¥ 497
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夏の葬列 (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夏の葬列 (集英社文庫) 文庫 – 1991/5

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夏の葬列 (集英社文庫)
  • +
  • 安南の王子 (集英社文庫)
  • +
  • 親しい友人たち (山川方夫ミステリ傑作選) (創元推理文庫)
総額: ¥2,095
ポイントの合計: 53pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

太平洋戦争末期の夏の日、海岸の小さな町が空襲された。あわてて逃げる少年をかばった少女は、銃撃されてしまう。少年は成長し、再びその思い出の地を訪れるが…。人生の残酷さと悲しさを鋭く描いた表題作ほか、代表的ショート・ショートと中篇を収録。


登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 集英社 (1991/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087520145
  • ISBN-13: 978-4087520149
  • 発売日: 1991/05
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,636位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
このショートショートは、この文庫本で読めば、著者山川方夫の意図したストーリーの展開を楽しみながらその世界に遊ぶことができます。「夏の葬列」は昨今の本離れ、漢字離れがじつは中学の国語教科書にも責任の一端があることを感じさせてしまいます。理由は、作品中の言葉の表記にあります。教育出版社の教科書では著者の原作表記を無視したかのように、文中、既習漢字で表すことができる言葉はすべて漢字に直して表記されているようです。この文庫本では、著者の初発刊行された表記で収録されているので、じつに読みやすく作品の世界に遊ぶことができるのです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
中学の国語の教科書に載っていた『夏の葬列』。

当時、先生に「ここまでしか読んではいけません。」と最後まで読むことを禁止されました。
なぜなら、とんでもない最後が待っているから、それをみんなに想像してもらう、と。

まだ読書好きではなかった私には、このお話のどんでん返しは初、そしてとてつもなく衝撃的だったのを覚えています。

何年も忘れられなくて、ついに見つけて買いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 山川方夫が描くのは、他者との愛、連帯を求めながらも傷ついてゆく人々。そして傷つくなかで、山川の作品の登場人物は、「愛なんて幻想さ」と呟く。でも、だが、それは傷つきやすい柔らかな自我をつつむみせかけのニヒリズムであり、そして、傷つきやすい自分が他者を傷つける存在でもあるという逆説。人間の孤独というのはそういう事実に耐えることであり、耐えられるものが他者に優しくなれる、というのが山川の一貫したテーマである。本書に収録された「待っている女」は、そんな人間の孤独を極めて短く、そして鮮やかに描いている。
 
 孤独に耐えられない弱いあなた、ぜひ本書を読んで欲しい。ボクも今では立派な(?)50代のオヤジだけど、弱虫だった少年時代、山川方夫の本にどれだけ助けられたことか。そして、本書を読んで山川が好きになったら、山川の全集に収録されている短編「軍国歌謡集」と映画評論「かくも長き不在」を読んで欲しい。

 なお、余談だが、レイモンド・チャンドラーの『プレイバック』のなかの有名なセリフ「タフでなかったら生きていられない。優しくなれなかったら生きている資格がない」も、山川方夫と同じテーマの系譜にある、とボクは思う。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/3/19
形式: 文庫
9編の短編から構成される。それらすべてが非常に面白い。誰もが経験するような日常の断片から、緻密に計算された物語が構築されている。「お守り」は、その中の一編で、無個性な団地に住んでいたことに気づいた男の反乱を描いた作品。高校生や中学生の学校内での刃傷沙汰がある度にこの物語を思い起こす。現代人の心に潜む秘密や不安を見事に結晶化させた短編が並ぶ。この値段は非常にお買い得。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告