この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示
5つ星のうち4.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,550
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonブラックフライデー開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンやエントリーで5,000ポイントが抽選で当たるキャンペーンも同時開催中。 Amazonブラックフライデーを今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、高校で習う程度の数学を学び終えた読者を対象にした、群論の入門書である。前半では、従来の教科書の構成とは異なり、変換群という群論の機能的な側面を強調しながら、群論のアイデアを解説する。「点の代数」からはじめて、平面運動、複素数の幾何と、群論のアイデアが自然にわいてくるように、次々と例をあげながらストーリーが展開されてゆく。読者は、折々に用意された練習問題を1つ1つ解いてゆくことによって、群論の基礎概念を身につけることができる。後半では、より一般の抽象群を導入し、群論の代数的な側面や双曲幾何における応用について紹介。さらに群の作用、軌道、不変量、平面結晶群の分類問題、そして連続群(リー群)を用いた微分方程式の解法についても学ぶ。群の概念が数学のさまざまな分野でいかに活躍しているかを見ることができる。

内容(「MARC」データベースより)

高校で習う程度の数学を学び終えた読者を対象にした群論の入門書。点の代数、平面運動、変換群、一般の群、軌道と不変量、いろいろな変換、微分方程式の対称について、豊富な例と練習問題でわかりやすく解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 229ページ
  • 出版社: シュプリンガー・フェアラーク東京 (2000/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 443170907X
  • ISBN-13: 978-4431709077
  • 発売日: 2000/12
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 790,058位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2008年6月28日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告