通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
変身 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

変身 (新潮文庫) 文庫 – 1952/7/28

5つ星のうち 4.3 152件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 346
¥ 346 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 変身 (新潮文庫)
  • +
  • 異邦人 (新潮文庫)
  • +
  • 老人と海 (新潮文庫)
総額: ¥1,242
ポイントの合計: 22pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか……。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷静につたえる、まるでレポートのような文体が読者に与えた衝撃は、様ざまな解釈を呼び起こした。海外文学最高傑作のひとつ。

内容(「BOOK」データベースより)

ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか…。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷静につたえる、まるでレポートのような文体が読者に与えた衝撃は、様ざまな解釈を呼び起こした。海外文学最高傑作のひとつ。


登録情報

  • 文庫: 121ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1952/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102071016
  • ISBN-13: 978-4102071014
  • 発売日: 1952/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 14.7 x 10.7 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 152件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,559位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
内容が難しいのかなと思ったのですが
すらすらと読むことができました
ラストの結末には悩まされましたね
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
『城』と同時に購入しました。
まだ読んでおりませんが、とても楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
翻訳者によっても内容はちょっと変化したりするから、同じ本ってわけにはいかないだろうけど。
「こちらのバージョンなら無料で読めます」表示はあってもいいのでは?

ま、結局はよく見ずに買った私が悪いってことですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 古新聞 VINE メンバー 投稿日 2008/8/28
形式: 文庫
主人公はある日、職を失い、家族の信頼を失う。
働くべく前の職場に行っても追い返され、努力しても新しい職にもつけない。
やがて家族の中で「こいつはうちに居ない」ことにされる。
部屋から出ることも、家族の輪に入ることもできない。
うっかり人前にでてしまうと、とんでもないことをしたかのように言われる。
あげく、こんななら出て行くのが当然のように扱われ見殺しにされる。
死ぬ前に出て行けばよかったのか、出て行けば何とかなったのか。
これはそう言う話。
「毒虫になった」てのはきっかけでそれは「失業した」「病気になった」「ぼけた」など言い換えることができる。何かがきっかけで家族が家族でなくなるとどういうことになるか。
毒虫から立ち直るのにこの家族は何もしない。毒虫として扱うだけ。
結果、主人公は死に家族はすっきりとふたたび「きれいな家族」として暮らして行く。

いや、恐ろしい話だけど「毒虫になる」を文字通りとらなければ現実にありそうなホラー。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 外交販売員のグレーゴル・ザムザ(20代前半)は、ある日、目が覚めると巨大な虫(甲虫という説もあるし、ムカデという説もある)になっていた、という妙な設定から始まる有名な小説。人語は解するが、しゃべることはできない(本人はしゃべっているつもり)。起き上がれないので会社に遅刻し、会社の支配人も飛んでくるのだが、グレーゴルの姿をみてびっくり。この小説がまた奇妙なのは、グレーゴルが変身してしまったことについて「なぜ」という追求がないこと。変身してしまった、びっくりした、ところでどうしよう・・・という思考パターン。部屋に閉じこもり、数ヶ月。妹(17)がエサをくれる。グレーゴルが一家の稼ぎ頭なのだが(父親は事業に失敗したらしい)、一応、一家には多少の蓄えはあるらしい。
 ある日、父親にリンゴを投げつけられ、グレーゴルは背中を負傷。だんだん、厄介者になっていく。妹が、どうにか振り払うべし、と口火を切り、父親も賛成。そもそも、グレーゴルであるとして世話してきたが、グレーゴルといえるのか。一家もグレーゴルなしでなんとか生活を立て直していく。グレーゴルは背中の負傷がもとで(?)さびしく、あっさりと死んでしまう。残った3人は引っ越しも含めて将来を話し合うが、そのうちに、なんとなくいい未来を感じ始めている。そろそろ妹の婿探しもしなきゃなぁ、という妙なハッピーエンド(=グレーゴルはなかったことに)
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とかく人間は相手にそう願います。カフカもその家族の思いと本当の自分らしさの間で苦悩、葛藤、もがいていたのではないでしょうか。官僚を望む父と作家になりたいカフカ、地下室の奥部屋で物書きをしながら誰にも会わず、食事を運んできてもらう生活が理想だったというカフカ。幼い頃の父の圧政がトラウマになったカフカ。相手に会わせ相手に与えてばかりいるうちに生きるエネルギーが枯渇してしまった。本当の自分に帰りたい「変身」願望。それを「変身」でシュミレーションした。「変身」の中で父から投げつけられた(背中にめり込んでしまった)リンゴは聖書のメタファーだと私は思う。「私の理想のあなたでいて欲しい」リンゴにはそんな父の願いが込められている。そして父はそれが自分のエゴとは気付かない。それは為政者に都合よく改ざんされたキリスト教思考、封建社会でもあり、それに染まった家族は疑問にすら感じない。常識、既成概念からの支配、呪縛、その中で血を流しながら苦悩するザムザ、本当の自分が悲鳴を上げる。カフカの妹は兄に作家執筆できる部屋を提供してくれたそうです。「変身」の中で妹が家具を取り除いてくれるシーン、どちらも兄を思ってしてくれた好意が皮肉にも家族と社会からの決定的な断絶となります。兄は人間ではなく言葉の通じない理解不能な虫であった。それが露見してしまった。その後のカフカの病気は必然にカフカ自身が引き寄せたようにも感じられ...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー