通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (28... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 軽い日焼けあり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842)) コミックス – 2005/10/5

5つ星のうち 4.3 89件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))
  • +
  • 夏目友人帳 (2) (花とゆめCOMICS (2969))
  • +
  • 夏目友人帳 3 (花とゆめCOMICS)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 165ページ
  • 出版社: 白泉社 (2005/10/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592171586
  • ISBN-13: 978-4592171584
  • 発売日: 2005/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 89件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 緑川 ゆきさんの新作シリーズ・「夏目友人帳」が出版されました。
 が、書店を覗いても(発売日)一冊置いてあれば良いほうです。個人的には、もう少し評価されてもいい、漫画家サンだと思っています。
 
 一瞬の理解、一瞬の触れ合い、登場人物の幸福に至るまでの「一瞬」にかける、切なさ。「一瞬の幸福」であるからして、彼女の作品は得てして切なさが残ります。「HAPPY END」ではなく、物語の中盤に「一瞬の幸福」を描くからです。
 では、では、今回の「夏目友人帳」ですが、主人公・夏目貴志少年は、
①妖怪が見えるがゆえ、周囲にとって浮いた存在です。
②家族がなく親戚の家を転々として来ました。
 ①、②の要素ゆえ、「うそつき」「寂しい子」「変な奴」といのが周りの評価です。
 そんな夏目少年が、ある妖怪の結界を解き、祖母の形見「友人帳」を狙う、
ニャンコ先生と、契約を交わします。曰く「妖怪に名を返し自由にしよう。もし、自分が途中で命を落としたら、ニャンコ先生に、この友人帳を渡す」と。
 これが、この物語の始まりです。
 妖怪を設定にした漫画は確かによく有ります。しかし、そこは、緑川ワールド。「人は誰も彼女を分からなかった 彼女はいつもひとりだった」祖母をそう見ていた、ニャンコ先生。そして、
...続きを読む ›
1 コメント 150人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この物語の主人公は、 早くに両親を亡くし、
何故だか妖怪が見えてしまう体質で、

そのため周りから
「少し変な奴」と思われています。
だけど、だからと言って友達がいないわけではなく、悪く思われているわけでもなく、

本当の子供のように良くしてくれる家族もいます。

なので、「ひどく可哀想」な訳ではないと、私は思ったのですが、

それでも、人よりも深い寂しさや、孤独の不安を知っているから、
「つながりを持ってやりたい」と言う理由で、

面倒事の原因である祖母の遺品「友人帳」を手放そうとしなかったり、

何の義理もないはずの妖怪のために
一生懸命になったりできるのだと思います。

この本は、読み終えたあと、少し切なくなります。
中には、私は泣いてしまった話もありました。
だけどそれは、悲しいからというわけではなく、感動というのとも少し違う感じがします。不思議です。

私は、個人的には
第3話が好きです。
「恐いのは同じ
最初の一歩
痛みをともなう交流も
得がたい絆を結ぶのも。」

私は、こ
...続きを読む ›
コメント 147人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
緑川さんの絵柄は、結構好き嫌いがあるようで、私個人としては話の運びとか心を打つネームとか大好きなんですが、絵が嫌だからと読んでもいない友人がいて残念に思いました。

この夏目友人帳を何回読み直しても泣くのは私だけではないと思います。悲しい訳じゃないのに心動かされて涙が出てくるんです。

人とあやかしの不思議な触れ合いと微妙な関係はとても興味深いです。あやかしたちは、とてもストレートで、でも妙に遠慮深かったり、礼儀正しかったり、そのくせ急に襲いかかったりしてくる。そんな彼らとのやり取りでいつ命を落としても不思議じゃない環境にあって、夏目は悩みながらも人としての情を示す。自分は特別強い訳じゃないのに。怖くない訳じゃないのに。

こんな風に書くと安っぽくも感じますが、この作品の根底に流れているテーマは、とてつもなく大きな愛情だと思います。付け加えるならそれは、人であろうがあやかしであろうが、今そこにある想いを敬い大切にする心だと。これは、言葉で書くほど簡単にできることではありません。

夏目は友人帳のページを破く度に、かけがえのない友人を増やしていっている気さえします。

まだまだ続きを読みたいです。
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
既刊7巻まで読んでのレビューです。悪しからず。

『百鬼夜行抄』と設定が類似していることによるご批判があるようで。
私からのレビューは、それに対する反論の形でさせていただきたい。

設定は確かに似てます。
「力」を祖父母から受け継いだこと。
かなり強力な守護妖怪がいること。
その守護妖怪と主人公との距離感。
主人公は「見えること」により辛い少年期を過ごしたこと、それによっていまだに人間関係が上手く築けないこと ・・・etc.

とはいえ、これだけ似た設定を用いながらも、作者さんの描こうとしているものはかなり異なっていると思うのです。

『百鬼』に登場する妖は、人間の欲や過ち、弱さや愚かさに巧みに付け入る怖さがあり、物語の主題もそこに置かれることが多い。
彼らの基準は我々人間とは明らかにズレたところにあり、それがまた「怖い」。
主人公の、ときに達観したかのような視点は、物語の全貌と教訓を読者に提示するためのみに用いられることもある。
むろん全部がそうなのではなく、傾向として私はそう感じるということです。

対して『夏目』における主題は主人公の心の成長。
「見えてしまう」ことで負ったトラウマを、「見
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー