通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
多重人格探偵サイコ (19) (カドカワコミックス... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

多重人格探偵サイコ (19) (カドカワコミックス・エース) コミックス – 2013/10/3

5つ星のうち 2.8 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 多重人格探偵サイコ (19) (カドカワコミックス・エース)
  • +
  • 多重人格探偵サイコ (20) (カドカワコミックス・エース)
  • +
  • 多重人格探偵サイコ (21) (カドカワコミックス・エース)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今やガクソの重鎮として敵側に回った伊園若女との直接対決を果たすため、一人バイクを駆り東京に舞い戻った弖虎。検問をかいくぐり都内に潜り込んだ弖虎は、人々の心を操りガクソの追及の手を撹乱しようとするが…!


登録情報

  • コミック: 178ページ
  • 出版社: 角川書店 (2013/10/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041207851
  • ISBN-13: 978-4041207857
  • 発売日: 2013/10/3
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
大変、満足しました。また、機会がありましたら、お願いいたします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
大塚英志先生は、自身の作品をめぐって編集部と衝突し、他誌へ移った経緯もあるほど、プロ意識の高い方です。その大塚先生が創りだすストーリーが、なぜこうも訴求力をなくしつつあるのか。
田島昭宇先生は、単独で連載を持てるほどのベテラン作家です。それがなぜ、このレベルのストーリーに黙って作画を続けるのか。
ヤングエースは、出版不況のさなかに月刊少年エースから独立し、新世紀エヴァンゲリオンの最後をみとった雑誌でもあります。その編集部が、かぎられた誌面にこの作品を掲載することが、はたして投資に見合うのか。
そもそも、これだけの面子が揃ってなぜこのレベルになってしまうのか。誰のキャリアにも、なっていないような気がします。

追記
今までも掲載が不定期になることがあったので、そろそろ長期休載になるものと思っていましたが、よく見ると巻末のほうに次が最終巻になるようなことが書いてありました。
一片のカタルシスがあることを祈ります。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本に付いてる帯を見て驚いた!
「最終決戦の幕が開く!!」・・・ってなに?
この期に及んで、なぜ幕を開くの? 訳が分からない。

田島昭宇の絵はスタイリッシュでスピード感溢れているだけで中身がスカスカ。
原作に至っては、まさかの牛歩戦術であくびが出てくる。
正直、ルーシー現象はこの流れで必要だったの?
なんだか突然すぎて、取って付けた感が半端ないです。

寄り道してないで、わき目も振らずラストに向かって驀進していく弖虎が見たい。
やっぱり西園伸二が出ていた頃が一番おもしろかったなぁ・・・なんだか昔が懐かしくなってくる。
だからもう、キリ良く20巻で終わりにして下さい。

ラストの締めくくり方が解らないなら、皆川亮二氏に聞いてみるといいよ。
清々しいほどキレイに物語を終わらせられる人だからね。
1 コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
初期の頃は一巻の中に何話か入ってる印象で、ちゃんと話が進んでる感じがありました。

しかしもう何巻も前から、全然話が進んでる感じがしないッ!!
クライマックスへ向かってるというのにザコキャラとの小競り合いで盛り上がりも無い。

しかも大コマ、見開きページばかりふんだんに使っているので、一巻読んだ感想は「1話〜2話しか入ってない、話が一向に進まない。」しかない。
ダタダラダラダラと引き伸ばしてもう『漫画としての面白さ』が無くなってしまっている。

ダラダラ引き伸ばす手法はまぁ1巻くらいならガマンできるが、こう何巻も何巻も何巻もやられるとさすがに読者がバカにされてる気がする。
もう5〜6巻このダラダラが続いてるのでいい加減ブチギレそう。

早く話を進めて下さい。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告