中古品
¥ 1,754
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 良品。東京都中野区、西武新宿線の駅からスキップで1分のブックマート都立家政店より即時発送!店頭同時販売。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

外地探偵小説集 (上海篇) 単行本 – 2006/3

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,754
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

日本で発表された探偵小説のうち、かつて外地と呼ばれた場所を舞台としたものを集めた小説集。東洋と西洋の混合した巨大国際都市であり、なおかつ欲望渦巻く「魔都」であったオールド上海の正体をとらえた9編を収録。


登録情報

  • 単行本: 307ページ
  • 出版社: せらび書房 (2006/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4915961052
  • ISBN-13: 978-4915961052
  • 発売日: 2006/03
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,272,543位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
"新青年"誌や"探偵文藝"誌等に収録された、上海を舞台とした短編が収録される。
"探偵もの"と言えるのか微妙な作品も収録されているが、大正・昭和初期の日本ミステリー短編集と思えば問題ない。

グレゴリ青山氏のイラストが秀逸な、巻頭30頁にもなる上海事物の解説も良い。

中盤以降の作品は面白くなる。特に後半に収録される、日本敗戦前夜の上海を舞台にした二つの作品は圧巻だ。
『変貌』
大本営発表に頼らず、ナマ情報を求める企業・個人に真贋混ざった情報を売りつける知人、広岡と20年ぶりに出会った宗方。広岡の豹変した相貌と、刻み込まれた刀傷の謎。敗戦前後の出来事を語る広岡。ロシア娘を巡る三角関係が招いた事態とは……。
ポツダム宣言受託の報が伝わると、中国人の日本人に対する態度は一変する。日章旗は引きずり下ろされ、路上に一斉に翻る青天白日旗。抑圧されてきた民衆の歓喜の声。積もり積もった東洋鬼=日本人への恨みは、暴力にて復讐される。
昨日の友は今日の敵。同僚を、友人を、無実の行為を中国人官憲に密告し、生き残りを賭ける日本人の姿には目を覆いたくなる。タイトルの"変貌"の深い意味。
宗方に会いに来た広岡の意図も明らかになる。

『鉄の棺』
むき出しのハードボイルドさが良い。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
上海を舞台とした探偵小説を集めたアンソロジーである。

1923年から1967年までに発表された九篇が収録されている。

探偵小説としての評価では疑問符の付く作品も多いが

このような企画は他に例が無く、

「企画モノ」という観点からは評価できよう。

本来は付録であろう巻頭の「探偵小説的上海案内」や

各作品の解説の充実度が高い。

あとがきでもふれられているが、探偵小説に限定したため

上海という都市の怪奇・幻想的側面が抜け落ちているのは残念。

本シリーズの続巻が楽しみである。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す