この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

多職種で取り組む転倒予防チームはこう作る! (日本語) 単行本 – 2016/10/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/10/1
¥3,850 ¥4,860
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

高齢者の転倒予防はより多くの職種がかかわるほど、より効果的な予防対策に結びつく!
病院で、施設で、今日から多職種協働の“転倒予防チーム"をつくり上げるためのヒントがここにつまっている!
各分野の転倒予防スペシャリストたちが編み出した“成果につながるチームの知恵"を学ぶべし!

[あとがきより]

転倒予防の取り組みは、従来看護師が主となっていた。
看護師は転倒の第一発見者となる場合が多く、「どうしたら次の転倒を減らすことができるか」について
看護師の中でカンファレンスを行い、看護計画を立案していた。
転倒を予防するためには、その人の生活パターンや思いを知る看護の視点は不可欠であるが、
転倒には様々な要因が関連しており、看護の視点だけでは転倒を防ぐことはできない。

1回の転倒の背景には運動機能、感覚機能、認知機能、栄養、薬剤、発熱等の全身状態、物を置く位置等の環境等、
実に多様な要因が潜んでいる。
これらの要因が関連していることを考慮すれば、個々の要因について専門性を持った職種がかかわる必要性は明らかである。

転倒予防はチームで取り組むことにより、マイナスをプラスに変えることができる。
転倒のイメージは、“転んでケガをすると疼痛が生じて動けない"、
“発見者は「転ばせてしまった」と自分を責める"等、どちらかというとマイナスに捉えられがちである。
しかしチームで取り組むことはとても楽しくcreativeである。皆で知恵を絞ると思わぬアイディアが生まれるものである。

始めからうまくいかなくてよい。まず一歩を踏み出そう。
うまくいかなくても、チームの仲間がいればあきらめずに継続できる。
そして継続していると必ずいつか成果があらわれるものである。

本書には転倒予防チームをつくるためのヒントがぎっしりつまっている。
本書が皆さんの転倒予防チームづくりのお役に立てることを祈念している。


登録情報

  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: 新興医学出版社 (2016/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880027677
  • ISBN-13: 978-4880027678
  • 発売日: 2016/10/1
  • 梱包サイズ: 25.9 x 18.5 x 0.8 cm
  • カスタマーレビュー: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 605,650位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう