中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

変革期のウェブ ~5つのキーワードから読み解くウェブとビジネスのこれから~ (マイコミ新書) 新書 – 2007/7/21

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ウェブはすでに、広告、販売、マーケティング、顧客サービス、ブランディング(ブランド価値向上)など、企業活動のさまざまな局面で、必要不可欠なメディアといえます。さらに、ウェブ自体、サービスが進化したり、ほかのメディアと融合したり、競合したりと、変動期にあるといってよいでしょう。
本書では、「ソリューション」「コンテンツ」「テクノロジー」「サービス」「プロジェクト」という五つのテーマから、現場で関わる人間の生の声を通して、座談会形式でウェブの現在と将来を論じます。

「ソリューション」の章では、ウェブが企業にとって、企業自身の問題解決ツールであるとともに、企業の持つユーザーの問題解決ツールとしても機能しつつある現状を踏まえ、ユーザーとクライアントの問題を解決し、ニーズを満たすために、どのような取り組みをすればよいかを検討します。
「コンテンツ」の章では、情報がウェブコンテンツになるとともに、その情報を流通させる仕組みそのものがコンテンツとして機能しつつある状況を分析し、これからのコンテンツのありようを議論します。
「サービス」の章では、ウェブのテクノロジーがユーザーへのサービスに具体化するプロセスや、そのプロセスにおけるCGM(消費者生成コンテンツ)の活発化などのトピックを、マーケティング視点で検討します。
「テクノロジー」の章では、ウェブに関するテクノロジーの進化が、ウェブの「表現」や「ユーザー体験」をどう変化させるのかを考えます。
「プロジェクト」の章では、ウェブ制作における「プロジェクトマネージメント」「ディレクション」の視点から、プロジェクトを成功させるために必要な考え方などを探ります。
そして終章では、各テーマごとに検討した内容を踏まえて、ウェブの現状とこれからについて考えます。
現場の第一線で活躍する20名による、ライブ感あふれる報告書です。
ウェブに関わる業務をしている方はもちろん、ウェブおよびITの現状とこれからに興味のあるビジネス層は必読の1冊。
座談会出席者は、制作やプロデュース、マーケティングなどさまざまな形でウェブに関わる20人の方々です。
-------------
阿部 淳也(コスモ・インタラクティブ)/
安藤 直紀(デジタルハリウッド)/伊藤 学(ウィルシステム)/植木 真(インフォアクシア)/鵜川 太郎(リンクシンク)/上ノ郷谷 太一(2xup)/小久保 浩大郎(ビジネス・アーキテクツ)/坂本 貴史(ネットイヤーグループ)/佐野 勝彦(博報堂アイ・スタジオ)/正田 康暁(イー・エージェンシー)/鷹野 雅弘(スイッチ)/名村 晋治(ソナー)/長谷川 恭久(COULD)/原 一浩(エフエックスビイ)/藤川 真一(paperboy&co.)/堀内 敬子(アズシーツー)/益子 貴寛(サイバーガーデン)/三島 功(qurage.net)/森田 雄(ビジネス・アーキテクツ)/吉田 健吾 (paperboy&co.)

内容(「BOOK」データベースより)

ウェブはすでに、広告、販売、マーケティング、顧客サービス、ブランディング(ブランド価値向上)など、企業活動のさまざまな局面で、必要不可欠なメディアといえる。さらに、ウェブ自体がほかのメディアと融合したり、競合したりと、変動期にあるといってよい。本書では、五つのテーマから、現場で関わる人間の生の声を通して、座談会形式でウェブの現在と将来を論じる。現場の第一線で活躍する20名による、ライブ感あふれる報告書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ (2007/7/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839924651
  • ISBN-13: 978-4839924652
  • 発売日: 2007/7/21
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,675,428位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
唯一、双方向(企業⇔視聴者)の情報交換が成り立つウェブ。

ウェブビジネスの最前線でクライアント、そしてユーザーと接する方々の意見を座談会形式で記載してあります。

カテゴリは「ソリューション」「コンテンツ」「サービス」「テクノロジー」「プロジェクト」の5つに分けてあります。

プロジェクトの観点からウェブビジネスを語る書籍は珍しいですね。

この書籍の面白いところは、ウェブビジネスの現在への変遷とこれからどういう風になっていくんだ?
っていう事を個々人の経験、感覚からあーだこーだと出し合っているところです。

逆に、広告がどうなる、クチコミマーケがどうなる、といったカテゴリに特化した話ではないので、飲み込めない人は飲み込めないかもしれません。

読者は、SEO/SEM、CGM、トラックバックなどの意味がわかっているウェブの周辺知識をあらかた知っている方を前提としているようです。

ウェブビジネスの現状を確認したい方は一読してみてはいかがでしょうか?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
Web業界の有識者が集まり、異なる5つのテーマで座談会を実施したものを収録したと言う体裁の本である。
一通り読み終えた時点での感想は「Web業界に限らず、こういった試みは面白く、有益なのではないか?」と言うこと。

私はIT業界出身で、広い意味でWeb業界とも関連はあるのだがやはりベクトルの異なる業界であり、
そういった点で畑違い感は少なからずあった。しかし、読んでみると若干の業界特有の専門用語や
標準となっているものを除いてほとんど違和感なく読み進める事ができ、「そうそう」と納得&
共感する箇所が随所にあった。

そのように感じた理由として、今回の座談会のメンバーの顔ぶれが主に三十代の方々が中心となっており、
たまたま年齢層がマッチしていたと言うのもあるのだが、それ以上にWeb業界と言えども

・昨今の技術の発展と現場への浸透のギャップの存在
・顧客(最終顧客も含む)の要望に応える事が一筋縄ではいかなくなっている事
・上記を踏まえたうえで業界のあり方を考えていく必要がある

と言う観点では私の属するIT業界となんら変わらないと言う点が大きいだろう。
業界は微妙に違えど、皆同じ部分で悩んでいるのだと言う共感を得られる点でIT
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私は、プロデューサーとして仕事をしているので
クライアント側の立場と制作側の立場を両方把握していますが、
今後の参考に出来る報告書として読ませてもらいました。

デザイナーのように制作に専念して外に出る機会が無いため
クライアント側の立場をなかなか理解できない人達にはオススメの一冊です。

今後、どのような流れになっていくのか、
技術やサービスはどのように使っていったらいいのかなど
様々な点でヒントになり、ビジネス的な視点を養いたい方にはお薦めできるかと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 座談会出席者の錚々たる顔ぶれに圧倒されます。ウェブの制作者であれば自分が師事できる人を探すために読むのも一興かと思います。
 有益な話題で溢れていますが、なかでも私は、ウェブを問題解決ツールであるとする考え方に大変感銘を受けました。誰もが簡単にホームページをもつことができるようになった今、ウェブをビジネスとするあらゆる立場の人が踏まえておきたいことかもしれないと思いました。
 この本は2007年7月の発行ですが、ウェブの世界はめまぐるしく進化しているので今年(2008年)はもう変革期ではないかもしれません。シリーズとして定期刊行され、後々もウェブの歴史を振り返るために読まれることを期待します。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私自身はウェブデザイナーですが
この本を読んでいると、自分も座談会に参加した気分になって
今後の仕事の取り組み方について考えさせられる部分もありました。

これからのウェブビジネスがどのように進んでいくのかについて、結論は出していませんが、展望は見える気がします。

ウェブ業界にいて、自分の立ち位置や業界の将来について疑問を持っている方は一度読まれるといいかと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告