通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
夏の庭―The Friends (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s6043_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

夏の庭―The Friends (新潮文庫) 文庫 – 1994/3/1

5つ星のうち 4.4 186件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 648
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464
¥ 464 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夏の庭―The Friends (新潮文庫)
  • +
  • 西の魔女が死んだ (新潮文庫)
  • +
  • きみの友だち (新潮文庫)
総額: ¥1,641
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

商品説明

   ひとり暮らしの老人と子どもたちとの奇妙な交流を描いた中編小説。世界各国でも翻訳出版され、映画や舞台にもなった児童文学の名作である。アパートの大家のおばあさんと少女のふれあいをつづった『ポプラの秋』や、「てこじい」という異形の老人が印象的な『西日の町』など、死に直面した老人と子どもというモチーフは、著者が一貫して描きつづけているテーマである。子どもだけではなく、幅広い年齢層に支持されている本書は、その原点となる作品だ。

   小学6年の夏、ぼくと山下、河辺の3人は、人が死ぬ瞬間を見てみたいという好奇心から、町外れに住むおじいさんを見張ることにする。一方、観察されていると気づいたおじいさんは、憤慨しつつもやがて少年たちの来訪を楽しみに待つようになる。ぎこちなく触れあいながら、少年達の悩みとおじいさんの寂しさは解けあい、忘れられないひと夏の友情が生まれる。

   少年たちがおじいさんから学ぶのは、家の手入れの仕方や包丁の使い方、草花の名前、そして戦争の悲惨さである。物語の終盤、父親に将来の夢を聞かれ、小説家になりたいと答えるぼくは「忘れられないことを書きとめて、ほかの人にもわけてあげたらいい」と語る。少しだけ大人になった少年たちを、目を細めて見つめるおじいさんの姿が目に浮かんでくるようで、思わず目頭が熱くなる場面だ。本書は、他人への思いやりと、世代の異なる者同士が語り合い、記憶を語り継ぐことの大切さを説いているのである。(西山はな)

内容紹介

町外れに暮らすひとりの老人をぼくらは「観察」し始めた。生ける屍のような老人が死ぬ瞬間をこの目で見るために。夏休みを迎え、ぼくらの好奇心は日ごと高まるけれど、不思議と老人は元気になっていくようだ――。いつしか少年たちの「観察」は、老人との深い交流へと姿を変え始めていたのだが……。喪われゆくものと、決して失われぬものとに触れた少年たちを描く清新な物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 218ページ
  • 出版社: 新潮社; 20刷改版 (1994/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101315116
  • ISBN-13: 978-4101315119
  • 発売日: 1994/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 186件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 264位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 無邪気で残酷な好奇心から始まった出会いが、1つの幸せと、大きな悲しみに帰結し、夏の光にさらされた少年時代が終わる。  本のページ数が残り少なくなり、物語の終わりが近づいてきて、この魅力的な登場人物たちとの別れが非常に残念に思えてきた。そしてラスト。通勤途中の地下鉄で、僕は涙をこらえるのにとても苦労した。
 とても悲しく、だけど満たされた気持ち。  さあ、もう一度、最初から読もうか!
コメント 113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私がこの本を読んだのは中学3年の時です。受験まっただ中に母から渡されたのがこの本でした。なにもこんな時期にこの本を渡さなくてもとおもいながら、勉強そっちのけでこの本を読んでいたのをよく覚えています。とにもかくにも私はこの本と出会ったことで、読書家の仲間入りをすることとなりました。この本との出会いがなければ私は今程本を読んでいなかったでしょうし、今こうしてレビューを書いていることもきっとなかったであろうと思います。

小説ビギナーのあなたへ送ります。

この本はとっかかりには最高です。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小学5年の息子のために買いました。人がどうやって死んでいくのかを見たいという少年達の残酷な好奇心が、やがて世代を越えた友情へと変わっていく際の少年らの心情の変化が事細かく描写されており、大人でも十分楽しめる作品です。またせりふの言い回しも面白く、笑える部分もいっぱいあります。
ラストでは泣いてしまいました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2006/11/17
形式: 単行本
読み終わった後は、「悲しい」よりも「あたたかい」だった。

この本を読んでたくさん泣いたのに、

読み終わったら「ああ。いい本だなあ」って。

心があたたかくなった。

読み終わるのに何時間もかからなかった。

目をこの文章から離したくなかった。

いや、正確には「離せなかった」かもしれない。

この本から目を離している時間が勿体無くて、一気に読んだ。

文章中の『もしおじいさんだったら』こう考えることは、

「おじいさんを忘れないこと」「おじいさんと心の中で共に生きていること」につながるのではないだろうか。

児童文学とは思えなかった。

子供だけでなく、幅広い世代に読んでもらいたい。

そして、いつまでも忘れないでいてほしい。そう思った。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/2/24
形式: 文庫
忘れていた子供の頃の好奇心、冒険心。 そんな気持ちを思い出させてくれる素敵な本でした。 そして「死」を初めて意識して悩んだ頃のことも。 大人になると何気ない風景や出来事に鈍感になって 感動することも少なくなってしまったけど この本の情景描写はとても鮮やかで、子供のころの 新鮮な視点で景色を見ることができました。
幸せな人生ってなんだろう。 大人になるってどんなことだろう。 そんなことを考えさせられる一冊でした。 いつまでも子供の頃の新鮮な気持ちを忘れたくないですね。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私自身この本に出会ったのは、小学校のときの読書感想文の推薦本に選ばれていたので購入したというなんともこの本を好きな方には申し訳ない動機でした。元来、活字が大嫌いで読書感想文も(多分皆さんも使ったでしょうが)あとがき丸写しのバカ大将でした・・・。その小学校を通して唯一丸々一冊読めたのがこの作品でした。それも1度ならず2度3度読み返すほどの作品でした。題材は「人間の死」です。ここまで聞くと読む気が失せてしまうかもしれません。ですが、「死」は2通りあると思います。ここではきれいな死、変な言い方かもしれませんがそういう印象を受けました。ほんのラベルも「お前、死んだ人みたことあるか?」だったと思います。この本は今読んでも考えさせられ、そして今読むからこそ他人との正しい付き合い方、考え方を教えてくれる作品だと思います。大人になるにつれ忘れてしまったモノがたくさん詰まっているタイムカプセルのような作品でした。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
かなり前に読んだ本ですが、おそらくこの先一生心に残る物語として位置付けのできる作品。
「よく眠るように死んでいるとはいうが、あきらかにおじいさんの「それ」
は眠っているのとは違う」というくだり(記憶)を覚えています。
「人間の死」というテーマを扱いながら、読み終わった後のなんともいえない爽やかさ(?)は
悲しくてやりきれないのに、なぜかやさしい気持ちになるよう。
ちょうど、映画の「スタンドバイミー」のラストの感じを思い出しました。
(発売当初は日本版と言われていた)
ただ悲しいだけの恋人や身内の死ではなく、あくまで他人の死であることにこの作品の意味があると思う。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック