中古品
¥ 1
+ ¥ 254 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中身は開きぐせもなくコンディション良好です。表紙面に若干の細かい小キズ等はみられますが全体的に目につくような汚れ等なく大変綺麗です。☆アルコール除菌済み☆土日祝日も年中無休で発送致します。クリスタルパックに入れて丁寧に梱包し迅速に発送いたします!※弊社で入念なチェックはしておりますが、中古の品になりますので見落としがある場合がございます。万が一の品質不備は審議の上ご返金対応致します。発送はゆうメール(ポスト投函、日祝配達なし)またはゆうパックにて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

多重人格探偵サイコ―雨宮一彦の帰還 (講談社ノベルス) 新書 – 2000/3

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
¥ 1
新書, 2000/3
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「ルーシー7(セブン)の7人めを捜して。そしてその者の左目に見たことのない痣(あざ)があったらためらうことなく殺して」
1972年、軽井沢の山荘で暴発した「革命」運動の最後の生き残り、焔(ほむら)妖子が警視庁キャリア・笹山徹に遺した奇妙な遺言。十数人の犠牲(サクリファイス)の血を必要とした山岳アジトでの聖宴が、眼球にバーコードを穿(うが)たれた殺人者の原点なのか?笹山徹の、そして多重人格探偵・雨宮一彦の「終わらない夏」の物語が始まる。

内容(「BOOK」データベースより)

「ルーシー7の七人めを捜して。そしてその者の左目に見たことのない痣があったらためらうことなく殺して」1972年、軽井沢の山荘で暴発した「革命」運動の最後の生き残り、焔妖子が警視庁キャリア・笹山徹に遺した奇妙な遺言。十数人の犠牲の血を必要とした山岳アジトでの聖宴が、眼球にバーコードを穿たれた殺人者の原点なのか?笹山徹の、そして多重人格探偵・雨宮一彦の「終わらない夏」の物語が始まる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: 講談社 (2000/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061821156
  • ISBN-13: 978-4061821156
  • 発売日: 2000/03
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,644,226位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2004年9月25日
形式: 文庫|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年1月15日
形式: 新書
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年4月28日
形式: 文庫
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年11月18日
形式: 新書
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告