¥ 1,512
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
多動力 (NewsPicks Book) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

多動力 (NewsPicks Book) 単行本 – 2017/5/27

5つ星のうち 3.8 113件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,480

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 多動力 (NewsPicks Book)
  • +
  • 好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)
  • +
  • 究極の男磨き道 ナンパ
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 72pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

堀江貴文のビジネス書の決定版! !

一つのことをコツコツとやる時代は終わった。
これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。
このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない


Iotという言葉を最近ニュースでもよく耳にすると思う。

これは、ありとあらゆる「モノ」が
インターネットとつながっていくことを意味する。

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。
この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる
「多動力」なのだ。

この『多動力』は渾身の力で書いた。
「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

「はじめに」より

著者について

1972年、福岡県生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万数千人の規模に。2014年8月には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタートした。


登録情報

  • 単行本: 228ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2017/5/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344031156
  • ISBN-13: 978-4344031159
  • 発売日: 2017/5/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 113件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
私も常日頃から好きなことを好きなだけ楽しむ人生を歩んできました。それだけに今回この書籍を読み同感できたことにも楽しさを感じました。とにかく毎日『楽しめるとこを探して楽しむ』時間を歩んできたんですが、結果、イキイキと生きています!多動力の解説というか捉え方は素晴らしいと思うし、この本に書かれた内容は推薦できます!実際に私自身がこの本の内容のままに生きてきて全てがプラスの人生でしたし、これからもプラスを呼び寄せるのは分かっているから未来にもワクワク感が絶えません(笑)この本は、私は本当に楽しめました!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
凄く良い!
今まで長くやって来た仕事に飽きが来て違う仕事を始めたばかりの私にはピッタリのタイミングの本でした。
テンポが良く、飽きっぽい私にもサクサク読めました。
ホリエモンさんのパワフルさは波長が合うし読むだけで元気になります。
全然直接は書いていないけど株の損切りの話なんかは人間関係、結婚生活なんかにも応用できる考え方だなと思いました。
安定を求める人、変わる気のない人には向かないかも知れませんが、本当に変わりたいと思っていて背中を押して欲しい人にはオススメです。
私は今の自分これでオッケーと確信出来たのでよかったです!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読みやすく、すぐに読み終わり要点がわかりやすい。この本を読んで人生が変わるとは思わないが、チェックリストに書いてあるように行動すると結果が出るスピードが上がると感じた。私はこれから自分の仕事に対し基礎教養を学び人生に活かしていきたいと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
生き方として非常に憧れます。
堀江氏は別にタガを外せとか犯罪しても良いとか言っているのではなく、興味があることに色々首を突っ込んで
色々チャレンジしようということを言っているのだと思います(この本の内容は過去の堀江氏の本の単なる焼き直しです)。

批判的な文言になってしまうのですが、果たして本当に全員が全員「好きなことしかしない」状態になったらどうなるのかということを考えてしまいます。
人は千差万別、人がやりたがらない仕事をやる人が実はいる、もしくはやりたらない仕事だからそれを人の手ではなく機械ができるようにして、その機械を作れば儲かる
といったような解決が次々と起こり、「誰かが人力でいやいやながらもやって解決」するという発想自体が古いという考えなのかもしれません。

ただ、堀江氏が享受できるライフスタイルというものは、堀江氏が批判している「真面目でコツコツやってきた人」の上に成り立っているような気がしてなりません。
堀江氏が着ている服、堀江氏が利用している飲食店(ひいてはその食材)、堀江氏が泊っているホテル etc…
そういったものが「好きなことだけやって、飽きたらやめる」という状況下で成り立つのか。
一方で、このような堀江氏に対する批判的な考えにとらわれている自分は「古
...続きを読む ›
コメント 243人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
1つの仕事に囚われず興味のままにあらゆるジャンルの仕事をかけ持つホリエモンらしい本です。彼はライブドア時代からポータルサイトのみならず中古車販売や証券会社まで進出していました。まさに多動力という言葉がピッタリ。

ひとつの肩書きだけではその他大勢の一人にしかなれないが、複数の異なるキャリアが掛け算となり、オンリーワンの人材になれる。まさにその通り。これからの時代、行動力と勇気が大切です。

そんなバリバリの行動力を持つホリエモンは素晴らしい一方、ホリエモンの弱点もよく分かりました。

失敗を恐れずとにかく行動に移したり、人に嫌われる事を恐れず何でも本音で発言するホリエモンは、人が受け取る印象への想像力がまったく欠如しています。

新幹線の中で「堀江さんの本を読んで感動しました」と声をかけられて「だから何?」と返してしまうホリエモンらしいエピソードがありますが、たとえそれは本音だとしても、そのような人が考えたサービスは果たして魅力的に映るでしょうか?彼は恐らく小さな事だと考えていますが、堀江ブランドは明らかに失墜します。

この本でホリエモンが引き合いに出しているスティーブ・ジョブズやゾゾタウンの前澤社長のプロダクトやサービスは人々を魅了してワクワクさせます。ビジネスモデルとして秀逸な
...続きを読む ›
コメント 174人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー