中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: やけあり。店頭でも販売しておりますので、売り切れの際は速やかに返金致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

多重債務者を救え!―貸金業市場健全化への処方箋 単行本 – 2006/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

政府・与党では、平成18年に貸金業制度を見直すという。現在、多重債務が自己破産の原因となり、自殺や家族離散といった社会問題を引き起こしているからである。また、その背景には、ヤミ金融業者の跋扈があるのは明白であろう。
本来、貸金業そのものは、社会において資金ニーズがある限り必要なものである。だが、貸金業市場での正しいルール、制度が確立されなければ、ますます多重債務者、自己破産者を生み出しかねない。
そこで、本書では、多重債務者問題に対する現状認識から「多重債務者更生支援10ヵ年計画」までを提案する。具体的には、「貸し手の責任で多重債務者の救済」を提唱し、「貸金業におけるグレーゾーンの金利帯」を解消することを説く。
金融関係者、政策立案者のためだけでなく、広く日本の消費者信用産業の全体像を把握し、法的債務整理や生活保護制度の概要を理解するための格好の教科書となるだろう。

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、今後当面の多重債務者対策について一案を示していきたい。貸金業制度に関しては、平成18年頃に見直しの時期がやって来る。現在、政府・与党を始めとして各方面において鋭意検討が行われている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 190ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2006/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569648649
  • ISBN-13: 978-4569648644
  • 発売日: 2006/01
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,035,420位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう