中古品
¥ 545
中古品: 良い | 詳細
発売元 Used&Rare Books
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。帯の状態や有無につきましては、コンディションに含んでいません。amazon本のコンディションガイドラインに従い出品していますが、見落としのあることがあります。その場合は、評価前にご連絡をお願いします。誠意をもって対応させて頂きます。<本のコンディションガイドライン>良い・・・使用されていても、きれいな状態の商品。ページやカバーは完全な状態で(カバーがついている場合はカバーも含む)、背表紙に多少の傷が見られる商品。半分以下のページに書き込みや線引きがある商品。蔵書印が付いている商品。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

変光星―自閉の少女に見えていた世界 単行本 – 2004/1

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 287

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「いじめる子は悪くない。いじめられる子が悪い」その常識に苦しめられた。豊かな才能を秘めながら教育現場で虐げられた自閉症の少女の目に映った日本という社会。学校という場。

内容(「MARC」データベースより)

極度に内向的な自閉症の女性が、独特な精神的世界と学校時代にいじめられた日々を綴った衝撃のメッセージ。社会というものの中で「異邦人」と見なされてしまった著者の壮絶な葛藤。96年飛鳥新社刊の復刊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 334ページ
  • 出版社: 花風社 (2004/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4907725590
  • ISBN-13: 978-4907725594
  • 発売日: 2004/01
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 179,660位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
自閉症について私がいかに無知であったかを知らせてくれた。
それと同時に、実際の自閉症であった著者の視点から自閉症についてと、またそのことによる過去のつらい経験を切実に書いた本であると思う。
この本を読み終わった時、自閉症がどういうものであるかをたくさんの人に知ってもらいたいし、そのためにもこの本をよりたくさんの人に読んでもらいたいと思った。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
学校で先生と呼ばれている方に読んでもらいたいです。
自閉症が今ほど一般的でなかった時代に生まれ「一般の」社会にとけ込もうとして挫折した一人の人間の手記です。彼女が子ども時代,どんなにふつうにあこがれ,ふつうになるための努力を重ねたのか…読んでみてください。
高機能自閉症の人たちにとって学校がいかに苦しい場所になっていたのか,教師の無理解がどれだけ本人たちを傷つけてしまっていたのか,想像すると胸が痛みます。
現在,特別支援教育という枠の中で,日本に生まれたすべての子どもたちが幸せな学校時代を過ごせるよう行政が動き始めています。しかし,現場の先生たちのアンテナが低ければ,今でも森口さんの様な人がいるのではないかと思います。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
~『自閉症』は、過去、良く分からない障害であった
『過去』とは言っても、たかだか50年に満たない位最近のことである
この障害を、本人の口から『体験談』として(というより本人自身が)語り出した
それが『ドナ・ウィリアムス』であり『テンプル・グランディン』であった
彼女達の登場により、『自閉症者の世界』に一気に光が当たり始める
~~
そんな『自閉症者の世界』の語り部が、本国にもいた
本書の著者『森口 奈緒美』その人である
評論家や研究者からの論説ではない、本人自身が発信する『生き難さ』が綴られる
近年、『光とともに』という漫画がドラマ化されたこともあり、旧に脚光を浴び始めた観のある『自閉症』という障害
もっと深く理解する為、本人の語りに耳を傾けて欲しい
~~
理解者が増えることによって、彼らの『生き難さ』は少しづつ解消されて行く~
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
彼女の居場所となり得る概念(ADHD、広汎性発達障害、高機能自閉症、アスペルガー症候群、など)の何一つない時代に彼女は生まれ育ち、執拗なまでに否定され蹂躙され侵略され虐待されてきた。運が悪かったのか。そういう時代だったので仕方なかったのか。誰にも悪気がなかったとして、それを許さなければならないのか。

彼女の十数年後に子ども時代を過ごした私にも同種の攻撃は降り注いだ。もっとも彼女へのそれが土石流を引き起こす豪雨だとしたら私の受けたものは夏の夕立程度だったが。

今の子どもたち、これからの子どもたちのために、現場の教育者に読んで欲しい本。当事者が情報や共感を求めて読むにはかなり重く痛い。私は共感しすぎて体調を崩した。それでも耐えて読み終えたのは、彼女のまさに変光星のように不思議に輝き瞬く感性を稀有に美しいと感じたからだ。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 一般的に「自閉症」を含む脳の機能障害者は、一見して障害のない人々との見分けは難しい。
 著者の少女時代である20年前は、著しい知能障害が見られない限りなかなか自閉症と認知される事がなかった。そのために社会一般の「常識」「作法」「団体」といった物に捩られすり減らされていく少女の姿に涙が誘われました。
 自閉症者への一層の理解と、自閉症児への明るい未来を育むためにも多くのお母さん方、教育関係者の方に読んで戴きたい一冊です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告