通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
多読術 (ちくまプリマー新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。u2274a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

多読術 (ちくまプリマー新書) 新書 – 2009/4/8

5つ星のうち 4.1 64件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 多読術 (ちくまプリマー新書)
  • +
  • 知の編集術 (講談社現代新書)
  • +
  • 知の編集工学 (朝日文庫)
総額: ¥2,441
ポイントの合計: 60pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

読書の楽しみを知れば、自然と本はたくさん読めます。著者、松岡正剛の読書遍歴を振り返り、日頃の読書の方法を紹介しながら、達人による多読のコツを伝授します。「棚から選書する方法」「読書する場所」「最初に読むべき頁」等々、そのコツは多岐にわたります。本書を読んで、あなたに適した読書スタイルを再発見してみてください。

内容(「BOOK」データベースより)

読書の楽しみを知れば、自然と本はたくさん読めます。著者の読書遍歴を振り返り、日頃の読書の方法を紹介。本書を読めば自分に適した読書スタイルがきっと見つかります。読書の達人による多読のコツを伝授。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2009/4/8)
  • ISBN-10: 4480688072
  • ISBN-13: 978-4480688071
  • 発売日: 2009/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 64件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 183,278位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
松岡正剛氏がヤングアダルト(中学・高校生)向けのちくまプリマー新書に読書について書いた本ということで、読書のスキルや楽しみのみならず、編集工学なるものについても、わかりやすく説明してあるだろうと大いに期待して読みましたが、大外れでした。

まず、本書は編集者の高田氏の質問に答えたインタビューにすぎず、正剛氏は、「そうですか、それはいまは省いていいですか」p72、「ええっ、それはキリがないなあ」p155、「えっ、それも披露するんですか、リストを見ていただくのが便利なんですが」p158、「編集してくれるんですね。それはありがたい。」p175、「そこは、ご随意に」p192などといって、インタビュアーに協力的ではないことが多々あり、自分の著作として責任とやりがいをもって本書を作ろうとしていると考えにくいです。いやいやインタビューに応じ、本作りは編集者に丸投げしようとしているかのようです。みっともない態度なので、良い回答もあるのでしょうが、全体の印象としてがっかりします。さらに、「前戯」p71という言葉が使わることでわかるように、聞き手(読者)に中学生を想定していません。何が何だかわからない比喩が多く、わかりやすく説明しようと努力していません。

ということで、なにが編集工学なのか、わからずじまいでした。多数の情報を、考えながら多くの読書を行うことを通
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
"活字中毒"(酒豪ならぬ"本豪")を自認する松岡正剛氏が自身の"読書論"を語っています。対話形式なので、かなり読み易いです。松岡氏のことが好きな人も嫌いな人も、"活字好き"を自認する人であれば氏の発言に「あぁ、そうそう!」と思いを同じくする処もあるんじゃないかな、と思います。(「読書の醍醐味は?」という問いに「『無知』から『未知』へ」という答えには感心しました。「『無知』から『既知』へ」でない処にご注意!) "多読術"というより、寧ろ"多読道"と呼びたいです。

多読の効能は、沢山の本を読みこなすほど、本と本の間に"知識の複雑ネットワーク"が形成され、見えてくる心的景色が変わってくるという処にあるわけですね。(⇒ これは、特に本に限る話ではないでしょう。音楽であれば、同じアーティストの曲を沢山聴けば、"アーティスト像"が頭の中に形成されますし、同じジャンルのアーティストを聴くと、その"ジャンル"の音がイメージできるようになります。そして違うジャンルを色々と試すと、意外な共通点が見つかったりします。外国語学習においても同じような例え方が出来そうです:英語 → ロマンス語系/ゲルマン語系 …)単なる情報入手ではなく、情報と情報の間の情報("メタ情報")の形成過程ですね。("点"ならぬ"線"のイメージ)この辺りの事情を物理屋っぽく表現すれば「多は異なり(More is
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「分かったつもりで読まない」
「本は二度読むべし」
「本はノートのようにどんどん書き込め」
といった読書のノウハウがたくさん盛り込まれており、本の虫には堪えられない話題が次々と披露されています。

私は感じたのはセイゴウ氏にとって読書とは、生活の中に限りなく溶け込んでいて、食事をしたり、体を鍛えたり、気晴らしをしたりする様に本を読んでいるんだなぁ、ということです。中でも読書を食事に例えている部分が私的には一番腹おちしました。むやみやたらな多読は大食いに例えられ、速読は早食いに例えられて(多読術の本なのに)逆説的にセイゴウ氏はあまり薦めていません。

セイゴウ氏の読書術のキモとは、本と対話し、本のネットワークを構築して自分の身とすると捉えました。「頭の中の知のパッチワークだ」とおっしゃる方もいらっしゃいましたが、一歩進んで考えると、多くの本と対話することにより、自身の中に暗黙知を形成するということが大切なのではないのかと受け止めました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 anti・・・ VINE メンバー 投稿日 2010/3/10
形式: 新書
自分が本に求めるのは、既存の知識、知見、ノウハウなどではなく、著者によって加えられた付加価値です。
本著は、付加価値が少なく、他の本に書かれていることを並べているように思えました。

また、本著でいっていることを鵜呑みにすると、読書自体が目的になってしまうような気がして、自分の考えと合いませんでした。

千夜千冊の内容がすごくよくて、松岡さんの著書への期待度が高かった分、本著を読んで得るものが少なかったのが残念でした。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー