Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 300
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[日野 裕太郎]の夏がいき、風ばかり熱い
Kindle App Ad

夏がいき、風ばかり熱い Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 300

商品の説明

内容紹介

【SF中編】

人間の遺伝子と動物の遺伝子をかけ合わせた生命体--リリエンス
ヒトではなく器物として扱われる。

猫のリリエンスを愛した男がいた。

娘の臓器移植のためにリリエンスの生命を買った夫婦は
娘の葛藤に気づいていなかった。

犠牲の先にあるものに向かって、男と娘は少しずつ近づいていた。

(文庫版 86ページ)

*****

 自分の抱えた内臓疾患が深刻なものであること、臓器移植をしなければ未来はないこと。子供のころからそれは知っていた。そして自分にこれから移植される臓器を手に入れるために、両親が失った財産の大きさも知っている。
 金策に次ぐ金策。資産を処分し、親類に頭を下げた両親は、キリエのために巨額を用意した。中流家庭の両親には大きい金額。大きすぎて、これだけ用意しなければならない、と昔聞かされたキリエは、とうにあきらめていたのだ。
 だが両親は用意し、リリエンスを手に入れた。豚のリリエンスである。そのリリエンスの臓器は、人間に移植をした際、拒絶反応が出ないとされていた。
 おなかになじめば、すぐ退院だよ――担当の医師は、清々しい笑顔でいっていた。
 リリエンスはキリエの未来になる。
 両親はすべてを失い、中年でありながら身ひとつから再出発する。
 ――そして。
 キリエはそっとため息をついた。
 ――私のせいで、リリエンスが死ぬことになる。
 胸にあるのは、自己嫌悪に似た吐き気だった。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1137 KB
  • 紙の本の長さ: 51 ページ
  • 出版社: doncha.net (2016/12/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MZ1MA51
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 267,955位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

関連商品を探す