¥ 4,104
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
外航海運概論 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

外航海運概論 単行本 – 2016/5/1


その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 4,700
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 外航海運概論
  • +
  • 史上最強カラー図解 プロが教える船のすべてがわかる本
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 87pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

外航海運は、長い間構造不況業種と言われて苦しみながらも、21世紀に入ってようやく立ち直り、ここ10年余りは好業績を挙げてきた。しかし、リーマンショックを境に世界同時不況に見舞われ、世界的な荷動きの減少・運賃低下によって再び厳しい経営環境に置かれている。また近年は、不況対策に加えて環境問題、テロ・海賊対策、ばら積み船の2010年問題など、新たな課題も出てきており、中国、インド、ブラジルなど新興国の動向も目が離せなくなっている。
このような現状の中で、海運実務の入門書として広く利用されてきた「外航海運概論」が、直近のデータを基に6年ぶりに大改訂され、七訂版として発行された。外航海運の現況(第1章)をはじめ、主に定期船、不定期船、タンカー関連の章が最新の内容に更新された。また最後の第10章では新たな外航海運の問題・課題が取り上げられ、全く新しい内容になっている。
外航海運について学ぼうとする学生や、海運関連の実務やその周辺の業務に携わる人にとって、知っておくべき事項をひと通り網羅してある本書は、まさに必読の存在といえよう。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

急変する外航海運業の現状、直面する問題点を踏まえ、外航船社の日常業務内容を詳細かつ平易に解説。海運業の全体を理解するうえで最適の書。「外航海運概論七訂版」以来、最新の情勢、諸データを加えた6年ぶりの全面改訂。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 309ページ
  • 出版社: 成山堂書店; 新訂版 (2016/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 442531199X
  • ISBN-13: 978-4425311996
  • 発売日: 2016/5/1
  • 梱包サイズ: 21.8 x 15.5 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 338,452位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。3.09.5