通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
多重人格探偵サイコ (1) (角川コミックス・エー... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですが、状態の綺麗な商品になります。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

多重人格探偵サイコ (1) (角川コミックス・エース) コミック – 1997/7

5つ星のうち 3.2 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 多重人格探偵サイコ (1) (角川コミックス・エース)
  • +
  • 多重人格探偵サイコ (2) (角川コミックス・エース)
  • +
  • 多重人格探偵サイコ (3) (角川コミックス・エース)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 180ページ
  • 出版社: 角川書店 (1997/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047131881
  • ISBN-13: 978-4047131880
  • 発売日: 1997/07
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
これを書いている時点でぼくは既に最終話まで読了している。
正直総合的な評価でいうと星は2つといったところだが1巻単巻としてみるならば間違いなく名作、星5つであると思う。
また同時に死体表現などは恐ろしく過激であり有害図書指定にされるのも当然の作品であると思っている。
しかし有害図書指定されることは名作であることを否定される理由にはならない。
原作者はあとがきにおいて死者をただ記号として描くのではなく、死体をまごう事なき死体として表現する事がこの漫画を作り上げる上でどうしても必要なことであったと主張している。
作品を読んだ上でぼくは非常に納得のできる話だと思った。
これは死を描く上で死の残酷さから逃避することを拒絶した作品だ。
それだけでも一読の価値があると思っている。大人としては子供には絶対見せたくない作品であるが。
今作で評価すべき点は上記の作者の主張に内容が伴っていることだ。
偉そうな御託を並べてみても漫画というエンターテイメントである以上面白くなければただのグロ作品だ。
今作では島津寿による連続バラバラ事件。田辺知代のカニバリズム殺人事件。上野達のフラワーエンジェル殺人事件が収録されている。
1冊で3人ものサイコパスが登場するというまあ非常に濃ゆい内容である。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
身の毛もよだつ猟奇な殺人が次々に起こって、それを主人公の様々な人格が解決していく、と言うストーリーなんだろうな〜、と思って中古屋さんで10巻までまとめて買ったのですが、最初からすべては学窓会なる謎の組織の陰謀で、物語はいつの間にか猟奇殺人でも探偵でもない、学窓会の謎を追え!?みたいな展開になってしまってがっかりです。最初からそういう話なんだ、と分かるタイトルだとストーリー自体は悪くないのでそれなりに楽しめますが、このタイトルに惹かれて買うと十中八九がっかりするんじゃないでしょうか…とにかく、猟奇で探偵物なのはほんの1、2巻までです;
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
サイコスリラーである。おまけに主人公が多重人格だ。いずれのエピソードもサディスティックな快楽殺人を扱っている。「黒鷺死体宅配便」にも共通したことだが、どうも話が表層的で引き込まれない。大塚本人は後書きで、グロテスクな死体描写は「身体の回復」を狙ったものだと明言しているが、この手のものは他にもあったぞという既視感がついてまわる。確かに近代合理社会は「死」と「性」を隠蔽することによって成り立っているから、その意味ではこの作品も一種の近代批判である。まだ第一巻しか読んでないから、今後に期待することにしよう。
 絵は淡白で、人物にも妙に表情がなく、現代社会の虚無性みたいなものが出ている感じだ。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
第1巻が発売されたころは友達と読みふけったものだった。というのも自分はMADARA以来田島氏のファンで、彼の陰影を強調したクールな絵柄が好きだったからだ。
しかし話が進むにつれ、ガクソの内紛やルーシーモノストーンの実態など、風呂敷を広げたはいいが、いまいち盛り上がりに欠けたストーリー展開にテンションが下がっていった。
またルーシーモノストーンをモチーフにした音源をリリースするという、当時作品の持っていたミステリアスさを自ら台無しにする展開には
は「あぁ、関係者もアホやなぁ」とがっかりしたものだ。
そのような作品に対する熱がすっかり冷めた今にこの作品を評価すれば、田島氏の画集として楽しめば十分な価値を見出せる本だと思う。登場人物のファッションもかなりカッコいいし。
ただ、お話の内容はというと、古本屋でさらっと立ち読みする程度のものと思う。大塚氏が手を抜いてるとしか思えない後付の多い急な展開の数々。
当初センセーショナルだった。グロさも巷にあふれる漫画作品の中ではもはや凡庸なレベルである。
多重人格をテーマにした作品だったが、カイジ、デスノート、ガンツ、無限の住人らなどで描かれる心理描写のほうがよっぽどリアリティがあっておもしろい。
絵はよかったが、ストーリーが浅学なのに背伸びしたような臭さが目立って途中で読むのをやめた。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindleで一巻お試しで無料だったので読みました。
結論は自分には合いませんでした。
絵が好みだっただけにグロ部分が引き立ち、
好きな人は好きなんだろうなという漫画でした
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック