通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
多摩のまち自転車探検 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

多摩のまち自転車探検 単行本(ソフトカバー) – 2010/5/5

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 918

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

広範囲の移動が可能な自転車ならではの特性を生かし、多摩地域をじっくりと巡ってみませんか。それぞれの土地への思いがぎっしりと詰まった一冊に仕上がったと自負しておりますがいかがでしょうか。
《ジブリの風景》聖蹟桜ヶ丘では、映画「耳をすませば」で描いたそのままの風景をたどり、現実と物語の交差を楽しみます。《自然と歴史》玉川上水では、約350年前に掘りぬかれ今なお現役で活躍する「生きた史蹟」を源流めざして走ります。また、《基地と戦跡》稲城・南山では米軍の多摩サービス補助施設(旧・弾薬庫)が皮肉にも開発から森を守った様子を語っていきます。
 
著者の斉藤円華(東京都小金井市在住)は地域や環境をテーマに執筆活動を行っており、スローライフ研究家として持続可能なライフスタイルを探求しています。あとがきでは「宝物のような思いがけない情景に出会うこともあれば、開発によって自然が切り刻まれる痛々しい光景を見せつけられもした。良くも悪くも多摩の現在を、私なりの視点で活写した」と語っています。移りゆく多摩の景色を、本書とともにご堪能いただければ幸いです。

内容(「BOOK」データベースより)

思い立ったらすぐ出発!ママチャリでめぐる24の小さな旅。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 158ページ
  • 出版社: けやき出版 (2010/5/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877514082
  • ISBN-13: 978-4877514082
  • 発売日: 2010/5/5
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 437,403位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ぜひこの本を片手に探索してみたいと思いました。
載っている地図は、実際に自転車に乗ってる視点だなと思われ、分かりやすそうです!
今時はスマホやケータイで現在地を確認できたりして便利ですが、やはり地図は大事だなと思います。

また、最も大事なこの本の魅力は、著者自身がすごく楽しんで探索している雰囲気と情熱が伝わって、とても楽しい本に仕上がっているということです。次回作も楽しみですね!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
多摩地域って、どの辺?
東京に住みながらも土地勘がないため、東京都の地図に全「24コース」のスタートとゴールをマッピングしながら読み進めた。
自分の生活範囲を何十倍も超える、筆者がママチャリで駆け回った多摩地域が浮かび上がった。

「自転車の面白いところは、他の交通手段と違い、空間を「面」として把握できる点にある。」
「自転車は、身体の五感をフル動員して移動するので、目的地ばかりでなく移動のプロセスそのものが印象に残る。走った場所の位置関係が頭の中でいきいきとよみがえるのだ。」
と著者は述べる。

自分のいる地域を「面」で感じ、その歴史も頭に入っていたら、そこはとても深みのある空間だ。

里山、映画ゆかりの地、史跡、戦跡、基地・・・。
筆者の手間を拝借して、身近なまちを「探検」してみたくなる。

個人的には「小野路」と「戦車道路」に行ってみたいと思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ロードレーサーでかっ飛ばすんじゃなくて、
目に見える風景、目の端に見えたふと気になった
ものに、つい立ち止まっちゃう、そんな寄り道?
道草?好きな方にオススメです。ママチャリでもいいし、
散歩がてらのお供にも良い本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告