発売日: 2010/1/8
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 237,524位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
 先に刊行された『夕暮れをすぎて (文春文庫)』に続くキングの短篇集(原題『Just After Sunset』2008年作品の二分冊目)。収録作品の中では、巻末の解説でcocoさんが書いているとおり、しょっぱなの「N」と、おしまいの「どんづまりの窮地」が面白かったです。

 強迫神経症の登場人物が、アメリカはメイン州にある“アッカーマンズ・フィールド”という場所の魔にとり憑かれ、吸い寄せられてゆく恐怖を描いた「N」。クトゥルー神話で有名なラヴクラフト、その異次元からの侵略を扱った作品に通じる短篇。異次元宇宙の暗黒世界とこの世界とをつないでいるワーム・ホールみたいな場所に、どうしようもなく引き寄せられていく登場人物の葛藤がスリリングに描き出されていたとこ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
小説家に限らず、普通のクリエーターは老いれば力は衰えるものですが、
やはりキングは別格ですね。
相変わらず独特の文章が冴えわたってます。
キングファンなら間違いなく楽しめるでしょう。

ですがなぜ☆4かというと、巻末の描きおろしマンガ。
何これ? こんな萌えマンガを付ける必要なんかあるのか?
萌えのゴリ押しが一般小説にまで・・・。
萌え系は日本のゲーム業界をボロボロにして、次は小説界を潰す気なんでしょうか?

よって☆5からマイナス☆1で☆4つ。
別にCOCOとかいうマンガ家が悪いわけじゃないです。萌えマンガを書くのが仕事でしょうから。
ただ、一般小説に食い込んでくるのは場違い。このマンガ家を選んだ編集者が悪い。
萌えのゴリ押しはいい加減止めて欲しいですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
アヤーナを読み終えどこかで見た内容だと思い作者を調べたらグリーンマイルを手掛けた人だったと知りました
様々な方向性の作品の中で私が好きなのは聾唖者です。神父と語り手の本音と建て前のやりとりが愉快で、最後には救われる良い話でした
どんづまりの窮地も脱出後の逆転劇が面白かったのですが便器ネタがあり話を想像すると気持ち悪くなりました
N、魔性の猫は良い話に落ち着くのかと思ったらそんなことはありません
ダークな雰囲気が好きな人にはたまらない作風なのでしょう
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 久しぶりにキングを読んだ。相変わらずの筆達者ぶりにため息をつきながら。

 本短編集は「N」と「どんづまりの窮地」が白眉なのだろうが、個人的には「ニューヨーク・タイムズを特別割引価格で」
が好きになった。

 キングによると本作は夜中に数時間で書きあげたという。天才のありかというものを感じさせるエピソードだと思う。
確かに、数時間で書いた「粗さ」というものはある。かつ、話の展開も設定の割には大きくない。主人公の夫が告げる将来
の災難も大したものではない。もう少し書き込むことも出来るような気はする。

 但し、そこまで精緻に書かなくても良い勢いがある。いや、粗削りの方が伝わってくるものがあるのかもしれない。
そういうロマンス譚こそが本作なのである。

 夫を亡くした主人公は再婚した。再婚させたことで、この短編のコクがぐっと上がっている気がする。なぜなのだろうか。
キングはホラーの巨匠なのかもしれないが、彼のホラーの怖さは「人間の愛」にあることが多い。誰しもがどこかにかすかに
持っている「良心」や「善」という部分を突き刺してくる事がキングの「恐怖」なのだと僕は思っている。本作での
再婚に関しても、夫を亡くした主人公がその後の孤独を埋める
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告