Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 622

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森沢 明夫]の夏美のホタル (角川文庫)
Kindle App Ad

夏美のホタル (角川文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.5 33件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 622
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 580
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691 ¥ 318

商品の説明

内容紹介

写真家志望の大学生・慎吾。卒業制作間近、彼女と出かけた山里で、古びたよろず屋を見付ける。そこでひっそりと暮らす母子に温かく迎え入れられ、夏休みの間、彼らと共に過ごすことに……。心の故郷の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

山奥に忘れられたようにぽつんとある、小さくて古びた一軒の店「たけ屋」と、そこで支え合うように暮らしている母子、ヤスばあちゃんと地蔵じいさん。ぼくと夏美は、夏休みの間ずっと「たけ屋」の離れで暮らしてみる―という、なんとも心躍る展開になったのだけれど…。誰かを想うこと誰かの幸せを願うこと。切なくて、あたたかい、心の故郷の物語。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1372 KB
  • 紙の本の長さ: 195 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2014/8/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00MXRPF1C
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 37,669位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
透明感のある文章、全体に流れる人の情の温かさ、泣けてくるけど決して暗い雰囲気のない
素敵な本です。心洗われてもう一度生きなおしてみたくなります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
森沢さんの小説は初めて読みました。
田舎の風景 風の音 川の音。
その匂いまでしてくるような 懐かしく
愛おしい一冊となりました。
登場人物一人一人が愛おしくて涙が出ます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者の作品にはまって今までに何冊も読んだ中で私にとっては一等賞♪
生きていく中で大切なものを教えてもらった気がします。

いつもにこにこしていて、この人って悩みなんかないんじゃない?って思われている人だって色んなものを抱えて生きている。
本文に出てくる地蔵さんという笑顔の優しいおじいさんとヤスばあさんは二人でたけ屋という雑貨屋さんを山奥で営んでおり
そこで触れ合う若い二人のカップルと仏師のお話。
著者の本の中にはいつも目に浮かんでくるような自然が溢れていて、こんな夏休みを過ごせたらいいなぁっと熱望してしまうほど。
本の中にひとたびどっぷりつかると、まるで映画館にいって映画を観ているような感覚で自分が本の中に入ってしまいます。
そして、本の中で語られる言葉の数々がとても元気をくれるんです。

人間は誰だって幸せを求めていて、でも人と比べてしまって何も見えなくなってしまったり。
そういう当たり前にだれもが感じているようなもやっとした気持ちに
答えをくれる本なんだと感じました。
私は、すごくすごくしずくまみれになりました。
共感できる気持ちが自分の中にあったからかもしれません。
人は必ず出逢って別れる。はじまればおわる。
それは寂
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
森沢さんの小説の世界が好きな人は是非読んで欲しい作品です。
森沢さんの優しい世界が好きな人はきっと本当に優しい人だろうな、と思います。
森沢明夫ファンクラブがあれば是非参加したいです。きっと気の合う友達ができると思うからです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
人が人としてのつながり、いかに気付きと気配りのバランスが大事であるかを、3世代にまたがって書かれている。良かった!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
同じ作者の他作品も読んだことがありますが、それと同様な良くも悪くもよくあるような内容の作品。あえて(再び)購入してまで読もうと思ったのは、時にこうした先の読める展開や世界観に気楽に浸りたいと思ったからかな?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/3/24
形式: 文庫
狙いすぎで露骨に「オラ、ここで泣けよ」感が満載なのが…
感動もののドラマをノベライズしたようなストーリー。
あざといが気に入った。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
物語の風景や情景を思い浮かべながら読むだけで癒された!
ヤスばあちゃんと地蔵さんの優しさや温かさが出てくる言葉から滲み出ていてすごく優しい気持ちになる。
村の人たち、主人公達、みんながみんな本当に優しい!
今の時代、60代ではまだおじいさんとは言い難いし、モノクロ写真が出てくるあたり、古い時代の話なのかな⁉︎
漁や鍋の件はグロさを感じてしまい、そこは残念だったけど…。
あと、所々に入る主人公達の恋愛がらみの描写はいらなかった。この物語には不要であり吐き気と寒気すら感じてしまった…。
読み始める前に間違えてうっかりネタバレを見ちゃったのがかなり悔やまれる。。。
それでもやっぱり少し涙が出た。
そして最後まで読んだ後にプロローグを読むとまた少し泣けてしまう。。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
心が落ち着く小説夏来たって感じですごくイイ小説です。オススメです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
物語は若いカップル夏美と慎吾がドライブ先で偶然立ち寄った村での1年間に渡る交流を描いています。登場人物のやさしさと、どこか懐かしい感じがして自分も同じ場所に旅をしている気分です。
プロローグを読み始めたときは何の話?と思いましたが、実はこのプロローグが最後につながってきて、読後にもう一度読み返してしまいます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover