通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 下野の国書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー良好。中身はヨレ、汚れ、書き込みなく良好です。 万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、 Amazonの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に 対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々 単行本(ソフトカバー) – 2012/9/14

5つ星のうち 3.1 55件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 10

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々
  • +
  • 日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません
  • +
  • 「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『世紀の空売り』も『ウォールストリート投資銀行残酷日記―サルになれなかった僕たち』も超える、
金融業界をテーマとした快作が日本人の手によって誕生!
身も蓋もなく、苦笑せずにはいられない人気ブロガーの筆致が冴えわたる。

---------------------------------------------------------------------------------------

僕は海外の大学院で数理科学の分野で博士号を取得し、その後、東京で外資系投資銀行のひとつに勤めはじめた。
何度か転職しながら、いくつかの外資系投資銀行でクオンツやトレーダーなどの仕事をしてきた。
そして、会社に勤務しながら、会社には秘密で、ブログ「金融日記」をかれこれ8年以上も書き続けてきた。
ファイナンス、経済学、そしてエネルギー政策に関する本もそれぞれ出版した。
外資系投資銀行に勤めながらも、ジャーナリスト的な視点や経済学的な視点で、この激動の金融業界を内部から眺めることができる、
という世界のなかでも大変稀有なポジションに、いつの間にか僕は立っていた。

じつは、いま、世界の資本主義経済が大きな岐路に立たされている。
それはリーマン・ショック以降に左翼のおかしな連中が言い出した「強欲な市場原理主義が世界を滅ぼす」というような話とは違う。
いや、まったく反対なのだ。
このグローバル資本主義経済に欠かすことができない金融システムを担う世界の金融機関が、市場原理が働かない組織に成り果てようとしているのだ。
本書では、世界同時金融危機、リーマン・ショック、ギリシャ・ショック、そしてユーロ危機に至る最近のマクロ経済の重要なトピックの解説を縦糸に、
そして、こうした経済環境のなかで激変する金融業界の赤裸々な内幕を横糸にして、これからの世界経済、そして日本経済の未来を考えていく。

また、良くも悪くも、日本社会に入り込んだ外資系企業というものの生々しい実態をお見せしようと思う。
外資系金融機関や、外資系コンサルティング会社などに多くの日本の学生が就職し、
日本の伝統的大企業や日本の官公庁もこうした外資系企業とさかんにビジネスをしている。
外資系企業の実力、人事制度、報酬やリストラ、そこで働く人々の人となりやキャリアなど、僕の知っていることを包み隠さず書いた。
実際のところ、有名な外資系企業も、欧米のちょっといい学校を卒業しただけのふつうの外国人のサラリーマンが働いているのであり、
日本のオフィスでは多くのふつうの日本人が朝から晩まで働いているのである。
欧米の有名なファームだからといって何か特別な権威を感じる必要はまったくない。
それどころか、本書でくわしく論じるように、外資系企業の実際の業績は、日本のダメな大企業と同様にダメダメであり、
世界に多大なコストを押し付けて、世界中からひんしゅくを買っているトホホな会社なのだ。
だから気後れする必要はまったくないし、逆に日本から排除する必要ももちろんない。

それでは、世界経済を牛耳っていた外資系金融の終わりのはじまりを、本書でいっしょに見ていこう。

内容(「BOOK」データベースより)

「複雑すぎて潰せない」ために注がれる多額の税金。顧客との利益相反のオンパレード。人事、報酬、キャリア、リストラの生々しい実態…。そして、それでも明るい金融の未来について超人気ブロガーがコミカルに語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2012/9/14)
  • ISBN-10: 4478020892
  • ISBN-13: 978-4478020890
  • 発売日: 2012/9/14
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 55件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,806位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本の特徴は、過激な物言いもそうであるが、とにかく読みやすく分かりやすい。この本を読めば外資系金融がどのような仕事をしているのか・またはしてきたのか事前知識が0でも分かるだろうし、細かい所では、どの職種が偉くどの職種が下に見られているかなどと言ったところまで把握できる。もっと言えば、本文で出てくる過激な物言いも、筆者が所属していた外資系金融の特徴の1つなのだろう。
……このようなことをレビューで低い評価をしている人達も言っていることは、誠に不思議である。外資系金融の実態をこの本一冊で把握できるのであれば、充分だと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 写楽 投稿日 2014/6/29
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ビットを立てろ(アンテナを張れ・刮目しろ・耳を欹てろ)。 さもなくば、頭のいい人間に搾取される。

