Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 406

¥ 57の割引 (12%)

(税込)
ポイント : 41pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[緑川ゆき]の夏目友人帳 1 (花とゆめコミックス)
Kindle App Ad

夏目友人帳 1 (花とゆめコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.3 89件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 夏目友人帳(花とゆめコミックス)の21の第1巻

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
Kindle版, 2013/6/10
¥ 406
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 1

紙の本の長さ: 165ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

「妖怪が見える」という秘密を抱えた孤独な少年・夏目。強力な妖力を持っていた祖母・レイコの遺品である「友人帳」を手にして以来、妖怪たちから追われる羽目に!! 祖母が妖怪たちと交わした「契約」をめぐって、用心棒・ニャンコ先生とともに忙しい日々を送ることになった夏目は…!? あやかし契約奇談!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 29409 KB
  • 出版社: 白泉社 (2005/10/5)
  • 販売: 株式会社 白泉社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DMUCHPQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 89件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
読んでの感想は少女漫画版で優しく解決するうしとら。。。
アニメ版は先生の声のせいでレジェンズなんかも思い出すけど(笑)
無難に面白いけどエンディングを求めるタイプの話ではなく、ショートストーリータイプなので買い続ける根気が。。。(苦笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 緑川 ゆきさんの新作シリーズ・「夏目友人帳」が出版されました。
 が、書店を覗いても(発売日)一冊置いてあれば良いほうです。個人的には、もう少し評価されてもいい、漫画家サンだと思っています。
 
 一瞬の理解、一瞬の触れ合い、登場人物の幸福に至るまでの「一瞬」にかける、切なさ。「一瞬の幸福」であるからして、彼女の作品は得てして切なさが残ります。「HAPPY END」ではなく、物語の中盤に「一瞬の幸福」を描くからです。
 では、では、今回の「夏目友人帳」ですが、主人公・夏目貴志少年は、
①妖怪が見えるがゆえ、周囲にとって浮いた存在です。
②家族がなく親戚の家を転々として来ました。
 ①、②の要素ゆえ、「うそつき」「寂しい子」「変な奴」といのが周りの評価です。
 そんな夏目少年が、ある妖怪の結界を解き、祖母の形見「友人帳」を狙う、
ニャンコ先生と、契約を交わします。曰く「妖怪に名を返し自由にしよう。もし、自分が途中で命を落としたら、ニャンコ先生に、この友人帳を渡す」と。
 これが、この物語の始まりです。
 妖怪を設定にした漫画は確かによく有ります。しかし、そこは、緑川ワールド。「人は誰も彼女を分からなかった 彼女はいつもひとりだった」祖母をそう見ていた、ニャンコ先生。そして、
...続きを読む ›
1 コメント 150人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
タイトルの「夏目友人帳」には二つの意味があると思う。
主人公の夏目貴史も祖母のレイコも妖が見えて、奇異の目で見られてしまうため人間関係がうまく築けない。

一つは夏目貴史の祖母レイコが作った、妖の友人帳の意味。
憂さ晴らしにレイコは妖と勝負し、勝つと友人帳に名前を書かせた。
友人帳に名前がある妖は持ち主の言う事に力を奪われ、絶対服従しなければならない。
けれどレイコが本当に妖が大嫌いだったら、「友人帳」なんて名前をつけないと思う。
それこそ、的場一門のように問答無用で退治してしまったはず。
人間関係を気付けなかったレイコは妖を友人にしたかったのではないか?
(友人との接し方が分からなかったから一方的なイジメになってしまっているが・・)
名前を返して貰うためにレイコに会いに来てくれるのを待って。。。

二つ目は友人帳を受け継いだ孫の貴史が得た友人の意味。
貴史は幼いころ、両親を亡くし親戚の家をたらいまわしにされてきた。
そして図らずもレイコが住んでいた土地に引き取られ、今までと違って心優しい養い親と友人、そして妖が見える人とも出会う。
レイコが住んでいただけあって、友人帳の存在は妖たちに広く知られていて関わりも増えていく。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
緑川さんの絵柄は、結構好き嫌いがあるようで、私個人としては話の運びとか心を打つネームとか大好きなんですが、絵が嫌だからと読んでもいない友人がいて残念に思いました。

この夏目友人帳を何回読み直しても泣くのは私だけではないと思います。悲しい訳じゃないのに心動かされて涙が出てくるんです。

人とあやかしの不思議な触れ合いと微妙な関係はとても興味深いです。あやかしたちは、とてもストレートで、でも妙に遠慮深かったり、礼儀正しかったり、そのくせ急に襲いかかったりしてくる。そんな彼らとのやり取りでいつ命を落としても不思議じゃない環境にあって、夏目は悩みながらも人としての情を示す。自分は特別強い訳じゃないのに。怖くない訳じゃないのに。

こんな風に書くと安っぽくも感じますが、この作品の根底に流れているテーマは、とてつもなく大きな愛情だと思います。付け加えるならそれは、人であろうがあやかしであろうが、今そこにある想いを敬い大切にする心だと。これは、言葉で書くほど簡単にできることではありません。

夏目は友人帳のページを破く度に、かけがえのない友人を増やしていっている気さえします。

まだまだ続きを読みたいです。
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover