中古品の出品:8¥ 5,887より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

変態家族 兄貴の嫁さん [DVD]

5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:8¥ 5,887より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 監督: 周防正行
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アップリンク
  • 発売日 2002/06/28
  • 時間: 62 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000067JWV
  • JAN: 4932487020768
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 146,190位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

「Shall we ダンス?」の周防正行監督が贈る、ある家族の崩壊を独特のタッチで描いた官能映画。

レビュー

監督・脚本: 周防正行 企画: 朝倉大介 撮影: 長田勇市/滝影志 音楽: 周防義和 出演: 風かおる/山地美貴/麻生うさぎ/大杉漣/下元史朗/首藤啓/深野晴彦
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
付録インタビューで卒論を書いていないと語る監督。書かなかった卒論のテーマは小津作品が外国と日本でどう受け止められたか、ということだったとか。その後ピンク映画にたずさわり仕事に追われるうちに映画への思い入れが徐々に失われていく。そして初めて映画をとるチャンスが来たときに再び小津への思いがよみがえる。しかしピンク映画であるために裸は入れなければならないので裸は撮ったがしかしこれは別にパロディーではなくあくまでも大好きな小津に同化したかった、ただひたすらマネをしてみたのだ、と監督は言う。パロディーならもっと面白く出来ますよ、と。
でも、まあ観る側としてはパロディーですよねこれは。娘の結婚の話なんかけっこう笑えます。でもラストの10分は意外としんみり・・・
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 小津を日活ロマンポルノでパロディーとしたことで本作は名を

映画界に轟かせた。当時 蓮見重彦が高く評価したことも憶えている。

 さて冷静に見てどうかというと まあ 大した映画ではない。

そもそも小津のパロディーという設定自体は 面白いとはいえ 一回

見てしまえばそれまでだ。

 むしろ見所は 大杉連の演技かもしれない。当時30歳代だった大杉

が 笠智衆の真似をしているわけだが これは中々の出来栄えであり

笑ってしまう。この頃の大杉は怪優であったことが実によくわかる。

その後の彼の活躍は知るところだ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
~約20年前の作品に描かれた、この家族の非日常の繰り返しが、今となっては当たり前のように見える。世の中は荒廃してしまったということか、それとも、より自由な生活が可能になったと言うべきか。
文明の豊かさは、確実に文明の荒廃を招く。
これが、この映画の先見性か?
だが、
「Shall We ダンス~~ ?」の周坊正行が監督として初めて手がけた作品がピンク映画だったのは良いとして、色々とやりたい事詰め込んで、何を表現したいのか、最後までわからない中途半端な佳作としか感じられない。
ピンク映画の範疇で、いったい何を描くのか。
そこかしこに小津安二郎監督に似せたアングルが見られ、期待させるものの、掘り下げ方が甘く、多様な人間の生き様を並~~べるだけでは、映画にならない。~
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す