メディアは、政治家やスポンサーに都合のいいように、情報操作されている。 物事を真正面からのみ、観るではなく、裏から横からと多面的に観る(見るではなく)

どんなに不況って時でも、儲けてるヤツはいる(光と影・陰と陽・あの世とこの世・男と女というように、モノには表の面と、裏の面がある)。

幸せとは、絶対的な生活水準の向上ではなく、他人との比較のもとで感じられるもの(36P).は、「不平等が、健康を損なう」に通じるものがある。

時に疑い、天の邪鬼になってみよう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ヘッジファンドの手法がどの様なものか知りたかったら読むべきでは無い。
1秒間に何回も発注するコンピュータ取り引きで、株であれば関連の高い銘柄の裁定型発注やブレイクスルーを瞬時に判断してドテンを掛けたり人間が1秒で出来ない発注を知りたい人は期待外れ。ポジション構築や精神面も触れいない。
しかし、リーマンショック前の金融機関のバブルぷりは80年代の日本の不動産バイブと同様な絵図だった事が描かれている。
いつの世もバブルに溺れる者の行動は変わりが無い様で…金融ライトノベル小説。
最後に金融機関は大き過ぎても潰せます。そうさせないのは政治家・官僚の利権。東京電力を見ればわかる。東電株、電力債の保有者は誰かな?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
リーマンショック以降の金融混乱の流れを踏まえた投資銀行の素顔が書かれている。著者はGSの元社員だったこともあり、等身大の目線の見方が身近でとても読みやすい。

まず銀行を考えてみる。グローバル銀行はリーマン以降、バーゼル3で資本の足かせがはまり、G-Sifisでも監視の足かせがはまるので、結局日本のメガバンクは電力や通信のように堅牢な金融インフラをメインに提供する志向とならざるを得ない。企業のグローバル化に伴い大企業はローカルファイナンスを進めている。そんな中で貸出も思うように伸びず、メガバンクは調達資金の30-40%を国債運用(つまり公共への貸出)に回している。国債マーケットが怪我すれば銀行の収益が大きなをインパクトを受ける状態。メガバンク自身ももはやレンダーというより、むしろ国債インベスターになのだ。そんな金融機関にインフラを持たせているのだから国は絶対にメガバンクを潰せない。すごいモラルハザードだ。

一方で証券会社は今後も儲かる分野に経営資源をシフトするんだと思う。リーマンの時はプライマリーよりセカンダリー、セカンダリーといっても取次業務ではなく自分でヘッジファンドのような事をする自己勘定の時代だった。今後はどうなっていくのか。一つは巨大化による効率化だ、例えば大きく引き受けて大きく販売する野村證券のような会社はますます大きくなる。次
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 琵琶子 投稿日 2014/11/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
立ち読みで十分な薄っぺらい、エッジの効いていない内容。唯一、外資金融マーケット部門希望の就活生とか、日系から初めて転職する人、外資金融の人を接待する必要がある人(といっても、ごく少数の金融ブローカー程度)なら、ざっくりした雰囲気をつかむために一度は立ち読みしておいてもいいかも。

この方、そもそも偽名だし、いまやプロップって職自体が相当少ないはず(金融危機以降かなり淘汰された。株主や規制当局の手前、ある意味、公に使ってはいけない単語)なので、本当に業界にいるのかも不明。恋愛ブログくらいなら片手間でもできますが、これだけ執筆等をする暇があるということは、書き手はたぶんリーマン危機前後で業界を退場させられているのではないかと思います。肩書きが重要なので本当のことは言えないでしょうが。トレーダーって非常に忙しいです。下らない自慢話で小遣い稼ぎするくらいなら、本業で頑張ろうっていうのがこの業界の人の通常のメンタリティーだと思います。以下に書きますが、年収数千万~という部分は本当なので。

本書とはくらべものにならない深い洞察をもって書かれた外資金融本が、海外でいくつも出版されており、邦訳されているので、買うならそちらを。

※下品、というレビューがありましたがこの業界の人はまさにこんな感じです。特に(この人の場合は元?)プロップ職
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー