この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夏服を着た女たち (講談社文庫) 文庫 – 2004/7

5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー

その他(7)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 134
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 2004/7
¥ 1,343

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

あの日は戻らない……洒落た男と女の物語
栄光の残像を追い求めるかつての大学アメフトの名選手。彼を愛した妻は自らの道を歩み始めていた(「80ヤード独走」)。休日のニューヨーク五番街を散歩する夫婦。街行く女性に気を取られる夫の様子に、妻は我慢していた言葉を口にした(表題作)。男と女の洒落た会話が、渇いた生活を潤してくれる爽快短篇集。


内容(「BOOK」データベースより)

栄光の残像を追い求めるかつての大学アメフトに名選手。彼を愛した妻は自らの道を歩み始めていた(「80ヤード独走」)。休日のニューヨーク五番街を散歩する夫婦。街行く女性に気を取られる夫の様子に、妻は我慢していた言葉を口にした(表題作)。男と女の洒落た会話が、渇いた生活を潤してくれる爽快短篇集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 308ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2004/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062748207
  • ISBN-13: 978-4062748209
  • 発売日: 2004/07
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 149,802位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ryuju 投稿日 2001/3/22
形式: 文庫
ウッディ・アレン監督の「セレブリティ」という映画で、アーウィン・ショーのことをひどくもちあげる場面が出てくる。しかし、今、アーウィン・ショーといってもピンとくる人はいないかもしれない。日本ではほとんどの本が絶版だし、アメリカでも似たような状況である。彼はフォークナーのように革新的ではないし、かといってサリンジャーのように天才的な閃きがあるわけでもない。彼は人々の生の一瞬一瞬をきりとる職人的な作家である。しかし、そのきりとられた生のなんと鮮やかでみずみずしいことか。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
短編集として、最高に好きな作品。
大学生の頃はガールフレンドができると本書を必ず渡してました。(バカですね)
ちなみに後輩は村上春樹を女の子に渡してました・・・。
余談ですが、こういうのって、大概共感してもらえない。
残酷なことに、女性は結構スルーする。
若い男は好きな娘に自分のお気に入りを軽く無視されて、大人になっていきます。
「こんな素敵な本(音楽)を勧めてくれる○○君って素敵!」と言われることを期待しているのに・・・。
人生は期待はずれの繰り返しだということを学ぶんですね。
人生は苦いと・・・。

さて本作ですが、テーマはまさに「人生の苦さ」。
登場するのは、
若くして人生のピークを迎えた元フットボール選手、
30歳前で家族の生活を支え続ける脚本家、
妻と向かうパーティーに遅れないために良心を犠牲にしたエグゼクティブなど。

ショーと同時代の作家には、ヘミングウェーがいます。
彼の描く男はマッチョで、タフガイ。
それに対してショーの描く男は、
精一杯人生を生きて行くのだけど、決して強くはない。
日常に絡めとられていく姿に共感します。

舞台は多くがニューヨーク
...続きを読む ›
6 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日常の中のさりげないシーンを書き出してきれいにまとめあげた短編集。こういうきれいで気の利いた会話で満たされた短編って最近すくないですね。
ちょっと懲りすぎていたりして。
男と女の洒落た会話だけじゃなく、いろんな気の利いた、まっすぐな会話とかやりきれなさとかで満ちていて素敵です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一行目から、ニューヨークの空気感が伝わってくる、常磐新平氏の名訳。
常磐新平氏は「山の上ホテル物語」で知り、翻訳も巧みな作家の文章で、
アーウィン・ショーの文芸作品を上手に紹介していることを知り僥倖でした。

『夏服を着た女たち』を読むと、
息子がドイツのインターナショナル幼稚園時代、相手に魅力が失くなると容赦なく離婚していく現実と接したことを思い出します。
その時のドイツ人家庭教師が「母親専門ではいけない。」と、離婚の洗礼を受けて知り得た彼女の至言も蘇ります。
ブリュッセルでヘアカットをした際、翌日、忘れ物を取りに行くために電話をした時、アジア系の女性フロントが電話口で
「カットはどう?あなたの夫もその髪型は気に入った?」と尋ねてくれました。決して聞き流してはいけない大切なポイントを教えてくれた
彼女の言葉の背景にある、何人もの女性のpathosによる経験則を感知した瞬間でした。

離別という不可抗力と哀愁の陰りなどを秘めた、I.ショーの描く男女の日常の物語。
表題は1939年に発表され、今なお鮮やかで、軽やかに爽やかに、読者を惹きつける彼の文芸作品。
マイクルとフランセス夫妻の隣に居合わせた感覚で読み終えた後、
パートナーとの関係を新鮮な目で見つめる機会をくれる秀作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 自称、散歩の達人は、直線的な散歩はおススメできないと言った。
理由は途中で、どの時点で折り返すかがむつかしいことと、長く先に行き過ぎて、行き倒れになることがあるからだ。
散歩の達人が云う事にゃ、初心者は自宅の周りを円を描くよう歩くのがよいらしい。
なるほど、自宅までの戻り道なら等距離である。
そして順繰りに円を拡大すれば距離はのび、けっして走ってはならない。ゆっくりがいいのだという。なんか、説得力がある。

 財布は持たない方がいい。二~三百円をポケットに突っ込んで家をでる。
お金があると、疲れたらタクシーに乗って、帰るかもしれない。
サントリーの伊右衛門とか、キリンビバレッジの『生茶』の500MLって、自販機だと150円だけど、大学の自販機では130円だ。どうしてだろう。
ケータイは散歩にはいらない。あれがあると、うつくしくない。

 サンダルでちょっとそこまで感覚・・・って大好きだが、こういうのは散歩といえるのだろうか。
必死になってジョギングとか、お昼の皇居の汗かきマラソンとか、暑苦しくて見たくない。
人生、勝負することは、他にイッパイあるのになあ。

 散歩の醍醐味は、途中の古本屋で長年探していたポケミスにめぐりあったりする
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック