通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
変愛小説集 (講談社文庫) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 若葉堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーややコスレ 本体概ね良好 ◆Amazon.co.joが発送します。管理用シールは剥離しやすいタイプを使用しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

変愛小説集 (講談社文庫) 文庫 – 2014/10/15

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052 ¥ 140
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 406

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 変愛小説集 (講談社文庫)
  • +
  • ねにもつタイプ (ちくま文庫)
  • +
  • 気になる部分 (白水uブックス)
総額: ¥2,506
ポイントの合計: 56pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「愛」をつきつめていくと「変」になる。木に恋をしたり、バービー人形と真剣交際したり。奇想天外で切ない思いがつまった11篇。

内容(「BOOK」データベースより)

五月のあの朝、わたしはどうしようもなく恋に落ちてしまった―。木に片思いをしたり、バービー人形と真剣交際したり。変な愛はこんなにも純粋で狂おしい。数多くの熱心な読者を持つ訳者が選び抜いた、奇想天外で切実な想いのつまった11篇。ありふれた恋愛小説とは一味も二味もちがう、「究極の愛」の姿。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062779072
  • ISBN-13: 978-4062779074
  • 発売日: 2014/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,988位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
現代英米文学作家の中で飛び切りの奇想を得意とする10人が書いた恋愛に関する奇妙奇天烈な11作品をセレクトした風変わりなアンソロジーです。編訳者の岸本佐知子氏が意図された通り、本書の収録作品にはまともな普通のお行儀の良い物語はひとつもありません。どんなに愛する対象が奇妙でも、不思議な出来事が降り掛かって来ても、思い込みが激しく盲目的に愛してしまうパターンが多く、他に愛と憎しみは背中合わせである事を実感させる物語、不幸に取りつかれて離れられない悲哀の物語などがあります。私が印象に残った5つの物語を紹介します。
『五月』アリ・スミス:突然に木に恋してしまう性別不詳の人物の物語です。主人公は世間から理解されず疎外されますが、無害であればそっとしてあげたい気持ちになります。『まる呑み』ジュリア・スラヴィン:人妻が若い男を体内に呑み込んでしまうお話で、体内でのセックスなどグロテスクかつ想像不能の領域で勿論真面目ではないですが、発想の奇抜さに感心しました。『リアル・ドール』A・M・ホームズ:バービー人形に恋した少年の話で、流血シーンは一切ないですが次第に生理的な恐怖感がじわじわと込み上げて来ます。『ブルー・ヨーデル』スコット・スナイダー:不意に失踪した恋人の行方を追って飛行船を追いかけ続ける男の話です。ひたすら愛の為にどんなに小さな可能性でも諦めない姿は貴いと思います。『母たちの島』ジ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2008/6/29
形式: 単行本
『「変」愛小説集』と言うタイトル通り、恋愛を扱ったアンソロジーですが、対象や設定が突飛で、確かに「変」の字を当てたくなるアンソロジーです。

しかし、編者も言っている通り、設定や対象が「変」でも、そこに描かれている感情は非常にピュアなものがあります。だからこそ、普遍的な「恋愛」小説として読むことが出来るのでしょう。
編者がこのアンソロジーを編んだ意図も、その辺りにあるのではないでしょうか。
今や食傷気味の「純愛小説」群には反発もありますが、このピュアな「恋愛」感情には全く嫌みがありません。むしろ、その一途さに惹かれるものがあります。

個人的には、この中では相対的に最もまともなラストの『母たちの島』が面白かったと思います。
戦争と言う極限の中で、女たちの島にやってきた兵士。
そして、その後に残ったものは・・・。
結果として残された娘の目を通して暴かれて行く過去は、母達の歓びと悲しみの混じり合った複雑なものです。更に・・・。

非常にユニークで面白いアンソロジーでした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ひどく変わった味がする短篇小説のアンソロジー。グロテスクな愛、型破りの愛、一方的な愛、奇想天外な愛などなど、普通の「恋愛」小説とはひと味もふた味も違う「変愛」小説がずらり、並んでいます。

 アリ・スミスの「五月」を冒頭に、レイ・ヴクサヴィッチの「僕らが天王星に着くころ」「セーター」、ジュリア・スラヴィン「まる呑み」、ジェームズ・ソルター「最後の夜」、イアン・フレイジャー「お母さん攻略法」、A・M・ホームズ「リアル・ドール」、モーリーン・F・マクヒュー「獣」、スコット・スナイダー「ブルー・ヨーデル」、ニコルソン・ベイカー「柿右衛門の器」、ジュディ・バドニッツ「母たちの島」を収録。「僕らが天王星に着くころ」を除いて、すべて、『群像』誌上に初出・掲載された短篇小説。

 なかでもバツグンに風変わりで、変てこな話の奇妙な味に引き込まれたのが、「五月」「リアル・ドール」「母たちの島」の三篇。木に恋した人と、その人を気遣う人と。ふたりの無償の愛が美しく描かれた「五月」。妹のバービー人形とつきあってる僕の変態性活を、生き生きと、コミカルに綴っていく「リアル・ドール」。父親たちのいない島で育てられた女の子たち。未知なる男どもへの不安と期待が高まっていくなかで、話が急展開し、とんでもない所に着地する「母たちの島」。

 こんな面白くて、
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「五月」アリ・スミス 彼女は木に恋をし、その恋人(女)は隣で彼女を見守っている。
「僕らが天王星に着くころ」レイ・ヴクサヴィッチ 皮膚が完全に宇宙服に変わって彼女は行ってしまったが、なあに、大丈夫! 軌道修正して追いつくさ(これぞ奇想!)。
「セーター」レイ・ヴクサヴィッチ 彼と彼女は火山の山腹とテーブルの大地とに分かたれてしまったのであった。
「まる呑み」ジュリア・スラヴィン 彼は彼女の内臓すべてとセックスした。
「最後の夜」ジェームズ・ソルター 妻を死に旅立たせるはずの一本の注射が彼女と彼が別れることになったいきさつだった。
「お母さん攻略法」イアン・フレイジャー さあ、ママをゲットしよう!
「リアル・ドール」A・M・ホームズ 彼はバービーを欲していたが、バービーは妹の所有物であった。
「獣」モーリーン・F・マクヒュー 父は獣を追い払った。そして、わたしは何も言わなかった。
「ブルー・ヨーデル」スコット・スナイダー 蝋人形の真似をしていた彼女は彼との諍いの後に飛行船に乗って行ってしまった。
「柿右衛門の器」ニコルソン・ベイカー 「たしかに牛を感じるわ」と大叔母は彼女に言った。さて、絵柄がウズラのパンチボウルには一体なにが感じられるのだろう?
「母たちの島」ジュディ・バドニッツ 女
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告