通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
外道クライマー がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

外道クライマー 単行本 – 2016/3/25

5つ星のうち 4.4 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,147
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 外道クライマー
  • +
  • 漂流
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

夢枕 獏氏 「近年の山岳ノンフィクションでこれほど面白く読んだものはない」
角幡唯介氏 「『那智の滝で逮捕』のニュースを聞き、妙な嫉妬心と敗北感を覚えた」

従来の冒険ノンフィクションと一線を画した「冒険界のポスト・モダン」。
その書き手が宮城公博だ。

アルパインクライミングの世界では、日本で十指に入るという実力者であり、
数ある登山ジャンルの中で「最も野蛮で原始的な登山」と呼ばれる沢登りにこだわる「外道」クライマー。
「人類初」の場所を求めて生死ぎりぎりの境界に身を置きながら、その筆致は時にユーモラスで読者を惹きつけて止まない。

世界遺産・那智の滝を登攀しようとして逮捕されたのをきっかけに、日本や台湾、タイの前人未踏の渓谷に挑んでいく。
地理上の空白地帯だった称名廊下、日本を代表するアルパインクライマー佐藤裕介と共に冬期初登攀を成し遂げた落差日本一の称名の滝、怪物のような渓谷に挑んだ台湾のチャーカンシー……。

そして「誰もやったことのない登山」をめざして行った46日間のタイのジャングル行は、道に迷い、激流に溺れかけ、飢えに耐え、大蛇と格闘する凄まじい旅だった。

【著者略歴】
宮城公博(みやぎ・きみひろ)1983年愛知県春日井市生まれ。ヒマラヤ、カラコルムでのアルパインクライミングから南国のジャングルでの沢登りにいたるまで「初挑戦」にこだわり続け、国内外で数々の初登攀記録をもつ。2009年、ヒマラヤ・キャジョリ峰北西壁への単独初挑戦。12年、那智の滝での逮捕によって7年間勤めた福祉施設を辞める。13年、立山称名滝冬期初登攀、台湾チャーカンシー初遡行、カラコルムK6西峰北西壁挑戦。14年、立山ハンノキ滝冬期初登攀、タイ46日間のジャングル初遡行など。

内容(「BOOK」データベースより)

那智の滝登攀による逮捕をきっかけに、外道クライマーの悪絶なる冒険が始まった。「最も野蛮で原始的な登山」をめざす沢ヤの実力を見よ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 集英社インターナショナル (2016/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797673176
  • ISBN-13: 978-4797673173
  • 発売日: 2016/3/25
  • 梱包サイズ: 19 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 70,178位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
買ってすぐ、怪我で入院したので、まずこの本を読みました。マニアックな内容ですが本当に面白かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
若い男は草食化していると聞いていたが、こんな男たちもいるんだというのが最初の感想。次に、年収が少ないのにスポンサー無しにこれだけの冒険をしているという事実から、ストイックな日常生活が想像される。そして、同行者との軋轢までも読み物として書き上げてしまう、筆力の高さに感心する。この本を買って損することはないでしょう。おもしろいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
山にはほとんど入らないけれど、角幡さんファンで、それをきっかけに手に取らせていただきました。
まだ半分も読み進めていないのですが、笑いがこらえきれず、、、危ない一冊です。
服部文祥さん並に知的?だけど、読み易さがあって、角幡さん並に笑える?けどアクがそこまで強くないです。これ以上の本に来年くらいまでは出会えないと思うと(いや、、でも、、角幡さんが年内に出したらアレです。やっぱ。)1ページずつ大切に読み進めていきたいと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これは凄い。やばいくらい面白い。本を開いてあっという間に読み終えてしまう。これぞ男の浪漫。山を登る人にもそうでない人にもオススメの最高の一冊。家にいながら野性を取り戻せます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
そこに立ってること自体がかっこよすぎる写真の数々に続いて、登山初心者マークのわたしにとっては、冒頭のクライミングの詳しいイラストから登山用語、最後の角幡氏の解説に至るまで有難すぎる!!那智の滝のパートだけで十分面白くて、こんな若いもんがいるんだなぁと嬉しくなりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
きのう読んだ(読み終えた)本。

『外道クライマー』(宮城公博著)

登山や冒険モノの本(雑誌の記事でも)が出たとき、読み手はだいたい大きくわけて2つの陰口をたたくようだ。

「やっていることは独創的だし技術的な難易度は高い。そうかんたんにマネできない。でも文章は淡々としてネタも地味ではっきりいっておもろくねえ!」

(先鋭的なクライミングに多いかな。ぜんぶがぜんぶじゃないけど)

「めりはりのあるわかりやすい文章とドラマチックな構成から成り感動的だ。でも、やっていることはあるていどの休暇と予算があれば誰でもできるじゃん!!」

(自転車旅とかに多いかな。こちらもぜんぶがぜんぶじゃないけど)

表現も行動もともにというのはやはりなかなかにむずかしいようだ。

でもこの本は、行動も表現もともにイケる。

なによりもネタからして斬新だ。

立ち入り禁止の滝を登って逮捕されたり、密林の沢では大蛇と格闘したり。

あるいはタイの歓楽街で現地の子にハマった50歳ちかいエロ・オヤジをそそのかして、厳冬の立山の雪崩の巣に突っ込んでみたり。

タイのエロ・オヤジ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ゴルジュストロングスタイル最高です。
泥臭くて、お下劣で、お茶目で、ユーモア満点で、引き込まれます。
次回作も期待します。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「外道」というのは、本道・正道からハズレタ、「異端的な」という意味であろうが、どんなクライミングをするのであろうか・・・。まずは、「読み飛ばしていい」とある巻頭の『用語辞典』を読む。けっこうオフザケ調である。それから、巻末の角幡唯介氏の『解説』を読む。角幡氏は、はじめて著者からメールを受けた時、「触らぬバカに祟りなしだな・・」と思ったという。その後、著者の「クライマーとしての実力と冒険家としての強靭な精神力を窺い知」って、「こいつはただのバカではなく、本物のバカかもしれない・・・」と思ったともある。そして、著者の「登山家としての特殊」性を「内側からあふれ出てくる強い自己表現欲求」と「反骨精神」にあると記し、さらに、著者の登り方については「従来の固定化されたカテゴリーで呼び表せるものではなく、スーパーアルパインクライミングだろうか・・・」と角幡氏は『解説』を結ぶ。

1章では、那智の滝を登って逮捕され定職を失ったことが、その後のなりゆきで出かけたタイ(当初ミャンマーを計画)のジャングルでの46日間沢登りの話が2章につづく。それは軽妙な旅行記ともいえる。古くは『東海道膝栗毛』の弥次郎兵衛と喜多八の道中記を想起させるものだ。だが、笑いの影には、低体温、溺死、滑落、餓死の危険が背中合わせに貼り付いている。そこから、現代における「冒険」の難しさについて考えさせられもする。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー