中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夕ばえ作戦 1 (リュウコミックス) コミックス – 2009/7/18

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

光瀬龍
●みつせ・りゅう
1928年、東京に生まれる。東京教育大学美学部哲学科を卒業。東京都内の女子高校で生物学の教師を務めた。1957年、SF同人「宇宙塵」に入会。1962年、「SFマガジン」に『2012年版 ガン・カタログ』を発表。続いて『晴の海1979年』で本格的デビュー。1964年、処女長編『たそがれに還る』刊行。この頃から旺文社や学習研究社の学習誌にジュヴナイルSFを発表するようになる。1965年、「SFマガジン」に、いまだ日本SFのオールタイムベストに選ばれる名作『百億の昼と千億の夜』を連載開始。1999年、7月7日逝去。
大野ツトム
●おおの・つとむ
アシスタント活動、同人誌活動を経て、2007年に第2回龍神賞<銀龍賞>を受賞。本作のほかにシリーズ作品『ネム×ダン』がある。
http://tutosteel.exblog.jp/


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2009/7/18)
  • ISBN-10: 4199501339
  • ISBN-13: 978-4199501333
  • 発売日: 2009/7/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
NHKのシリーズの時まだ小学生だったので、中身も解らずかっこいいお兄ちゃんおねえちゃんが出てくる忍者物としか捕らえていなかった。 高校の時に朝日ソノラマ(だったかな)で小説を読んだ。暗く重い感じのする、ジュブナイルとしては中途半端な感じがした。
今回は押井守、の名前で引っかかって全巻読んだが、新しい解釈として今まで使えていた何かがすっきりした感じである。 絵が描けない人間が言うのも何だが、もう少し画力のある人が描かないと途中のおちゃらけ部分が生きてこないような気がする。 トータルプロデュース勝ちで星4つといったところか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 少年時代に読んだ作品で、NHKのテレビドラマも見たクチ。なんとドラマの主演は山田隆夫だ(確かにハリウッド俳優ではあるが)。
 原作は現代の日用品や玩具といったしょうもない物を駆使して敵を撃退するお話だったが、リバイバルに当たって多少変えてある。ま、当時携帯なんてなかったしな。
 とはいえ、この物語の根幹はしっかりつかんである。子供の頃はただ漠然ともの悲しいとだけ感じていたことが、滅びに対しても、希望を抱いて胸を張って進んでいくヒロインや先生の姿だったことに納得。昔読んだことのある人も、全く読んだことのない人も、どちらにもお奨めしたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告