通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夏と花火と私の死体 (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夏と花火と私の死体 (集英社文庫) 文庫 – 2000/5/1

5つ星のうち 3.9 168件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 454
¥ 454 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
  • +
  • 失はれる物語 (角川文庫)
  • +
  • 死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
総額: ¥1,553
ポイントの合計: 44pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

九歳の夏休み、私は殺されてしまったのです……。少女の死体をめぐる兄妹の暗黒の冒険。斬新な語り口でホラー界を驚愕させた、天才少年・乙一のデビュー作、ついに文庫化。(解説・小野不由美)

内容(「BOOK」データベースより)

九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及から逃れることができるのか?死体をどこへ隠せばいいのか?恐るべき子供たちを描き、斬新な語り口でホラー界を驚愕させた、早熟な才能・乙一のデビュー作、文庫化なる。第六回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 223ページ
  • 出版社: 集英社 (2000/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087471985
  • ISBN-13: 978-4087471984
  • 発売日: 2000/5/1
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 168件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 63,928位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぺこ 投稿日 2016/6/21
形式: 文庫 Amazonで購入
写真とは違う、ふつうの小説の文庫本。。なにこれ。詐欺だったわ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 å½"作が初めてで勿è«-å½"作ã-か読ã‚"でないが、読ませ屋じゃないのかな、なã‚"て思う。第一に飽きないからだ。スリリングなタッチで描く氏の小説は非常にä¸-界観というか、独特なというか。ã"れが現代のï¼'ï¼-歳の小説とは思わせない感じはそã"にある。
 特別重苦ã-い訳でもない為誰でも読める。ホラーなのにæ€-さはない。寧ろ心理サスã
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
途中でオチは読めちゃったし、健くんはしっかりし過ぎてて不自然だし、弥生ちゃんは幼すぎて不自然。

残念でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品には様々な恐怖が凝縮されている。

・死体となった五月ちゃんの目線で描かれるストーリー。
・主人公の弥生ちゃんは、五月ちゃんを殺して泣き叫ぶが、
自分の未来の事を悔やんでいるだけで、五月ちゃんのことは度外視。
・弥生ちゃんの兄、健君の死体の隠蔽工作を楽しむサイコパス的な思想。
・姉の存在。

近年の社会問題として共感能力の欠如が挙げられるが
それを、恐らくだがテーマに掲げ、10年前に10代の若さで書き上げた乙一氏の才能に献杯。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 乙一氏の著作はこれまでに何冊か読みました。面白いものが多かったし、普通にファンになりました。ただこの作品だけは氏のデビュー作、しかも17歳時のものということで敬遠していた。なぜか? 17歳の若者が書いた小説が面白いとは思えなかったのだ。しかし、そんな私の価値観を覆す程度には、この本は面白かったです。

 表題の夏と花火と私の死体。説明どおりに序盤で『わたし』が殺されるわけですが、その後も『わたし』の視点で語られるというのが興味深い。普通そういうのって三人称とかで進めるじゃないですか。どうなってるのこれ? なんて疑問をとっかかりに作品世界へと引き込まれていきました。特別すごいどんでん返しがあるわけではないものの、熱気が伝わってきそうなド田舎の情景描写や犯人たちの年齢相応の稚拙な行動など、読ませる力は流石ですね。

 もう一遍の優子という小説も期待以上には楽しめました。こちらは乙一さんの作品らしく見事に騙されました。才能のある方はいくつでも面白いものを考えられるのだと感服しました。

 どちらも土の匂いが漂ってきそうなドがつく田舎を舞台にしているのが個人的にストライクでした。夏の田舎はホラーの王道ですしね。テンポがよく難しい表現もないので読書の入口におすすめです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 らる 投稿日 2010/2/26
形式: 文庫
16才でこれ書きますか?

死んだ主人公の一人称で語られる斬新な作品。
素人が小説を書く際によくある矛盾した文章じゃないのかと
思いましたが読み終えたあとに、その考えは消えてました。
ページも少ないので著者の作品が気になっているかたは
試しに読んでみてもいいのではないかと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『夏と花火と私の死体』です。ホラーというべきかミステリーというべきかラノベというべきか。それらのジャンルの境界線上ですね。普通に小説として、良いと思います。

表題作は第六回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞受賞作ということで、乙一のデビュー作です。後の作品と比べると、どうしてもアラが目立つ気はします。だから☆の数は控えめにしておきます。ご了承ください。

それでも死体の一人称という発想もいいですし、最後のあの死体のナゾが解けるのもいいです。まさかあの人があんな……

併録の『優子』もホラーな雰囲気を出しつつも意外な展開もあり、良作です。

乙一の入門書としていい一冊だと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー