中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

変なおじさん 完全版 (新潮文庫) 文庫 – 2002/9/30

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

女の子が大好きで、正体がバレるとヘンテコな踊りをするコントの役柄、それがご存知「変なおじさん」。でも僕は、この自分の分身が大好き。なぜなら僕も、ずっとお笑いにこだわってきた変なおじさんだから。子供の頃、コメディアンになろうと思い、ドリフの付き人から『全員集合』『だいじょうぶだぁ』『バカ殿様』とお笑い一直線。そんな人生50年をちょっとだけふり返ってみたヨ。

内容(「BOOK」データベースより)

女の子が大好きで、正体がバレるとヘンテコな踊りをするコントの役柄、それがご存知「変なおじさん」。でも僕は、この自分の分身が大好き。なぜなら僕も、ずっとお笑いにこだわってきた変なおじさんだから。子供の頃、コメディアンになろうと思い、ドリフの付き人から『全員集合』『だいじょうぶだぁ』『バカ殿様』とお笑い一直線。そんな人生50年をちょっとだけふり返ってみたヨ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 355ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101360316
  • ISBN-13: 978-4101360317
  • 発売日: 2002/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 347,892位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/4/14
形式: 文庫 Amazonで購入
志村さんが、自らのコントやギャグを解説してくれる貴重な本です。とにかく、おもしろい。幼い頃の印象深いエピソードやバカ殿やひとみさん、変なおじさん。東村山音頭やカラスの勝手でしょ、ヒゲダンスなどの誕生から多くの人に受けた理由などを本人が語ってくれます。志村さん自身の、お笑いについての考えが示され、印象的です。コントの台本が掲載されていて、なかなか貴重なものです。小さい字でしたが、真剣に読んでしまいました。やはり、コメディアンというのは大したものです。解説を吉田拓郎さんが書いているのも異色でしょう。コントやお笑いの好きな方にはお勧めです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1980年代を小学生として過ごした僕にとって、初めて観た志村さんは『全員集合』の「カラスの唄」と「ヒゲダンス」。子供心に、ドリフターズのメンバーで、最も悪ふざけが過ぎる灰汁の強い人という印象を持ちました。そしてその後の『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』での、加藤さんとの阿吽の呼吸のコントや「おもしろビデオ」の名司会などで、次第に何とも言えない温かさを感じるようになったものです。
この本を書店で一目見て躊躇うことなくその場で買い、一晩で一気に読みました。そこで僕が見つけたのは、志村さんが自らを評して書いた「酒とコントと女が好きな『変なおじさん』」というより、テレビでは絶対に見られない、真摯で本物にこだわるひた向きな人。だから、喜劇俳優の自伝--チャップリンやキートンのように--は面白いのです。この年一番の感銘を与えてくれた本でした。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
DVDはすべて持っていますが、そうした作品からは
無鉄砲でちょっとエッチな男・・・アドリブの掛け合いで
芸人同士笑いあうちょっといいかげんな姿も、少年っぽくやんちゃなおじさんに
見えていたのだが、本を読んで驚いた。

実はとってもマジメな人なんだと思う。
舞台ではまったく、そんな姿を見せないですね。
常識人というよりも、実はバカができないタイプというほうが的確かもしれない。

マジメな姿、考え方を知った上であのコントを見ると
本当にすごい作品だと実感できる。

マジメな人だけに、文章表現になんのひねりも、日常の生活に
面白さもないところがまたこの本の特徴でもある。
ただあのバカバカしいコントを、こんなマジメな人が作っている
と知るにはなかなかいい本だと思う。
またカトちゃんと、仕事上で気を合わせているだけの関係かと思ったら
人間的に誰より評価して一番大好きなメンバーだった、世話になったと
感謝の言葉が書かれているのを読んで、ふたりが同時に大好きになった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
志村けんが、その半生を自分の言葉で親しみやすく語った一冊。生き残り競争が厳しく、一見してふざけたイメージとは裏腹に高度な知力と体力が要求される実力主義である「お笑い」の世界に、独自のポリシーを持ちつつ人生を賭けて取り組み、一つの道を究めた者の言葉には重みがあり、仕事に対するひたむきな姿勢には読む者もまた勇気付けられる。
多くの人にとってなじみ深い志村けんのコントについて、キャラクターのもとになった人物の由来などの裏話が知れるのもおもしろい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告